『福島県南会津郡檜枝岐村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福島県
【市町村】  南会津郡檜枝岐村
【面積】  390.46km2
【人口】  529人(2021年3月1日)
【人口密度】  1.35人/km2
【村役場】  福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原880番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1889年(明治22年)4月1日に町村制施行により、檜枝岐村が単独で村制度施行し、南会津郡檜枝岐村が発足。

福島県会津地方南西部に位置し、南会津郡に属する村。

現在に至るまで一回も合併をしていない稀な自治体である。

日本有数の豪雪地帯で、特別豪雪地帯に指定されている。

平家の落人伝説が残る。

高度経済成長期を迎えるまでは焼畑が夏の風物詩であり、山菜採りを主要な収入源とした他、木地加工や狩猟も行われてきた。

「星」姓は、平安遷都に伴う権力闘争に敗れてこの地に隠れ住んだ藤原氏の落人の系譜につながるとされ、「平野」姓は源平合戦に敗れた平家の落人の系譜につながるとされ、「橘」姓は織田信長に追われた伊勢治田城主・楠七郎左衛門正具の一統に由来するとされている。

標高の高い山々に四方を囲まれた地域であるが、1960年代のダム開発と1970年代の尾瀬の観光地化によって、1980年代より農家の民宿業への転身が進んだ。

1986年(昭和61年)の野岩線の東京・浅草直結に伴う振興計画により、観光地にもなっている。

1979年(昭和54年)には景観保全のため、家々の屋根を赤錆色に統一。

山人(やもーど)料理や年3回開催される檜枝岐歌舞伎、スキー場も観光客を集めている。

山人料理は山村ならではの食材を鍋料理などに仕立てることで知られ、山菜やキノコ、イワナなどの川魚、熊やウサギ、カモなどの肉、豆腐、裁ち蕎麦などを使う。

珍しい料理としては、ハコネサンショウウオの唐揚げや、トウガラシを塩漬けした「山人漬」がある。

檜枝岐村は、会津駒ケ岳と、燧ケ岳、帝釈山に囲まれ、それらの間を通る檜枝岐川(伊南川上流部の名称)と沿線の国道352号沿いに位置する標高920 – 1000 m(メートル)の地帯。

特に燧ケ岳 (2,356 m) は、東北地方で最も標高が高い山である。

村役場に隣接した集落の他は、村の面積のうち約98 %を林野が占めている。

福島県内で人口が最も少ない市町村であり、日本一人口密度の低い市町村となっている。

村内を鉄道路線は走っていない。

[ryoko-2]

【名物】  
舞茸ごはん、岩魚、山椒魚、山菜、裁ち蕎麦

【山】
会津駒ヶ岳(2,133 m)、燧ヶ岳(2,356 m)、帝釈山(2,060 m)

【河川】
檜枝岐川、只見川

【湖沼】
尾瀬沼

【中学校】
檜枝岐中学校

【小学校】
檜枝岐小学校

【道路】
国道352号、国道401号、福島県道1号沼田檜枝岐線、飯豊檜枝岐大規模林道、川俣檜枝岐林道

【名所・旧跡・観光スポット】
奥只見ダム、桧枝岐温泉、三条の滝、尾瀬、歴史民俗資料館、尾瀬写真美術館、桧枝岐の舞台、檜枝岐歌舞伎、武田久吉メモリアルホール、アルザ尾瀬の郷

【祭事・催事・イベント】
会津駒ヶ岳山開き(5月)、燧ヶ岳山開き(7月)、真夏の雪祭り(8月)、新そば祭り(11月)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福島県南会津郡檜枝岐村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福島県南会津郡檜枝岐村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]