『山形県最上郡最上町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山形県
【市町村】  最上郡最上町
【面積】  330.37km2
【人口】  7,845人(2021年2月1日)
【人口密度】  23.7人/km2
【町役場】  山形県最上郡最上町大字向町644

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1954年(昭和29年)9月1日に最上郡東小国村と西小国村が合併して最上町が誕生。

山形県の北東部にある町。

周囲を奥羽山系の山に囲まれた盆地(小国盆地)にあり、地理的に他の町村とは隔絶している。

夏はやませになりやすく、冬は豪雪地帯である。

今は合併して最上町となり、この地を指して「最上」と称する事がほとんどだが、昔は、今の最上町域を指して「小国郷」と呼ばれていた。

今も、町内を流れる最上小国川にその名をとどめている。

最大の産業は、瀬見温泉や赤倉温泉の温泉や赤倉温泉スキー場でのスキー。

その他、夏場の前森高原での自然体験など。

2003年に「100万人交流促進条例」を制定し、交流人口拡大に力を入れている。

食品加工工業・農業(町独自の産品としてアスパラガスやヤーコンの栽培に力を入れている)・畜産も盛んである。

かつては「小国駒」と呼ばれた名馬の産地であった。

商業の面では新庄市への依存度が高いが、町の中心部である向町にもある程度の商店が息づいており、町内で買い物を完結することはできる。

近年、国道47号沿いにコンビニエンスストアの出店が増えている。

休日に仙台市へ買い物に行く流れはあるが、日常の買い物で宮城県へ行くことは、ほとんどない。

[ryoko-2]

【山】
神室連峰(神室山、小又山、火打岳、八森山、杢蔵山)、禿岳、翁山

【河川】
最上小国川(小国川)

【高等学校】
新庄北高等学校最上校

【中学校】
最上中学校

【小学校】
大堀小学校、向町小学校

【JR東日本 陸羽東線】
堺田駅、赤倉温泉駅、立小路駅、最上駅、大堀駅、鵜杉駅、瀬見温泉駅

【道路】
国道47号、山形県道28号尾花沢最上線、山形県道・宮城県道63号最上鬼首線

【名所・旧跡・観光スポット】
旧有路家住宅、出羽仙台街道 中山越、最上白川砂防堰堤、赤倉温泉、瀬見温泉

【著名な出身人物】
海和俊宏(元アルペンスキー選手)、大場満郎(冒険家)、ケーシー高峰(タレント)、ビートきよし(タレント)、大石邦彦(アナウンサー)、岸善幸(映画監督)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山形県最上郡最上町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山形県最上郡最上町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]