『栃木県那須塩原市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  栃木県
【市町村】  那須塩原市
【面積】  592.74km2
【人口】  115,038人(2021年6月1日)
【人口密度】  194人/km2
【市役所】  栃木県那須塩原市共墾社108番地2

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

2005年(平成17年)1月1日に黒磯市、那須郡西那須野町、塩原町の新設合併により那須塩原市が発足。

栃木県北部に位置する市。

首都圏及び関東地方の最北部に位置し、那須塩原都市圏の中心都市である。

人口は佐野市に次いで県内第6位、面積は日光市に次いで県内第2位、市内総生産は宇都宮市・栃木市・小山市に次いで県内第4位である。

本市は関東平野の北端の扇状地上に立地し江戸時代以前は「手にすくう水も無し」とうたわれた那須野が原が広がり不毛の台地であった。

江戸時代には大田原藩による大田原用水(後の蟇沼用水)や、山口堀(後の旧木ノ俣用水)など、飲料水や灌漑に用いるための用水路が開削・拡張されたが、規模が小さく那須野が原台地を潤すほどにはいたらなかった。

しかし明治時代に入って、明治政府の殖産興業政策により、会津と東京の物資輸送を担う大運河構想を発端として那須疏水が整備されると那須野が原の開拓が急速に進展した。

この名残として黒磯地区、西那須野地区、塩原地区には今でも那須野が原の地に入植したかあるいは農場を拝領した明治の宰相、要人の名を冠した地名が多く残る。

黒磯地区・西那須野地区の市街地は、明治以降すなわち1883年(明治16年)の日本鉄道(東北本線)の開業、1885年(明治18年)に那須疏水の開削により形成された比較的新しい市街地である。

一方、塩原地区は、日本有数の温泉地として全国的に名が知れており、かつては塩原十一湯と呼ばれた1200年以上の歴史を持つ古い温泉郷であり、明治大正期の数々の文豪がこよなく愛した。

那須野ヶ原は那須岳、大佐飛山地、高原山より流れ出る複数の河川(那珂川、熊川、蛇尾川、箒川)によって国内最大級の複合扇状地が形成されている。

明治以前より扇状地の扇端部で水利の良い大田原市は奥州街道などが通り政治・交通の要衝であった。

しかし、那須野が原の開拓後は、国道4号のほか、東北本線が3駅、東北自動車道のICが2箇所、東北新幹線が停車するなど主要交通網が当市域を縦貫し、工業団地が多数建設され、さらには首都機能移転候補地の一番手に挙がり、合併後においては、栃木県北部地域において最大の人口・面積・市内総生産を擁し、国勢調査においては大田原市や矢板市等県北部地域を包含する那須塩原都市圏が設定され、広域の道路標識においては大田原ではなく那須塩原が表示されるようになるなど、当市は交通・物流、経済・産業、人口・都市機能において県北地域の中心として扱われるようになってきている。

市域の半分を占める那須野ヶ原は那須岳、大佐飛山地、高原山より流れ出る複数の河川(那珂川、熊川、蛇尾川、箒川)によって国内最大級の複合複合扇状地が形成され、緩やかな傾斜の平地が広がっている。

その面積はおよそ4万haにのぼるが、大田原市以西那須連峰山麓部までの一帯の河水は、そのほとんどが伏流水として地下に潜る。

一方、北西部の山岳部は市域の概ね半分を占め、塩原温泉郷や板室温泉、三斗小屋温泉(同市の飛地)等の豊富な温泉がある。

那須塩原は別荘地としても有名である。

明治の名士が塩原温泉等に別荘を保有し、口コミで文豪達に広まり、塩原温泉に文豪達が集うようになったという。

[ryoko-2]

【名物・グルメ】  
ソース焼きそば、とて焼き、塩原温泉まんじゅう、高原大根

【山】
那須岳、日留賀岳

【河川】
那珂川、箒川、蛇尾川、熊川

【大学】
宇都宮共和大学 那須キャンパス

【専修学校】
那須看護専門学校、アジア農村指導者養成専門学校

【高等学校】
黒磯高等学校、黒磯南高等学校、那須拓陽高等学校、那須清峰高等学校

【中学校】
黒磯中学校、黒磯北中学校、厚崎中学校、日新中学校、東那須野中学校、高林中学校、西那須野中学校、三島中学校、箒根中学校

【小学校】
青木小学校、稲村小学校、大貫小学校、大原間小学校、大山小学校、共英小学校、黒磯小学校、埼玉小学校、関谷小学校、高林小学校、槻沢小学校、豊浦小学校、鍋掛小学校、西小学校、波立小学校、東小学校、東原小学校、三島小学校、南小学校、横林小学校

【幼稚園】
塩原幼稚園、西那須野幼稚園、すぎのこ三島幼稚園、第二ひかり幼稚園、虹ヶ丘認定こども園、認定あけぼのこども園、認定こども園マロニエ幼稚園、黒磯いずみ幼稚園認定こども園、すぎのこ幼稚園認定こども園

