『群馬県邑楽郡大泉町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  群馬県
【市町村】  邑楽郡大泉町
【面積】  18.03km2
【人口】  41,936人(2021年8月1日)
【人口密度】  2,326人/km2
【町役場】  群馬県邑楽郡大泉町日の出55番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1957年(昭和32年)3月31日に邑楽郡小泉町と大川村が合併し、大泉町となる。

群馬県邑楽郡の町である。

群馬県内では最も人口の多い町である。

また、人口密度は北関東3県(茨城県、栃木県、群馬県)の市町村の中で最も高い。

また、外国人人口の比率も県内一の約19.04%(2021年2月末現在)で、人口の約2割はブラジルやペルー出身の日系人という特徴を持っている。

近年は、ネパール人やボリビア人も移住している。

また、隣接する太田市と共に日系人労働者が多い町である。

SUBARU大泉工場や味の素冷凍食品関東工場、パナソニック(旧三洋電機東京製作所)など工業が盛んで、これらの企業からの税収があるため、交付金不交付団体を続けていたが、2010年度の交付金の再算定で400万円の財源不足となり34年ぶりに交付団体に転落した。

なお、財政力指数に関しては2006年までは群馬県内で一番の高さであったが、2007年に多野郡上野村に抜かれ、第2位が当町、第3位が太田市と続く。

県内の自治体で生産年齢人口割合が最も高い自治体でもある。

2011年度には再び不交付団体となっている。

町域の面積は約1841ヘクタールで、関東平野の一角にあり地形は平坦である。

遠望に群馬県を代表する上毛三山の赤城山・榛名山・妙義山を望む。

1990年の出入国管理法の改正によってブラジル、ペルー等の日系人が日本国内で自由に働けるようになったため、人手不足から町では日系人を積極的に誘致し、これら外国人の住民登録者が7951人、全人口の約19.04%(2021年2月末現在)を占めるようになった。

なお、人口に対する外国人比率が高い自治体としては北海道勇払郡占冠村(約22.7%)、大阪府大阪市生野区(約21.8%)に続いて3番目である(2018年現在)。

[ryoko-2]

【河川】
利根川

【専門学校】
大泉保育福祉専門学校

【高等学校】
西邑楽高等学校、大泉高等学校

【中学校】
北中学校、南中学校、西中学校

【小学校】
北小学校、南小学校、西小学校、東小学校

【東武鉄道 小泉線】
東小泉駅 – 小泉町駅 – 西小泉駅

【道路】
国道354号、国道122号(八重笠道路)、群馬県道38号足利千代田線、群馬県道313号太田大泉線、群馬県道314号古戸館林線、群馬県道320号線中小泉停車場線、群馬県道361号矢島大泉線、群馬県道142号綿貫篠塚線、ハナミズキ通り

【名所・旧跡・観光スポット】
城之内公園、いずみ緑道、龍泉院、小泉神社、社日稲荷神社、間之原遺跡

【著名な出身人物】
青田純子(フルート奏者)、石毛善衛(競馬騎手)、江原大介(役者)、小淵雅(プロバスケットボール選手)、金井俊文(指揮者)、齊藤千花(ソプラノ歌手)、紫吹淳(女優)、内藤理沙(美少女クラブ31)、細谷清吉(郷土史学者)、森浩美(作詞家)、横山翔平(プロサッカー選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

群馬県邑楽郡大泉町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【群馬県邑楽郡大泉町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]