『山形県西村山郡大江町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山形県
【市町村】  西村山郡大江町
【面積】  154.08km2
【人口】  7,536人(2021年2月1日)
【人口密度】  48.9人/km2
【町役場】  山形県西村山郡大江町大字左沢882番地1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1959年(昭和34年)8月20日に左沢町、漆川村が合併し、大江町が発足。

山形県の中央部にある人口約8千人の町。

1959年(昭和34年)、左沢町と漆川村の合併により成立。

元禄年間より大正初期にかけ、最上川舟運の中継地として大いに栄えた。

面積154.08 km²。

その約80 %にあたる126.33 km²が森林である。

町域は、山形盆地中央部西端から朝日山地東端の小朝日岳まで東西約24 kmに細長く広がる。

また、東に接する寒河江市内および東村山郡中山町内に、複数の飛び地を抱えている。

行政上、町域は、東から左沢地区・本郷地区・七軒地区に区分される。

町域西部は、朝日山系の小朝日岳や古寺山等が連なる山地帯となっている。

小朝日岳を水源とする一級河川月布川が町域の中央部を横断(東進)し、町域東端の左沢地区で最上川に合流している。

月布川の本・支流に沿って集落が展開しており、同河川に並行して走る主要地方道の山形県道27号大江西川線が主要な集落を繋いでいる。

集落の平均標高は212 mであるが、町域で標高200 m以下にあるのは総面積の13.7 %にすぎない。

町の中心地は町域東端の左沢地区であり、人口の7割超が集中している。

JR左沢線の終点左沢駅があり、国道287号および458号が通る。

左沢の市街地は、最上川が長井盆地と山形盆地との境界となる峡谷部を抜けた谷口から、最上川と月布川の合流点附近の氾濫原および河岸段丘上にかけて形成されている。

本郷地区・七軒地区は、東から、月布川下流の谷底平野に開けた農村、月布川の河谷段丘上に展開する農村、月布川の支流沿いに散在する山村の大きく3つに分類することができる。

県庁所在地の山形市までは車で30分程度、JR左沢線で45分。

寒河江市中心部までは車で10分弱、JR左沢線で15分程度。

山形空港までは車で約20分、公共交通のみを利用する場合は予約制バスとJR左沢線の乗り継ぎで、約50分。

最寄の国際空港となる仙台空港までは車で70分程度、公共交通のみを利用する場合はJR左沢線とシャトルバスの乗継で約2時間20分。

[ryoko-2]

【山】
小朝日岳(1,648 m)、古寺山(1,501 m)、鳥原山(1,430 m)、大頭森山(984 m)、大山(312 m)、楯山(222 m)

【河川】
最上川、月布川

【JR東日本 左沢線】
左沢駅

【道路】
国道287号、国道458号、山形県道9号長井大江線、山形県道23号天童大江線、山形県道27号大江西川線、山形県道54号貫見間沢線

【高等学校】
左沢高等学校

【中学校】
大江中学校

【小学校】
左沢小学校、本郷東小学校

【名所・旧跡・観光スポット】
左沢町場の景観、左沢楯山城址(楯山公園)、阿弥陀如来坐像(護真寺)、神代カヤ、松保の大杉、楢山不動滝、道の駅おおえ、柳川温泉、舟唄温泉、古寺鉱泉

【祭事・催事・イベント】
水郷おおえ夏まつり花火大会(8月)、大江ひなまつり(3月)、正調最上川舟唄全国大会(6月)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山形県西村山郡大江町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山形県西村山郡大江町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]