『茨城県那珂郡東海村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  茨城県
【市町村】  那珂郡東海村
【面積】  38.00km2
【人口】  37,682人(2021年6月1日)
【人口密度】  992人/km2
【村役場】  茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1955年(昭和30年)3月31日に町村合併促進法によって村松村と石神村が合併し、東海村が発足。

茨城県県央地域の村。

那珂郡に属する。

全国の村では、沖縄県中頭郡読谷村に次いで2番目に人口が多い。

また、人口密度も村としては4番目に高く茨城県条例による町制施行要件は満たしている。

茨城県内にある村は、本村と稲敷郡美浦村の2村のみである。

日本国内で原子力の火が灯った最初の村である。1957年(昭和32年)に日本原子力研究所(当時)東海研究所が設置され、日本最初の原子炉であるJRR-1が臨界に達して以来、多くの原子力関連施設が集積することとなった。

現在も日本原子力研究開発機構、日本原子力発電東海発電所・東海第二発電所など多くの原子力施設が村内に所在し、近隣市町をあわせた、茨城県の太平洋沿岸部は日本の原子力産業の拠点となっている。

1999年(平成11年)9月30日には、東海村JCO臨界事故が発生し作業員2人が死亡するなど、様々な影響があった。

水戸市から北東へ約15kmの距離にあり、東は太平洋に面し、西は那珂市、南はひたちなか市、北は久慈川を境に日立市に接している。

常陸台地の北端に位置する一帯で、久慈川の南側と真崎浦、細浦などの低地は沖積層で、水田地帯となっている。

一方、台地は洪積層で、畑地と平地林が広がり、東へ緩やかに傾斜したその先端が砂丘となっている。

砂丘は現在、防砂林として活用されているほか、日本原子力研究開発機構、日本原子力発電株式会社などの敷地となっている。

特産はサツマイモで、イモゾーという愛称のゆるキャラを作るなどPRを前面に押し出している。

[ryoko-2]

【特産品】  
サツマイモ

【大学】
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻、総合研究大学院大学 高エネルギー加速器科学研究科 東海キャンパス

【高等学校】
東海高等学校

【中学校】
東海中学校、東海南中学校

【小学校】
石神小学校、白方小学校、村松小学校、舟石川小学校、中丸小学校、照沼小学校

【JR東日本 常磐線】
東海駅

【道路】
国道6号(陸前浜街道)、国道245号、茨城県道31号瓜連馬渡線、茨城県道62号常陸那珂港山方線、茨城県道284号豊岡佐和停車場線、茨城県道285号東海停車場線、茨城県道358号日立東海線

【名所・旧跡・観光スポット】
村松山虚空蔵堂、稲荷社杉風、船場稲荷神社、阿漕ヶ浦夜桜、石神城春草、白方溜螢影、久慈川河口緑波、細浦青畝、願船寺晩鐘、願船寺、富士神社、如意輪寺秋月、如意輪寺、真崎浦夕照、真崎浦、住吉神社、村松晴嵐

【著名な出身人物】
橋本昌(政治家)、田口洋美(民俗学者)、小林康剛(元サッカー選手)、小林久晃(元サッカー選手)、吉村真晴(卓球選手)、村松茂清(和算家)、上野耕平(サクソホン奏者)、諸星麗 (音楽家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

茨城県那珂郡東海村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【茨城県那珂郡東海村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]