『宮城県白石市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮城県
【市町村】  白石市
【面積】  286.48km2
【人口】  33,283人(2020年1月1日)
【人口密度】  116人/km2
【市役所】  宮城県白石市大手町1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

宮城県の南部に位置する市である。

蔵王連峰のふもとにある。

江戸時代に白石城の城下町として繁栄を築き上げ、それに伴う名所や旧跡が点在する。

宮城県の南部に位置し、宮城県内の市としては最南端にあたる。

宮城県の県庁所在地である仙台市と、福島県の福島市共におよそ45キロメートル圏内に位置する。

その中間地としての土地柄、同県仙台エリアとの関係はもちろん福島県側とも経済や文化など様々な面で密接な関係にある。

市域の西南から北東に向けて白石川が流れる。

江戸時代以降は当地周辺の中心都市としての地位を築いていたが、明治時代以降、広域行政機関の多くが大河原に設置されたのを皮切りに仙南圏の中心としての拠点性は失われている。

1954年(昭和29年)4月1日に白石町と大平村・斎川村・越河村・大鷹沢村・白川村・福岡村が合併し、白石市が発足。

藩政期から戦後の高度成長期において、仙南圏の経済・商業の中核を担ってきた白石市ではあったが、近年その中核性は柴田郡大河原町・柴田町の国道4号バイパス沿いに展開するロードサイド店舗を中心とする商圏に移行している。

白石市の中心市街地は仙南圏では唯一のアーケード商店街を保持しているが、市内の経済・商業の中核地域も国道4号白石バイパス沿いのロードサイドショップに移行しつつある。

農業については、平野部では米の栽培が主であるが、蔵王山麓では冷涼な気候を生かした高原野菜の栽培や酪農、斎川地区や越河地区、小原地区などでは柿やリンゴ、ナシ、モモ、わずかだがブルーベリーといった果樹栽培が行われている。

電子機械製造、食品加工業など中心に、主に東北自動車道白石インターチェンジ周辺や東北新幹線白石蔵王駅周辺に事業所が集積している。

東北本線白石駅周辺の中心市街地や国道4号白石バイパス沿線に商業地域が集積する。

また鎌先温泉や小原温泉、蔵王山麓部では旅館・サービス業の集積も見られる。

[ryoko-2]

【山】  
不忘山(1,705m)、鉢森山(561m)、雨塚山(709m)、大萩山(264.3m)、二ッ森山(716.1m)

【高等学校】
白石高等学校、白石工業高等学校

【中学校】
白石中学校、福岡中学校、福岡中学校病院分校、小原中学校、東中学校

【小学校】
白石第一小学校、白石第二小学校、越河小学校、大平小学校、大鷹沢小学校、白川小学校、福岡小学校、福岡小学校八宮分校、福岡小学校長峰分校、福岡小学校不忘分校、福岡小学校病院分校、深谷小学校、深谷小学校三住分校、小原小学校

【特別支援学校】
角田支援学校白石校中学部、角田支援学校白石校小学部

【JR東日本 東北本線】
越河駅 – 白石駅 – 東白石駅 – 北白川駅

【道路】
国道4号、国道113号、国道457号、宮城県道・山形県道12号白石上山線、宮城県道24号白石丸森線、宮城県道・福島県道46号白石国見線、宮城県道50号白石柴田線、宮城県道51号南蔵王七ヶ宿線、宮城県道105号越河角田線、宮城県道106号川前白石線、宮城県道・福島県道107号赤井畑国見線、宮城県道108号白石停車場線、宮城県道109号北白川停車場犬卒都婆線、宮城県道112号北白川停車場向山線、宮城県道254号南蔵王白石線、仙南広域農道蔵王コスモスライン

【名所・旧跡・観光スポット】
白石城、片倉氏廟所、片倉喜多の墓、武家屋敷(片倉家中旧小関家)、世良修蔵の墓、碧玉渓、材木岩公園、検断屋敷、弥治郎こけし村、温麺の館

【温泉】
鎌先温泉、小原温泉、白石湯沢温泉、かつらの湯

【祭事・催事・イベント】
全日本こけしコンクール、白石市民春まつり

【名産】
白石温麺(うーめん)、白石和紙、白石葛、弥治郎こけし、枯露柿、ヘビトンボ、乳製品

【著名な出身人物】
阿子島たけし(音楽評論家)、わたりむつこ(絵本作家)、山崎バニラ(マルチタレント)、大門与作(お笑いタレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮城県白石市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮城県白石市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]