『北海道中川郡幕別町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  中川郡幕別町
【面積】  477.64km2
【人口】  26,470人(2020年7月31日)
【人口密度】  55.4人/km2
【町役場】  北海道中川郡幕別町本町130-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道中川郡にある町。

町名は、アイヌ語の「マクンベツ」(山際を流れる川)が転訛したものと言われている。

十勝中央部よりやや南に位置しており、西は帯広市、北及び北東は十勝川を境にして音更町、池田町、東は豊頃町、南は大樹町と更別村に接している。

幕別町の位置する十勝平野は主に丘陵地や台地によって形成しており、幕別地域の北を十勝川、西を札内川、中央を猿別川と途別川が流れているほか、小河川が各所に流れている。

忠類地域は大樹町や更別村の台地に向かって階段状に標高を増して丘陵地を形成しているが、一部には緩波状地もある。

東部・南部・北部の三方は森林資源の豊富な標高200 mから300 mの山々に囲まれている。

また、地域の中央部を北西から南東に当縁川が流れている。

幕別町の気候は、亜寒帯に属した内陸性気候である。

幕別町は3地区(幕別地区・札内地区・忠類地区)がそれぞれ市街地を形成している。

横ばい傾向が続いている人口も、帯広市のベッドタウンとして整備された札内地区に比べ、幕別地区や忠類地区では急激な人口減少が見込まれるなど、地域間に人口の隔たりが見られる。

また、出生数の減少や高齢者数の増加に伴う死亡数の増加により、町全体でも人口減少が見込まれている。

1946年(昭和21年)に幕別村が町制施行し、幕別町となる。

幕別町の農業は、札内地区や南幕別地区においては畑作物や野菜生産、忠類地区においては酪農を主体としている。

耕種においては、ナガイモの作付面積や生産量が全国トップクラスとなっているほか、忠類地区でのユリ根の生産など、気象条件や土地条件を活かした作物の栽培が増加している。

酪農・畜産では幕別地区においては中小規模の酪農経営、黒毛和種の繁殖経営などが耕種と複合して行われているが、忠類地区においては大規模酪農専業経営とともに多彩な形態の経営が展開している。

また、町内で発生する家畜ふん尿や麦わら、豆がらなどの圃場副産物を活用した有機質肥料を圃場に還元する土づくりを推進している。

工業団地は札内地区に「リバーサイド幕別工業団地」「札内東工業団地」がある。

町内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「トカプチ雄大空間」、大雪—富良野—十勝を結ぶ「北海道ガーデン街道」になっている。

幕別町には特徴的な農産物がある。

「和捻じょ」は1998年(平成10年)に長芋選果施設から偶然見つかった毛や毛穴がないナガイモであり、通常の長芋よりも甘みが強いのが特徴となっている。

「越冬長ねぎ」は5月中旬に種をまいて翌年4月下旬に収穫する長ネギであり、雪の下で春を待ち続けるため柔らかく良い香りがする。

忠類地区で1962年(昭和37年)から栽培している「ユリ根」は、日本全国に出荷している。

幕別町は「大正金時」発祥の地であり、幕別町途別に住んでいた中村豊語が帯広市の修行所から購入した「金時」という品種を栽培している畑の中から早生で大粒の1株を発見し、当時の大正村(現在の帯広市の一部)で量産したことから、1955年(昭和30年)に「大正金時」として銘柄設定された。

赤紫色が鮮やかなことから「赤いんげん豆」(インゲンマメ)とも呼ばれている。

また、地元産の原料や食材を活かした加工食品、パークゴルフの発祥地であることからクラブなどの用具を製造・販売している。

[ryoko-2]

【名産・特産】
馬鈴薯、ニンジン、タマネギ、小麦、大豆、小豆、てん菜、大根、乳牛、肉牛

【山】
大須賀山 (331 m)、丸山

【河川】
十勝川、札内川、途別川、稲士別川、旧途別川、猿別川、当縁川

【高等学校】
幕別清陵高等学校、幕別高等学校

【中学校】
幕別中学校、糠内中学校、札内中学校、札内東中学校、忠類中学校

【小学校】
幕別小学校、糠内小学校、古舞小学校、明倫小学校、白人小学校、途別小学校、札内南小学校、札内北小学校、忠類小学校

【特別支援学校】
北海道中札内高等養護学校幕別分校

【幼稚園】
わかば幼稚園、幕別幼稚園

【保育所】
幕別中央保育所、札内さかえ保育所、札内北保育所、札内青葉保育園、札内南保育園、途別へき地保育所、古舞へき地保育所、明倫へき地保育所、糠内へき地保育所、駒畠へき地保育所、忠類へき地保育所

【JR北海道 根室本線】
札内駅 – 幕別駅

【道路】
国道38号、国道236号、国道242号、国道336号、北海道道15号幕別大樹線、北海道道62号豊頃糠内芽室線、北海道道151号幕別帯広芽室線、北海道道210号尾田豊頃停車場線、北海道道238号更別幕別線、北海道道260号幕別停車場線、北海道道319号生花大樹線、北海道道441号札内停車場線、北海道道503号明倫幕別停車場線、北海道道657号美成忠類停車場線、北海道道716号駒畠更別線、北海道道773号萠和大樹停車場線、北海道道962号愛国停車場古舞線

【道の駅】
忠類

【文化財】
札内N遺跡出土品、幕別町蝦夷文化考古館収蔵品、どさんこ甚句、糠内獅子舞、ヒカリゴケ

【名所・旧跡・観光スポット】
明野ケ丘公園、魚道観察室ととろーど、幕別温泉、十勝ヒルズ、丸山展望台、道の駅忠類、ナウマン温泉、幕別町忠類ナウマン象記念館、シーニックカフェちゅうるい、パークゴルフ場、札内川ゴルフ場、帯広国際カントリークラブ、明野ケ丘スキー場、白銀台スキー場

【祭事・催事・イベント】
忠類ナウマン全道そり祭り(2月)、幕別町畜産祭り(6月)、北海道知事杯パークゴルフ国際大会(6月~7月)、札内夏まつり(7月)、まくべつ夏フェスタ(7月)、ちゅうるい夏まつり(8月)、忠類ふるさと盆踊り大会(8月)、まくべつ盆踊り(8月)、まくべつ産業まつり(10月)、忠類どんとこいむら祭り(10月)

【著名な出身人物】
荒川弘(漫画家)、今城和智(アイスホッケー選手)、上田文雄(政治家)、勝山稔(歴史学者)、加藤哉子(歌手)、カミシマチナミ(デザイナー)、桑井亜乃(女子ラグビー選手)、篠原雅人(元スピードスケート選手)、高木菜那(スピードスケート選手)、高木美帆(スピードスケート選手)、武田伸一(画家)、武田美佐江(元スピードスケート選手)、多田護(アナウンサー)、十夜千里(漫画家)、福島千里(陸上競技選手)、古谷優人(プロ野球選手)、万城目正(作曲家)、松野陽介(ギタリスト)、山本幸平(自転車競技選手)、吉田菊太郎(アイヌ民族運動家)、和多田進(ジャーナリスト)、渡部重十(地球物理学者)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道中川郡幕別町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道中川郡幕別町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]