『宮城県本吉郡南三陸町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮城県
【市町村】  本吉郡南三陸町
【面積】  163.40km2
【人口】  10,906人(2021年1月1日)
【人口密度】  66.7人/km2
【町役場】  宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田101番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

2005年(平成17年)10月1日に南三陸町が誕生。

宮城県北東部に位置し、本吉郡に属する唯一の町。

三陸海岸南部に位置する。

藤原秀衡、秀衡の四男高衡にゆかりのある地。

江戸時代には仙台藩の直轄地として番所が置かれた。

宮城県の北東部、本吉郡の南部に位置し、志津川湾、伊里前湾に面する町。

湾内には椿島、竹島、船形島、野島などの島があり、リアス式海岸特有の優れた景観を持つ。

沿岸部一帯は三陸復興国立公園の指定を受けている。

西・北・南西は北上山地の支脈に連なっており、町土の70%以上は森林である。

リアス式海岸の地形的な特性から津波の影響を受けやすく、近世以前においては平安前期の貞観地震(869年)にともなう大津波など、近代以降では、1896年(明治29年)の明治三陸大津波、1933年(昭和8年)の昭和三陸大津波、1960年(昭和35年)のチリ地震津波によって大きな被害を受けている。

そのため、沿岸部には、防波堤や防潮堤、水門などが設置されている。

しかし2011年(平成23年)、東北地方太平洋沖地震によって被災し(東日本大震災)、特に大津波による被害は甚大となった。

この地殻変動は先の貞観地震以来1141年余りを経て繰り返された現象と見なされている。

また、この地殻変動によって当地域内の志津川地区の地盤は、水平方向に442cm、垂直方向にマイナス75.27cm移動したことが、GPS(全地球測位システム)を用いた国土地理院測地観測センターによる分析の結果、明らかとなった。

南三陸町を代表する山である田束山は、霊峰として古くから仏教徒の修行の場として知られ、頂上から見下ろす360度のパノラマ的景観は絶景である。

志津川湾では、ギンザケ、カキ(牡蠣)、ホタテガイ、ホヤ、ワカメなどの海面養殖業が盛んに行われてきている。

近年では、農漁業体験を含む滞在・体験型の観光にも力を入れていた。

かつてはJR東日本気仙沼線が町内を通っていたが、2011年の東日本大震災の影響で、柳津駅 – 気仙沼駅間が休止した後、BRT(バス高速輸送システム)で復旧し、2020年に鉄道が廃止された。

以来、町内を鉄道路線は通っていない。

[ryoko-2]

【山】
田束山(512.4m)、満海山(403m)、幌羽山(312m)、貞任山(360.3m)、惣内山(379.6m)、保呂羽山(329.4m)、釣瓶山(472m)、大盤平(368m)、神行堂山(461m)、童子山(320.5m)

【河川】
伊里前川(7,800m)、港川(6,300m)、八幡川(5,500m)、水尻川(3,400m)、水戸辺川(3,124m)、折立川(2,800m)、新井田川(2,100m)、桜川(1,500m)

【高等学校】
志津川高等学校

【中学校】
志津川中学校、歌津中学校

【小学校】
志津川小学校、伊里前小学校、戸倉小学校、入谷小学校、名足小学校

【道路】
国道45号、国道398号、宮城県道172号志津川登米線、宮城県道206号馬籠志津川線、宮城県道221号清水浜志津川港線、宮城県道225号泊崎半島線、宮城県道236号払川町向線

【名所・旧跡・観光スポット】
田束山、神割崎、椿島、入谷八幡神社、樋の口不動尊、入谷打囃子、荒澤神社、太郎坊杉、次郎坊杉、須賀神社、春日神社、戸倉神社、全慶寺、金秀寺、大雄寺、行者の道遊歩道、坊ァ墓、志津川のモアイ、歌津魚竜館、ひころの里

【著名な出身人物】
まきのめぐみ(歌謡歌手)、佐藤英敏(作曲家)、阿部龍(騎手)、トッカグン(お笑いコンビ)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮城県本吉郡南三陸町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮城県本吉郡南三陸町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]