『山形県最上郡鮭川村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山形県
【市町村】  最上郡鮭川村
【面積】  122.14km2
【人口】  3,801人(2021年2月1日)
【人口密度】  31.1人/km2
【村役場】  山形県最上郡鮭川村佐渡2003-7

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1889年(明治22年)4月1日に町村制の施行により、川口村、向居村、佐渡村、中渡村の区域をもって発足。

山形県の北部にある人口約4千人の村。

村内西部は出羽山地となっている。

また、鮭川が村の中心部を南北に貫いている。

鮭川村の語源は村内を流れる鮭川だが、村内には「鮭石」などの史跡や、郷土料理である「鮭の新切り(ようのじんぎり)」など、鮭にまつわる話題が多い。

郷土史家の大友儀助によると、鮭川村には太古の自然崇拝の一種である鮭・鱒を「天の恵み」として感謝する習俗が見られるという。

主要産業は農業と羽根沢温泉への観光であり、特に、なめこ栽培が盛んである。

近年、村立堆肥センターを作った。

村では、アグリツーリズム(グリーンツーリズム)を標榜しており、村内にバンガローやキャンプ場、運動広場、溜め池及びその裏山を散策路として整備した「エコパーク」、国道458号沿いにあり川遊びやビジターセンター・産地直売所としての機能がある「鮭の子館」、与蔵沼やまぼろしの滝へ向かう林道などを整備した。

商業は、隣接する新庄市への依存が強いが、スーパーマーケットへの買出しで真室川町に行く流れもある。

なお、村内にスーパーマーケットなどの大型商業施設は存在しない。

[ryoko-2]

【山】
大芦沢山(309m)、道ヶ峰山(276m)

【河川】
鮭川

【中学校】
鮭川中学校

【小学校】
鮭川小学校

【JR東日本 奥羽本線】
羽前豊里駅

【道路】
国道458号、山形県道35号真室川鮭川線、山形県道58号新庄鮭川戸沢線

【名所・旧跡・観光スポット】
羽根沢温泉、庭月観音、小杉の大杉(トトロの木)、与蔵沼、まぼろしの滝、鮭川村エコパーク、鮭川村多目的運動公園、鮭の子館

【祭事・催事・イベント】
鮭まつり

【著名な出身人物】
熊谷瞳(アナウンサー)、マッコイ斎藤(演出家)、齋藤天晴(モデル)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山形県最上郡鮭川村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山形県最上郡鮭川村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]