『福島県二本松市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福島県
【市町村】  二本松市
【面積】  344.42km2
【人口】  54,995人(2020年4月1日)
【人口密度】  160人/km2
【市役所】  福島県二本松市金色403番地1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

福島県中通りの北に位置する市。

「智恵子抄」に詠われた安達太良山と阿武隈川で知られる。

福島県を代表する城下町のひとつに数えられ、多くの観光資源を有する。

二本松城は、福島県内の若松城(会津若松)、白河小峰城(白河)と共に、日本100名城にも選定されている。

その城下で執り行われる「二本松提灯祭り」は、福島県内で行われる神社例大祭の中でも、群を抜く規模と参加者の威厳を肌で感じられる祭りである。

二本松市は菊の城下町と称され、日本最大級の菊人形展「二本松の菊人形」が行われている。

市の西方には二本松市のシンボルでもある安達太良山があり、温泉地として岳温泉が知られている。

福島県内で会津と並ぶ、古くからの日本酒酒造メーカーを多く抱えている地域でもあり、市を代表する産業のひとつである。

東京都心からは250km。

県庁所在地の福島市から二本松市はおよそ20km圏内に位置し、経済や文化など様々な面で、密接な関係にある。

地名の由来は旅人の目印となった二本の松があったことからとされる。

古城・四本松城から二本の松を移植したことからとする説もある。

西の市境付近に安達太良山があり、西部は安達太良山の裾野が広がり標高が高く岳温泉や塩沢温泉などが点在する。

東部の市街地付近を阿武隈川が北進する。

主な産業は、二本松伝統家具が挙げられる。

丹羽光重の二本松城大改修の際に、宮大工が家具や建具を作ったことが起源。

市内竹田に家具工芸店が集まり、1996年からは毎年9月に二本松家具まつりが開催されている。

沿道の霞ケ城公園には箕輪門、二本松少年隊群像があり、毎年秋の10月から11月にかけて菊の祭典である「二本松の菊人形」が開催される。

[ryoko-2]

【山】  
安達太良山、日山、木幡山、麓山(羽山)

【河川】
阿武隈川、六角川、油井川

【高等学校】
安達高等学校、安達東高等学校、二本松工業高等学校

【中学校】
浪江中学校、二本松第一中学校、二本松第二中学校、二本松第三中学校、安達中学校、小浜中学校、岩代中学校、東和中学校

【小学校】
浪江小学校、津島小学校、安達太良小学校、大平小学校、塩沢小学校、杉田小学校、岳下小学校、二本松北小学校、二本松南小学校、原瀬小学校、石井小学校、油井小学校、渋川小学校、川崎小学校、小浜小学校、新殿小学校、旭小学校、東和小学校

【JR東日本 東北本線】
杉田駅 – 二本松駅 – 安達駅

【道路】
国道4号、国道349号、国道459号、福島県道30号本宮土湯温泉線、福島県道39号川俣安達線、福島県道40号飯野三春石川線、福島県道62号原町二本松線、福島県道73号二本松金屋線、二本松市道郭内根崎線(旧奥州街道)

【道の駅】
安達、ふくしま東和、さくらの郷

【名所・旧跡・観光スポット】
二本松城、旧二本松藩戒石銘碑、霞ヶ城公園、岳温泉、くろがね温泉、塩沢温泉、旧奥州(陸羽)街道、木幡山、隠津島神社、木幡の大スギ、エビスサーキット、エスエスパークサーキット、東北サファリパーク、二本松塩沢スキー場、小浜城跡(史跡公園)、小手森城跡、百目木城跡、宮森城跡、粟ノ須古戦場、合戦場のしだれ桜、杉沢の大杉、稚児舞台、原瀬上原遺跡、智恵子の生家・記念館、智恵子の杜公園、スカイピアあだたら

【祭事・催事・イベント】
二本松の菊人形、二本松提灯祭り、石井の七福神と田植踊、木幡の幡祭り

【名産】
玉羊羹(玉嶋屋)、日本酒(奥の松酒造、大七酒造、人気酒造)

【郷土料理】
ざくざく

【著名な出身人物】
朝河貫一(歴史学者)、根本愚洲(画家)、高村智恵子(女流洋画家)、上崎美恵子(児童文学作家)、遠藤ミチロウ(ミュージシャン)、みつまJAPAN’( お笑い芸人)、萬代宏樹(プロサッカー選手)、UME。(歌手)、樋口達哉(オペラ歌手)、大山忠作(画家)、田辺裕信(騎手)、木村若友(浪曲師)、藤見嶽虎之助(元力士)、保住昭一(法学者)、細雪純(漫画家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福島県二本松市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福島県二本松市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]