『北海道厚岸郡厚岸町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  厚岸郡厚岸町
【面積】  739.26km2
【人口】  9,095人(2020年9月30日)
【人口密度】  12.3人/km2
【町役場】  北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道釧路総合振興局にある町。

北海道の南東部に位置しており、天然の良港を形成している厚岸湾が深く入り込んで厚岸湖に通じている。

東西35.5 km、南北45.1 kmあり、釧路市から約48 km、根室市から約78 kmにある。

標高は156 mが最高であり、60 m~80 mの丘陵や湿原で覆われている。

太平洋沿岸は奇岩に富んでおり、厚岸湾口には大黒島、小島がある。

大黒島はコシジロウミツバメやオオセグロカモメ、ウミウ、ケイマフリの生息地になっており、国の「天然記念物」に指定されているほか、「大黒島鳥獣保護区」と「厚岸・別寒辺牛霧多布鳥獣保護区」は国の「特別鳥獣保護区」に指定されている。

また、厚岸湖と別寒辺牛は「厚岸湖・別寒辺牛湿原」として「ラムサール条約」登録湿地になっている。

厚岸町に隣接する釧路町から浜中町にかけてのエリアは「厚岸道立自然公園」になっている。

1900年(明治33年)に1級町村制施行され4町7村が合併した厚岸町となる。

厚岸町の人口は1960年(昭和35年)の「国勢調査」で20,185人に達したが、その後は減少を続けて2010年(平成22年)の「国勢調査」には10,630人とほぼ半減した。

厚岸町の産業別就業者数は、2015年(平成27年)の「国勢調査」によると第一次産業が30.46 %、第二次産業が21.93 %、第三次産業が47.24 %になっている。

漁港は釧路管内唯一の第3種漁港「厚岸漁港」、第1種漁港「床譚漁港」があり、漁業はサケ・マスの流し網やサンマ棒受網・流し網の沖合漁業、篭漁業や刺し網、採貝・採藻の沿岸漁業、カキ養殖が主体の養殖漁業に大きく分けられ、カキの養殖は概ね宮城系の稚貝を利用して厚岸独自のシングルシード方式による種苗生産体制を構築している。

千島列島を南下する親潮の流れ、汽水湖の厚岸湖があることなどから豊富な海産物に恵まれており、主な魚介類は水揚げ高順にサンマ、コンブ、サケ・マス、アサリ、カキがある。

厚岸漁港には厚岸漁業協同組合が開設者の地方卸売市場があり、背後には水産加工業が発達しているほかに冷蔵関連産業などが立地しており、水産業は厚岸町の基幹産業になっている。

農業は、1890年(明治23年)に太田村(現在の厚岸町太田)に屯田兵440戸が入植したことに始まり、1899年(明治32年)には尾幌地区において27戸が入植して開墾が始まった。

また、国有未開拓地の開放によって1949年(昭和24年)頃から194戸が入植して農業を営み始めたが、冷涼な気候や土壌などの厳しい自然条件があったため酪農への転換を図り、厚岸町の基幹産業になるまで発展した。

1996年(平成8年)には上尾幌地区に「厚岸町きのこ菌床センター」を建設して菌床の供給(菌床栽培)を開始しており、北海道内有数となる生椎茸(シイタケ)の生産地になっている。

観光では毎年40万人前後の観光客が訪れており、日帰り観光が中心になっている。

厚岸には古くからカキが生息し、食べられていたと思われる遺跡があり、一説によると厚岸の地名はアイヌ語の「アッケケシ」(牡蠣の獲れるところ)に由来していると言われている。

現在は養殖のカキが主になっており、汽水湖の厚岸湖と厚岸湾を養殖カゴごと移動させ、水温の差を利用して産卵時期を調整することによって1年を通してカキを生産している。

厚岸では「カキえもん」、「マルえもん」、「ナガえもん」のカキを生産しているほか、2016年(平成28年)からホタテの貝殻を用いて人工種苗した「弁天かき」の販売を始めている。

