『北海道厚岸郡浜中町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  厚岸郡浜中町
【面積】  423.63km2
【人口】  5,672人(2020年9月30日)
【人口密度】  13.4人/km2
【町役場】  北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道釧路総合振興局管内の厚岸郡にある町。

町名の由来は、アイヌ語「オタノシケ」(砂浜の真ん中)を意訳したもの。

この砂浜は、現在の榊町から暮帰別にかけての海岸をあらわす。

幾度も津波被害にあったことから、海岸沿いの陸地に総延長17キロメートルにも及ぶ防潮堤が建設され、全国初の津波防災ステーションがつくられた。

街が城壁に囲まれたような光景が見られる。

釧路総合振興局東南部に位置、太平洋に面する沿岸の町。

役場は湯沸島(霧多布島)の霧多布(きりたっぷ)地区に設置。釧路市から東に約80km、根室市から西に約50kmの位置にある。

太平洋に面し、浜中湾および琵琶瀬湾を形成。

北部は丘陵が広がり、国道44号が東西に縦貫する。

南部は面積約3,168ヘクタールの霧多布湿原を有する平野になっている。

夏は濃霧が発生しやすく、気温があまり上がらない。

1963年(昭和38年)に町制施行となり浜中町となる。

浜中町は気候に恵まれているため、産業が発展している。

北部の内陸部では酪農が盛んである。

生産される生乳は高品質で、高級アイスクリーム「ハーゲンダッツ」や乳酸菌飲料「カルピス」の原料などで使用されている。

また、南部の海岸地帯では漁業(昆布、ホッキなど)が盛んである。

特に、天然昆布は日本有数の生産量を誇る。

また昆布を主食とするには日本最高峰の味とも言われている。

主要な港は霧多布港・散布港。

[ryoko-2]

【山】
湯沸山

【河川】
琵琶瀬川

【高等学校】
霧多布高等学校

【中学校】
霧多布中学校、茶内中学校、浜中中学校

【小中学校】
散布小中学校

【小学校】
霧多布小学校、茶内小学校、浜中小学校

【JR北海道 根室本線(花咲線)】
茶内駅 – 浜中駅 – 姉別駅

【道路】
国道44号、北海道道123号別海厚岸線、北海道道142号根室浜中釧路線、北海道道449号別海浜中停車場線、北海道道506号茶内停車場線、北海道道599号火散布茶内停車場線、北海道道807号円朱別原野茶内線、北海道道808号琵琶瀬茶内停車場線、北海道道813号上風連大別線、北海道道988号貰人姉別原野線、北海道道1039号霧多布岬線

【名所・旧跡・観光スポット】
霧多布岬、ルパン三世通り、アゼチ岬、霧多布湿原、霧多布温泉ゆうゆ、酪農展望台、琵琶瀬展望台、ムツゴロウ動物王国、ウラヤコタン異国船上陸地

【祭事・催事・イベント】
ルパン三世フェスティバルin浜中町、浜中うまいもん市(7月)、岬まつり(9月)、牧場祭、やっ茶内雪まつり(やっちゃう)

【著名な出身人物】
モンキー・パンチ(漫画家)、大野勝巳(外交官)、奥田仁(経済学者)、上田和男(バーテンダー)、長澤幸太(ばんえい競馬騎手)、武藤祐貴(プロゴルファー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道厚岸郡浜中町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道厚岸郡浜中町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]