『福島県本宮市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福島県
【市町村】  本宮市
【面積】  88.02km2
【人口】  30,253人(2021年3月1日)
【人口密度】  344人/km2
【市役所】  福島県本宮市本宮字万世212番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

2007年1月1日に安達郡本宮町・白沢村が合併し発足。

福島県中通り中部に位置する市。

福島県の中部に位置し、東北自動車道などの交通網も充実しており、県を代表する内陸工業地帯となっている。

福島県内の市では人口が最も少なく、また面積も最も小さい。

2005年4月施行の新・合併特例法により合併した市である。

新設合併の全国初ケースであった。

福島県の中間部に位置し、市の地理的中央部を縦断するように阿武隈川が流れる。

安積原野の一部を形成し、市街地が国道4号、県道355号の沿線に広がっている。

市内は大きく阿武隈川を挟んで地形が二分されている。

旧本宮町側は、奥羽山脈系(または安達太良山系)の里山が西部に広がっており、川に近付くにつれて安積原野の一端が広がっていき、平地となる。

また大玉村や郡山市の山中を水源とする河川も豊富で、北から百日川、安達太良川、瀬戸川、五百川が流れている(うち百日川と安達太良川は同じ水源で途中で分かれる。)。

旧白沢村側は、阿武隈高地系の低い里山が数多く存在し、白沢側は、ほぼ山に囲まれているといってもよい。

市内は平均海抜200m前後にあり、高い所でも400mから500mほどである。

古くは会津街道、相馬街道、三春街道の交点でもあり、交通の中心地であった。

鉄道の駅も早くから設置され、猪苗代町出身の医学者野口英世が故郷から離れ上京する際、馬車で本宮まで出てきて本宮駅で列車に乗り東京まで出た話は有名である。

砂利道ではあったが交通輸送産業も早くから行っており、バスやタクシーの発展も早かった。

現在は国道4号からの会津街道分岐(福島県道8号本宮熱海線)、小浜道(二本松市)や石筵道(郡山市)への分岐点の戸崎ロータリー(それぞれ福島県道118号本宮岩代線、福島県道146号石筵本宮線/うち石筵道はいまだ完成していない)があり、現在でも役割を果たしている。

旧和木沢村が純農村であったことから、現在でも農業が盛んであり、特に旧本宮町では稲作や養鶏、畑作、旧白沢村では養蚕などが盛んである。

このうち養蚕産業の農具は、国の有形記念物に指定された。

[ryoko-2]

【特産品】  
本宮烏骨鶏、とろろ芋

【高等学校】
本宮高等学校

【中学校】
本宮第一中学校、本宮第二中学校、白沢中学校

【小学校】
本宮小学校、五百川小学校、岩根小学校、本宮まゆみ小学校、糠沢小学校、和田小学校、白岩小学校

【保育園・幼稚園】
本宮第一保育所、本宮第二保育所、本宮第三保育所、本宮第四保育所、白沢保育所、五百川幼稚園、岩根幼稚園、白岩幼稚園、糠沢幼稚園、和田幼稚園

【JR東日本 東北本線】
五百川駅 – 本宮駅

【道路】
国道4号、福島県道8号本宮熱海線、福島県道28号本宮三春線、福島県道30号本宮土湯温泉線、福島県道40号飯野三春石川線、福島県道73号二本松金屋線、福島県道116号二本松三春線、福島県道118号本宮岩代線、福島県道119号本宮常葉線、福島県道146号石筵本宮線、福島県道189号本宮停車場線、福島県道296号荒井郡山線、福島県道304号大橋五百川停車場線、福島県道355号須賀川二本松線、福島県道357号岩根日和田線、南の本陣通り、まゆみ通り、安達橋中央通り

【名所・旧跡・観光スポット】
みずいろ公園、高木総合運動公園、花と歴史の郷 蛇の鼻(蛇の鼻遊楽園)、サンライズもとみや、しらさわカルチャーセンター、本宮市立歴史民俗資料館、本宮体育館、市民プール、白沢シルバースポーツセンター、岩井の清水、安達太良神社、本宮映画劇場

【著名な出身人物】
三瓶(お笑い芸人)、伊藤幟(画家)、伊藤久男(歌手)、本田安次(民俗学者)、児玉誉士夫(右翼運動家)、橋本康子(女子マラソン選手)、根本朋久(プロ野球選手)、押山清高(アニメーション監督)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福島県本宮市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福島県本宮市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]