『宮城県柴田郡柴田町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮城県
【市町村】  柴田郡柴田町
【面積】  54.03km2
【人口】  38,708人(2020年12月1日)
【人口密度】  716人/km2
【町役場】  宮城県柴田郡柴田町船岡中央二丁目3-45

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

1956年(昭和31年)4月1日に船岡町と槻木町が合併、柴田町となる。

宮城県南部の仙南圏に位置する町である。

宮城県の南部に位置する町である。

県の地域区分では仙南圏に含まれ、仙南圏最大の人口をもつ市町村であるが、経済的な都市圏基準では仙台都市圏に含まれる。

南西部の白石川沿いに船岡盆地、東部の阿武隈川沿いに槻木盆地があり、両盆地が主要な可住地となっている。

江戸時代の船岡盆地には、白石川左岸(北岸)に奥州街道・船迫宿、白石川右岸(南岸)に船岡城および船岡城下町があり、槻木盆地には奥州街道・槻木宿があった。

両盆地を中心とする地域が明治の町村制でそれぞれ槻木村・船岡村となり、戦後に合併して柴田町が成立した。

JR東北本線・船岡駅の南側の旧城下町周辺地域が旧来からの町の中心部であるが、国道4号柴田バイパス沿いに大型ロードサイド店舗が建ち並んでいる。

市街地は西側に隣接する大河原町とコナーベーションしており、国道4号大河原バイパス沿いが柴田郡の中心商業地化して商圏が当町にも及んでいる。

町内の大規模施設としては、第一海軍火薬廠跡地に誘致された船岡駐屯地、仙台大学、工場などがある。

伊達騒動での主要人物である原田甲斐こと原田宗輔の城下町として知られる。

また、白石川堤一目千本桜および船岡城址公園が桜の名所として知られ、開花期には多くの観光客が集まる。

[ryoko-2]

【山】
愛宕山(標高291.2m)、猪倉山(標高245.4m)、羽山(標高212.7m)

【河川】
阿武隈川、白石川

【大学】
仙台大学

【高等学校】
柴田高等学校

【中学校】
槻木中学校、船岡中学校、船迫中学校

【小学校】
槻木小学校、柴田小学校、船迫小学校、東船岡小学校、船岡小学校、西住小学校

【特別支援学校】
船岡支援学校

【JR東日本 東北本線】
船岡駅 – 槻木駅

【阿武隈急行 阿武隈急行線】
東船岡駅 – 槻木駅

【道路】
国道4号、国道349号、宮城県道14号亘理大河原川崎線、宮城県道28号丸森柴田線、宮城県道50号白石柴田線、宮城県道52号亘理村田蔵王線、宮城県道113号船岡停車場線、宮城県道114号角田柴田線、宮城県道116号船岡停車場船迫線、宮城県道117号槻木停車場線

【名所・旧跡・観光スポット】
雨乞のイチョウ、船岡城址公園(船岡城跡)、白石川堤一目千本桜、麹屋コレクション

【祭事・催事・イベント】
しばた桜まつり、しばた紫陽花まつり、しばた曼珠沙華まつり、みやぎ大菊花展柴田大会

【著名な出身人物】
安孫子三和(漫画家)、大池唯雄(小説家)、黒瀬寛幸(ミュージシャン)、小池光(歌人)、小室達(彫刻家)、大久保初男(陸上選手)、宮城もち(女子プロレスラー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮城県柴田郡柴田町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮城県柴田郡柴田町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]