『北海道中川郡池田町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  中川郡池田町
【面積】  371.79km2
【人口】  6,512人(2020年7月31日)
【人口密度】  17.5人/km2
【町役場】  北海道中川郡池田町字西1条7丁目11番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町。

町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られている。

十勝総合振興局管内東部に位置。

十勝平野の東縁にあたり、平坦な土地が多く目立った山はない。

南西の幕別町との境界を十勝川が流れ、その支流である利別川が町域中央を南北に貫流する。

十勝川の河道が切り替えられるまでは池田町の中心市街付近で利別川と合流しており、明治時代には河港として栄えていた。

もともと現在の池田市街にあたる十勝川と利別川の旧合流点一帯はアイヌ語で「貝殻・の処・の傍」を意味する「セイオㇿサㇺ(sei-or-sam)」と呼ばれており、和人はこれに漢字をあて「凋寒(しぼさむ)」と呼んだ。

しかし、1904年(明治37年)に現在の根室本線にあたる鉄道が開通した際、池田仲博(徳川慶喜の五男)による「池田農場」の敷地内に駅が設置され、池田駅と命名された。

その後、村名についても、1913年(大正2年)4月1日に川合村への改称を経て、1926年(大正15年)7月1日の町制施行時に「池田」を町名とした。

畑作はインゲンマメや小豆などの豆類、テンサイ、ばれいしょが中心。

タマネギ、ネバリスター等の野菜の作付けも増えている。

畜産は肉用牛が主だが、酪農も行われる。

またブドウの耐寒性品種の栽培も行われており、町営工場でワインも製造され十勝ワインの名で知られる。

小規模ながら水田もある。

[ryoko-2]

【河川】
十勝川、利別川

【高等学校】
池田高等学校

【中学校】
池田中学校

【小学校】
池田小学校、高島小学校、利別小学校

【JR北海道 根室本線】
利別駅 – 池田駅

【道路】
国道242号、北海道道31号音更池田線、北海道道73号帯広浦幌線、北海道道236号勇足池田線、北海道道237号池田停車場高島線、北海道道496号下居辺高島停車場線、北海道道882号利別牛首別線、北海道道974号東台留真線

【文化財】
十日川5遺跡出土遺物、林務署遺跡出土遺物、池田3遺跡出土遺物

【名所・旧跡・観光スポット】
清見ヶ丘公園、千代田堰堤、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所、いけだワイン城、DCTgarden IKEDA、キャスルランドいけだ、まきばのいえ

【祭事・催事・イベント】
秋のワイン祭り(10月)、いけだでナイト

【著名な出身人物】
美濃政市(政治家)、丸谷金保(政治家)、吉田美和(歌手・DREAMS COME TRUE)、大和田夏希(漫画家)、島本和彦(漫画家)、佐藤秀峰(漫画家)、前田睦彦(スピードスケート選手)、及川佑(スピードスケート選手)、長島圭一郎(スピードスケート選手)、田中康平(サッカー選手)、松岡禎丞(声優)、木呂子敏彦(アイヌ史研究家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道中川郡池田町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道中川郡池田町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]