カキのほかにも魚介類が豊富にあり、アサリやコンブ、厚岸漁業協同組合が鮮度や品質を保証する厚岸沖の大黒島に因んだ「大黒ブランド」の海産物(「大黒さんま」、「大黒時さけ」、「大黒毛がに」、「大黒しまえび」、「大黒ししゃも」)がある。

酪農も盛んであり、夏に発生する海霧が牧場に豊富なミネラル分を運んでくるため、ミネラルを摂取した乳牛から濃厚な牛乳が生まれる。

2016年(平成28年)からは堅展実業が道東では初となる本格的なウイスキー(ジャパニーズ・ウイスキー)の蒸溜を「厚岸蒸溜所」で始めており、数年内に日本国内外で販売する計画である。

[ryoko-2]

【名産・特産】
サンマ(大黒さんま、鮮さんま)、コンブ(棹前昆布、おに昆布、あつば昆布、長昆布)、アサリ(アサリえもん)、カキ(カキえもん、マルえもん、ナガえもん、弁天かき)、オイスターソース、かきの燻製、かきの佃煮、かきカレー、牡蠣最中、シイタケ

【河川】
別寒辺牛川、尾幌川、ルークシュポール川

【高等学校】
厚岸翔洋高等学校

【中学校】
厚岸中学校、真龍中学校、太田中学校

【小学校】
厚岸小学校、真龍小学校、太田小学校

【保育所】
真竜保育所、宮園保育所、太田へき地保育所

【幼稚園】
厚岸カトリック幼稚園、厚岸さくら幼稚園

【JR北海道 根室本線(花咲線)】
上尾幌駅 – 尾幌駅 – 門静駅 – 厚岸駅 – 糸魚沢駅

【道路】
国道44号、北海道道14号厚岸標茶線、北海道道123号別海厚岸線、北海道道142号根室浜中釧路線、北海道道221号塘路厚岸線、北海道道425号厚岸停車場線、北海道道813号上風連大別線、北海道道955号床潭筑紫恋線、北海道道1128号厚岸昆布森線

【道の駅】
厚岸グルメパーク

【文化財】
大黒島海鳥繁殖地、国泰寺跡、正行寺本堂、蝦夷三官寺国泰寺関係資料、正行寺鐘楼、厚岸床潭沼の緋鮒生息地、厚岸神岩チャシ跡及び竪穴群、太田屯田兵屋、色古丹松、老桜樹、逆水松、太田屯田の赤松、太田屯田の桑並木、お供山チャシ跡群、チカラコタン竪穴群、ホロニタイ竪穴群、筑紫恋入口竪穴群、筑紫恋チャシ跡、国泰寺什器書画古文書、仏牙舎利塔、太田屯田兵遺品、池田家古文書、太田西野家行のう帳、厚岸湖牡蠣島弁天神社弁財天座像、鹿島稲荷神社祭神御堂、蝦夷錦、厚岸かぐら

【名所・旧跡・観光スポット】
原生花園あやめヶ原、ピリカウタから望む小島・大黒島、桜の名所 子野日公園、国泰寺とバラサン岬、愛とロマンの愛冠岬、厚岸大橋と牡蠣島、あっけし望洋台、北海のパノラマ 苫多海岸、緑の大地 町営牧場、別寒辺牛湿原、厚岸町海事記念館、厚岸町緑のふるさと公園、愛冠野営場(筑紫恋キャンプ場)、厚岸町太田屯田開拓記念館、厚岸水鳥観察館

【祭事・催事・イベント】
カキDEござ~る(2月)、あっけし桜・牡蠣まつり(5月)、あっけしあやめまつり(6月~7月)、厚岸港まつり(7月)、厚岸夏まつり(7月)、あっけし牡蠣まつり(10月)

【著名な出身人物】
佐藤綾乃(スピードスケート選手)、佐藤龍世(プロ野球選手)、波佐谷灯子(女子サッカー選手)、クロ(TAMTAM)、こまどり姉妹(歌手)、ロッキー羽田(元プロレスラー)、清晃剛(元大相撲力士)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道厚岸郡厚岸町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道厚岸郡厚岸町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]