『岩手県奥州市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  岩手県
【市町村】  奥州市
【面積】  993.30km2
【人口】  112,742人(2020年11月1日)
【人口密度】  114人/km2
【市役所】  岩手県奥州市水沢区大手町一丁目1番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

2006年に、水沢市・江刺市、胆沢郡前沢町・胆沢町・衣川村が新設合併して誕生した。

東北地方の中部、岩手県の内陸南部に位置する、県内第二の人口を擁する市。

奥州市は、西側を奥羽山脈、東側を北上山地で挟まれる北上盆地の南部に位置する。

北は花巻市・北上市・西和賀町・金ケ崎町、南は一関市・平泉町、東は遠野市・住田町、西は秋田県東成瀬村に接している。

奥州市最高峰の焼石岳を主峰とする西部地域の焼石連峰は、ブナの原生林が多く残されている。

また、北上川東側には、北上山地につながる田園地帯が広がり、東端部には、種山高原、阿原山高原が連なっており、地域全域が緑のあふれる豊かな自然に恵まれている。

主な可住地は、東流する胆沢川によって拓かれた広さ2万ヘクタールで日本最大級の胆沢扇状地、その扇端の東側を南北に流れる北上川が形成した河岸段丘、および、その他の小河川沿い平地や高原地域となっている。

可住地面積は443.69km2であり全国で7位(岩手県内でも1位)である。

岩手県の可住地率は低いが、当市は北上盆地の恩恵を受けているといえる。

人口は約12万人で、県内では盛岡市についで第2位の人口規模となる。

総面積は993.35平方キロメートルと広大で、東京都(2188.68平方キロメートル)の2分の1弱の広さがあり、県内では宮古市、一関市についで第3位の面積を有する。

土地の利用状況は、総面積のうち、田が、17.7%、畑が4.8%、宅地が3.5%、山林が44.1%で、農地の割合が高く、稲作を中心とした複合型農業により、県内屈指の農業地帯となっている。

肥沃な大地からは前沢牛、江刺りんご、江刺金札米などの有名な農産物を生産している。

また、交通の利便性の良さを背景に県内でも屈指の商業集積が進み、工業団地等が整備され、農・工・商のバランスがとれた産業基盤が特徴である。

胆江地方は古代東北の歴史舞台の中心地として知られ、角塚古墳、胆沢城跡、衣川遺跡群など数多くの史跡が残されている。

市中心部の水沢地区からは幕末から近現代にかけて多くの偉人を輩出しており、特に高野長英、後藤新平、斎藤実は水沢三偉人としてそれぞれ資料館や生家など史跡も多く残されている。

奥州藤原氏に起源を持つ南部鉄器、岩谷堂箪笥、秀衡塗などの伝統産業や、日高火防祭などの祭典も多く、基幹産業の事業展開が図られている。

旧奥州街道および東北本線は、扇端沿いで河岸段丘上の水沢区の中心地域を南北に通っているが、段丘崖下の段丘面を通る国道4号沿いには新しい市街地が形成され、大規模なロードサイド店舗の進出が見られる。

東北新幹線・水沢江刺駅は、その対岸(北上川東岸)に位置している。

市内商業集積地である水沢地区は、江戸時代から昭和末期まで商人の町として栄えた。

その中心街である水沢駅西側は1990年代中頃まで従来の商店の他にマルサンデパート、マルカンデパート、ダイコー、三春屋(後のダイエー)、ジャスコなどの大型商店が進出し、中心市街地の規模では県都盛岡に次ぐ都市として栄えた。

しかしバブル経済崩壊後の平成不況や、旧大店法が廃止された2000年以降の水沢駅東部及び前沢駅東部の国道やバイパス沿いへの大型店進出などの影響により、駅前のアーケードはシャッター通りとなり全国の地方都市と同様に中心市街地が空洞化している。

胆江地域では古くから伝統工芸品や工業用部品(鋳物・木工品・繊維・魚網)などを製造する諸工業が古くから発達していたが、産業構造の変化により、既存の諸工業は最盛期を過ぎ、変わって政策的誘致による電子部品組立工場が立地。

近年になり自動車組立工場とその関連工場が隆盛を極めている。

市郊外にある江刺中核工業団地、江刺フロンティアパーク、本杉工業団地(前沢)などへの企業誘致により、奥州市の製造品出荷額は約2,500億円と、県内では隣接する金ケ崎町、北上市に次いで第3位となっている。

