『群馬県多野郡上野村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  群馬県
【市町村】  多野郡上野村
【面積】  181.85km2
【人口】  1,125人(2021年7月1日)
【人口密度】  6.19人/km2
【村役場】  群馬県多野郡上野村大字川和11

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1889年4月1日に町村制度施行に伴い、上野村が発足。

群馬県の南西部(最南端)に位置する、多野郡に存在する村。

群馬県で最も人口の少ない自治体かつ(平成27年6月1日現在)、関東地方の島嶼部(伊豆諸島・小笠原諸島)を除いた最も人口の少ない自治体である。

日本国政府が推進した「平成の大合併」に対して「合併しない宣言」を出した(他に福島県東白川郡矢祭町と宮城県黒川郡富谷町(現富谷市)が同様の宣言を出している)。

山間にある過疎地域であるが、2005年に上野ダム・東京電力神流川発電所が完成し、固定資産税の税収が増加したのに伴い、2006年(平成18年)度から2012年(平成24年)度まで地方交付税の不交付自治体となった(ダム完成前の2005年(平成17年)時点の財政力指数は「0.20」と、かなり脆弱な財政だったが、ダム完成後の2007年(平成19年)には、一気に1.27にまで上がり、県内一の高さを誇るようになった。

村域南部には、1985年(昭和60年)8月12日に発生した日本航空123便墜落事故の現場である御巣鷹の尾根(高天原山)があり、事故当時は上野村消防団が人家のない地域の捜索・救助活動に当たった。

当時は無名だった尾根を「御巣鷹の尾根」と命名したのは、元村長の黒澤丈夫である。

また村内の楢原地区には、納骨堂や事故に関する展示施設を有する「慰霊の園」がある。

村は森林セラピー基地に認定されている。

父母トンネルをはさんで、東側に乙母(おとも)、野栗沢(のぐりさわ)、新羽(にっぱ)、勝山(かつやま)、川和(かわわ)、西側に乙父(おっち)、楢原(ならはら)の各大字がある。

村内を鉄道路線は走っていない。

[ryoko-2]

【山】
御巣鷹山、諏訪山、天丸山、高天原山

【河川】
神流川

【中学校】
上野中学校

【小学校】
上野小学校

【道路】
国道299号、国道462号、群馬県道45号下仁田上野線、群馬県道・長野県道124号上野小海線、ふるさと林道湯の沢線(湯の沢トンネル)

【道の駅】
上野

【名所・旧跡・観光スポット】
旧黒澤家住宅、奥神流湖、リゾートエリア「天空回廊」、川和自然公園、不二洞、まほーばの森、上野スカイブリッジ、塩ノ沢温泉、ぶどう峠、十石峠、生犬穴

【祭事・催事・イベント】
不二洞弥生祭り(3月)、おひながゆ(4月)、乙父神社お川瀬下げ(4月)、中正寺の火渡り(5月)、乃久里神社お川瀬下げ(8月)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

群馬県多野郡上野村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【群馬県多野郡上野村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]