『茨城県常陸太田市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  茨城県
【市町村】  常陸太田市
【面積】  371.99km2
【人口】  47,313人(2021年5月1日)
【人口密度】  127人/km2
【市役所】  茨城県常陸太田市金井町3690

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1954年(昭和29年)7月15日に久慈郡太田町が機初村、西小沢村、幸久村、佐竹村、誉田村、佐都村を編入して合併と同時に町名を常陸太田町と改めた上で同日市制施行し、常陸太田市が誕生。

関東地方北部、茨城県東北部の県北地域にある市。

南北に長い市域を持ち、面積は茨城県の自治体で最大。

西から順に浅川、山田川、里川が並行して南へ流れ、それぞれの川に沿った谷に旧金砂郷町、水府村、里美村の集落と耕地が広がる。

里川に沿って国道349号が貫通するが、途中の東河内地区は日立市域であり、旧里美村と旧常陸太田市とは直接隣接してはいなかった。

旧里美村地区は、東河内地区と本山トンネルを介して日立市街とも交流を持つ。

浅川、山田川、里川はいずれも市の南境を流れる久慈川に合流する。

旧常陸太田市街は里川が久慈川流域の平野に出る谷口の右岸に位置し、周辺の中山間地域を後背地に旧久慈郡南部の商業中心地として発展した。

南部の久慈川本流沿い、また上記3河川も久慈川との合流点に近づくにつれて広い沖積平野が開け、それぞれの流路に沿った自然堤防上に集落が分布し、後背湿地には水田が広がっている。

[ryoko-2]

【特産品】  
蕎麦、蕎麦粉、ちまき

【高等学校】
太田第一高等学校、太田西山高等学校、太田第二高等学校、佐竹高等学校

【中学校】
太田第一高等学校附属中学校、太田中学校、峰山中学校、瑞竜中学校、世矢中学校

【小学校】
太田小学校、機初小学校、西小沢小学校、幸久小学校、佐竹小学校、誉田小学校、世矢小学校、金砂郷小学校、久米小学校、郡戸小学校、水府小学校、里美小学校

【JR東日本 水郡線(常陸太田支線)】
河合駅 – 谷河原駅 – 常陸太田駅

【道路】
国道293号、国道349号、国道461号、茨城県道29号常陸太田那須烏山線、茨城県道22号北茨城大子線、茨城県道33号常陸太田大子線、茨城県道36号日立山方線、茨城県道37号日立常陸太田線、茨城県道60号十王里美線、茨城県道61号日立笠間線、茨城県道62号常陸那珂港山方線、茨城県道156号亀作石名坂線、茨城県道157号下土木内常陸太田線、茨城県道166号和田上河合線、茨城県道167号富岡玉造常陸太田線、茨城県道245号上君田小妻線、茨城県道249号山方水府線

【道の駅】
さとみ、ひたちおおた

【名所・旧跡・観光スポット】
梵天山古墳、太田城址(舞鶴城址)、奥久慈男体山、川中子温泉、旧茨城県立太田中学校講堂、久昌寺、西光寺、佐竹寺、里美牧場、瑞龍山、西山荘、西金砂神社、東金砂神社、馬場八幡宮、竜神峡、竜神大吊橋、若宮八幡宮、太田落雁の碑、山寺晩鐘の碑、かがくの里

【著名な出身人物】
kami(ドラマー)、マシコタツロウ(作曲家)、秋山美幸(バレーボール選手)、井上庸(プロボクサー)、梶山静六(政治家)、梶山弘志(政治家)、金沢次男(元プロ野球選手)、北山詩織(ファッションモデル)、黒羽桂子(バレーボール選手)、五来欣造(政治学者)、佐藤進(医学者)、塚原俊郎(政治家)、飛円重孝(元力士)、福地惇(歴史学者)、青野春秋(漫画家)、柳家さん助(落語家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

茨城県常陸太田市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【茨城県常陸太田市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]