市内には東京エレクトロンの拡散炉・減圧CVD装置の製造拠点である東京エレクトロン テクノロジーソリューションズが進出しているほか、近年はトヨタ自動車が東北地方をコンパクトカー生産の拠点と位置づけており、主にアクア・ラクティス・イストを製造しているトヨタ自動車東日本岩手工場(金ケ崎町)の増産に伴い、市内の関連する自動車産業が活性化している。

また、伝統産業の一つである南部鉄器が近年経済成長が著しい中国の富裕層に人気で、中国市場からの発注が伸びている。

農業の面では全国有数の農業県である岩手県のなかで、奥州市は市町村別農業生産額がトップとなっている。

市内には数多くの名所・旧跡、レジャー施設が点在。

奥州市観光物産協会が中心となり祭典や物産、グルメなどを交えながらPRしている。

しかし、南に世界遺産の中尊寺や毛越寺などを有する平泉町、北に温泉地や宮沢賢治といった観光資源がある花巻市があり、どうしても通過点として埋没しがちで、周辺の有名観光地ほど認知度も高くないといった課題を抱えている。

宿泊施設は東北本線の水沢駅周辺に集中。

そのほかは江刺区や郊外の温泉地に点在する。

地元資本のホテルや旅館がほとんどで、域外資本のビジネスホテルチェーンはホテルルートイン奥州のみ。

東北新幹線の水沢江刺駅周囲には宿泊施設がない。

[ryoko-2]

【特産品】
前沢牛、江刺りんご、いわて奥州牛、江刺牛、江刺金札米、岩谷堂羊羹、奥州はっと、亀の子煎餅、卵めん、金婚漬、胆沢ピーマン、地酒、ハトムギ、ガルギール、どぶろく

【伝統産業】
南部鉄器、岩谷堂箪笥、秀衡塗

【山】  
焼石岳(1547.9m)、種山ヶ原(870m)、束稲山(595m)

【河川】
北上川、胆沢川、乙女川、人首川、衣川

【専修学校】
水沢学苑看護専門学校

【高等学校】
水沢高等学校、前沢高等学校、岩谷堂高等学校、水沢商業高等学校、水沢工業高等学校、水沢農業高等学校、杜陵高等学校奥州校、水沢第一高等学校

【中学校】
水沢中学校、東水沢中学校、水沢南中学校、江刺第一中学校、田原中学校、江刺南中学校、江刺東中学校、前沢中学校、胆沢中学校、衣川中学校

【小学校】
水沢小学校、水沢南小学校、常盤小学校、佐倉河小学校、真城小学校、姉体小学校、羽田小学校、黒石小学校、岩谷堂小学校、江刺愛宕小学校、田原小学校、大田代小学校、藤里小学校、伊手小学校、人首小学校、木細工小学校、玉里小学校、梁川小学校、広瀬小学校、稲瀬小学校、前沢小学校、南都田小学校、若柳小学校、胆沢愛宕小学校、胆沢第一小学校、衣川小学校、衣里小学校

【特別支援学校】
前沢明峰支援学校

【JR東日本 東北本線】
前沢駅 – 陸中折居駅 – 水沢駅

【道路】
国道4号、国道107号、国道343号、国道397号、国道456号、岩手県道8号水沢米里線、岩手県道10号江刺室根線、岩手県道14号一関北上線、岩手県道27号江刺東和線、岩手県道37号花巻平泉線、宮城県道・岩手県道49号栗駒平泉線、岩手県道106号前沢東山線、岩手県道108号江刺金ケ崎線、岩手県道113号水沢停車場線、岩手県道156号岩明岩谷堂線、岩手県道174号小友米里線、岩手県道175号陸中折居停車場線、岩手県道179号玉里梁川線、岩手県道196号胆沢金ケ崎線、岩手県道197号田原折居線、岩手県道226号佐倉河真城線、岩手県道236号衣川水沢線、岩手県道237号長坂束稲前沢線、岩手県道243号新城馬口沢線、岩手県道251号玉里水沢線、岩手県道255号広瀬三ケ尻線、岩手県道262号沖田田原線、岩手県道270号西根佐倉河線、岩手県道283号衣川前沢線、岩手県道287号口内伊手線、岩手県道302号前沢北上線