【社寺】
乃木神社、烏森神社、塩原八幡宮、黒磯神社、三島神社、愛宕神社、箒根神社、波立温泉神社、鍋掛神社、板室温泉神社、嶽山箒根神社、高林神社、新湯温泉神社、妙雲寺、引久保百観音堂、三斗小屋温泉神社、上大貫地蔵堂「厨子」、新湯温泉神社、塩の湯温泉神社、金乗院、金沢の薬師堂、金沢の箒根神社、畑下温泉神社、福渡温泉神社、峯薬師堂、品川弥二郎の旧念仏庵、峯薬師の仁王門、茗荷温泉神社、鶏鳥神社、生駒神社

【博物館・美術館】
那須野が原博物館、田園空間博物館、鶏声磯ヶ谷美術館、木の葉化石園、塩原もの語り館、森の発電おはなし館、癒やしの空間美術館、関谷郷土資料館、黒磯郷土館、日新の館

【JR東日本 東北本線(宇都宮線)】
西那須野駅 – 那須塩原駅 – 黒磯駅

【道路】
国道4号、国道400号、国道461号、有料道路、日塩有料道路(日塩もみじライン)

【道の駅】
明治の森・黒磯、湯の香しおばら、那須野が原博物館

【史跡】
印南丈作翁屋敷跡、烏ヶ森の丘、塩原(要害)城跡、塩原軌道「塩原口」駅舎跡、横林の一里塚、下大貫の一里塚、観象台、芦屋道満の解脱塔、境の紅葉、常盤ヶ丘、親王台、狭間城跡、高久靄厓の墓、黒羽領境界石、黒瀧山大日尊、笹野曽里西の一里塚、笹野曽里東の一里塚、三斗小屋宿跡、三島農場事務所跡、赤田山、接骨木の一里塚、槻沢遺跡、那須開墾社烏ヶ森農場跡、那須疏水旧蛇尾川伏越出口、鍋掛の一里塚、鳩が森城跡、板室古戦場、板室本村の湯本道標、板室本村の一里塚、本郷町の馬頭観世音、木の俣地蔵 、野沢(真木)城跡、離室城跡、蟇沼用水旧取水口

【文化財】
世界かんがい施設遺産、旧青木家那須別邸、深鉢形土器 30箇、加登屋旅館、高木会館、逆杉、百村の百堂念仏舞、那須疏水、旧塩原御用邸新御座所、絹本著色羅刹天、温泉神社石幢、大山記念館洋館、塩原平家獅子舞、乃木希典那須野旧宅、関谷の城鍬舞、上大貫の城鍬舞、旧津久井家住宅、数ヶ室の郷蔵、室井家の四脚門、九尾の狐大絵馬、石林の道標、下厚崎の獅子舞、関谷囃子、上塩原源太踊り、上塩原古代獅子舞、三本木の獅子舞、木綿畑新田の太々神楽、木綿畑本田の獅子舞、高林の獅子舞、嶽山箒根神社梵天上げ、蟇沼もちつき

【天然記念物】
乃木神社、乃木神社の樹林、ノギカワモズク、シダレザクラ、永田町の一本杉、妙雲尼塔の大杉、嶽山箒根神社の大杉、越堀の大杉、光徳寺門前の杉並木、鍋掛のイトヨ、北和田のカヤ、寺子のエドヒガン、宗源寺のエドヒガン、前弥六のツバキ、下中野のツバキ、金神神社のツバキ、槻沢小学校の大モミジ、大山参道のモミジ並木、正観寺のシダレザクラ、大山小学校のキガンピ、高林小学校のヒイラギ、高柳の温泉神社のエノキ、本郷町のケンポナシ、峯薬師のコウヤマキ、塩原の材木岩、大黒岩化石層群、旧青木小学校のエドヒガン、法真寺のエドヒガン

【祭事・催事・イベント】 
巻狩祭り(10月)、西那須野ふれあいまつり(7月)、西那須野花市(1月)、塩原八幡宮例大祭、塩原温泉まつり、塩原温泉古式湯まつり、板室温泉神社祭礼(10月)、那須波切不動尊火祭り(6月)、コスコテ in 塩原温泉郷、ぼたん祭り(3~5月)、那須野ふるさと花火大会(8月)、黒磯駅前キャンドルナイト(12月)

【著名な出身人物】
平山あや(タレント)、八塚純子(歌手)、八塚りえ(歌手)、福田薫(漫才コンビ、U字工事)、とっこねぇ(お笑い芸人)、矢板望(お笑い芸人)、川崎鷹也(シンガーソングライター)、小針春芳(プロゴルファー)、渋井陽子(陸上競技選手)、八木沢元樹 (陸上競技選手)、原博実(サッカー解説者)、大山峻護(格闘家)、山田学(格闘家)、太子郎(格闘家)、野口大輔(レフェリー)、折原研二(クレー射撃)、北浦竜次(プロ野球選手)、高久靄厓(画家)、三木俊治(彫刻家)、相馬寛哉(画家)、山手樹一郎(小説家)、倉科遼(漫画原作者)、相馬寿樹(映画監督)、米倉強太(映像作家)、萩田紀之(切り絵作家)、菊地恒八郎(政治家)、稲川時(政治家)、平山正二(政治家)、石塚政紀(政治家)、郡司征夫(政治家)、阿久津憲二(政治家)、渡辺喜美(政治家)、君島寛(政治家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

栃木県那須塩原市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【栃木県那須塩原市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]