『宮城県牡鹿郡女川町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮城県
【市町村】  牡鹿郡女川町
【面積】  65.35km2
【人口】  5,636人(2021年1月1日)
【人口密度】  86.2人/km2
【町役場】  宮城県牡鹿郡女川町女川1丁目1−1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1926年(大正15年)4月1日に町制が施行され、女川町が成立。

宮城県牡鹿郡にあり、太平洋沿岸に位置する町である。

三陸地方南部に位置し、日本有数の漁港である女川漁港があるほか、女川原子力発電所が立地することでも知られる。

町域は、三陸復興国立公園地域に指定されている。

北上山地と太平洋が交わるリアス式海岸は天然の良港を形成し、カキ(牡蛎)やホタテガイ(帆立貝)、ギンザケ(銀鮭)などの養殖漁業が盛んで、金華山沖漁場が近いことから、地方卸売市場には暖流・寒流の豊富な魚種が数多く扱われる。

中でもサンマの水揚げ量は全国でも有数であり、大漁を祈る「サンマdeサンバ」という曲が地域の祭りや運動会で踊られることもある。

また、町の南には石巻市にまたがって東北電力の女川原子力発電所があるが、東日本大震災(2011年3月11日発生)以降は運転を停止している。

女川町は町域の三方を北上山地に囲まれ、総面積の83%を林野がしめており、平地は少ない。

ギンザケ、ホタテガイ、アワビ、ホヤ、カキなどの養殖漁業に加え、サンマなどの沿岸漁業も盛んである。

特にギンザケとサンマの水揚げ量は全国でも有数。

2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、女川町は女川原子力発電所の震度計が震度6弱を観測した(町内の検測所は津波で流失)。

さらにこの地震が引き起こした津波に襲われ、沿岸部は壊滅的被害を負った(東日本大震災)。

また、港湾空港技術研究所の調査によれば、津波の最大波高(浸水高)は女川漁港の消防庁舎で海抜14.8mを記録した。

復興に際しては将来の津波被害に備えて、住宅は津波が遡上しにくい高台に、商業施設などを低地に整備する街づくりを進めている。

日本の他地方同様、震災前から少子高齢化が進んでいたうえに、復興計画づくりや宅地造成に時間がかかり、町外へ転出した住民も多い。

2018年3月15日付『日本経済新聞』朝刊によると、人口は約6600人で震災前と比べ約34%減少。

企業や工場、商店といった事業所数は約360で震災直後(2012年)の約190より増えたが、震災前の約660(2009年)には及ばない。

[ryoko-2]

【山】
高梨山、石投山、黒森山、高崎山、唐松山、大六天山、袴ヶ岳

【中学校】
女川中学校

【小学校】
女川小学校

【JR東日本 石巻線】
浦宿駅 – 女川駅

【道路】
国道398号、宮城県道41号女川牡鹿線、宮城県道220号牡鹿半島公園線

【名所・旧跡・観光スポット】
マリンパル女川、女川町総合運動公園、女川原子力PRセンター、三十三観音碑、コバルトライン、大六天展望台、足島、女川フューチャーセンターCamass、女川温泉ゆぽっぽ、鳴り砂の浜辺、夏浜、小屋取浜、女川いのちの石碑、きぼうのかね商店街、女川コンテナ村商店街、女川町史跡 指ヶ浜貝塚

【祭事・催事・イベント】
女川みなと祭り(7月)、おながわ秋刀魚収獲祭(9月)、江島法印神楽

【著名な出身人物】
中村雅俊(歌手)、阿部美和子(歌手)、中条善伸(元・プロ野球選手)、⊿あべみな(お笑いタレント・ジョリー惑星)、高橋愛美(歌手・sunny-side up)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮城県牡鹿郡女川町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮城県牡鹿郡女川町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]