【名所・旧跡・観光スポット】
栗駒国定公園焼石連峰、北上川、イーハトーブの風景地、五輪峠、種山ヶ原、胆沢ダム、奥州湖、衣川の星空、徳水園、衣の滝、胆沢の散居集落、種山高原星座の森、阿原山高原、束稲山、大清水上遺跡、角塚古墳、胆沢城跡、白鳥舘遺跡、長者ヶ原廃寺跡、接待館遺跡、雲際寺、豊田館跡、安倍館跡、高野長英旧宅、正法寺、黒石寺、駒形神社、日高神社、愛宕神社、黒石の十三塚、水沢の侍町、旧高橋家住宅、旧後藤家住宅、明治記念館、蔵町通り、旧木細工中学校、えさし藤原の郷、とうほくニュージーランド村

【博物館・記念館】
国立天文台水沢VLBI観測所、奥州宇宙遊学館、木村栄記念館、高野長英記念館、後藤新平記念館、斎藤実記念館、菊田一夫記念館、後藤伯記念公民館、後藤新平旧宅、乙女川先人館、明治記念館、奥州市牛の博物館、奥州市武家住宅資料館、奥州市消防記念館、奥州市埋蔵文化財調査センター、奥州市伝統産業会館 キューポラの館、めんこい美術館、えさし郷土文化館、胆沢郷土資料館、胆沢ダム学習館、衣川歴史ふれあい館

【祭事・催事・イベント】
熊野神社蘇民祭(1月)、黒石寺蘇民祭(2月)、全日本農はだてのつどい(2月)、奥州水沢くくり雛まつり(3月)、日高火防祭り(4月)、羽田火防祭(4月)、奥州前沢春まつり(4月)、前沢桜まつり(お物見公園桜まつり)(4月)、江刺桜まつり(4月)、水沢公園花まつり(4月)、水の郷さくらまつり(4月)、子供騎馬武者行列(5月)、江刺甚句まつり(5月)、奥州きらめきマラソン(5月)、前沢牛まつり(6月)、平泉やぶさめ(6月)、種山高原山開き(6月)、奥州市南部鉄器まつり(7月)、奥州前沢よさこいFesta(7月)、奥州水沢夏祭り(8月)、むらまつり(8月)、前沢夏まつり(8月)、奥州ころもがわ祭り(8月)、みちのく盂蘭盆まつり(8月)、アテルイ歴史の里まつり(9月)、奥州YOSAKOI in みずさわ(9月)、水沢産業まつり(10月)、奥州水沢グルメまつり、江刺産業まつり(10月)、鬼剣舞、南下幅念仏剣舞、化粧坂念仏剣舞、川西念仏剣舞、江刺鹿踊り

【著名な出身人物】
大瀧詠一(ュージシャン)、松本哲也(シンガーソングライター)、吉田達也(ミュージシャン)、秀一(LONG SHOT PARTY)、桂枝太郎(落語家)、小牧正英(バレエダンサー)、酒井くにお・とおる(漫才師)、鈴木裕貴(俳優)、鈴々木保香(タレント)、安部香里(ローカルタレント)、久慈暁子(アナウンサー)、純恋(ファッションモデル)、一城みゆ希(声優)、高橋直純(シンガーソングライター)、阿部渉(アナウンサー)、小野礼子(アナウンサー)、田中康男(アナウンサー)、津田禎(アナウンサー)、北條愁子(アナウンサー)、大谷翔平(プロ野球選手)、飯尾一慶(サッカー選手)、菊池忍(サッカー指導者)、千葉慎也(バスケットボール選手)、鈴木未来(バレーボール選手)、北條純一(ラグビー選手)、那須川瑞穂(陸上競技選手)、岩手富士祐一(大相撲力士)、及川煌久(大相撲力士)、前田川克郎(大相撲力士)、徹肌ィ郎(総合格闘家)、石川修司(プロレスラー)、及川裕奨(競輪選手)、菅原勲(騎手)、菅原俊吏(騎手)、小嶋久輝(騎手)、小林俊彦(騎手)、佐藤雅彦(騎手)、村上忍(騎手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

岩手県奥州市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【岩手県奥州市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]