『北海道河西郡中札内村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  河西郡中札内村
【面積】  292.58km2
【人口】  3,927人(2020年7月31日)
【人口密度】  13.4人/km2
【村役場】  北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道十勝総合振興局にある村。

北海道内の村の中で最も人口が多い。

村名は、アイヌ語で「乾く・川」を意味する「サッ・ナイ」に由来している札内川の中央より上流一帯に村が位置していることから名づけられた。

札内川は、夏期と冬期の一時期に中流地域で流水が堆積した砂利層で伏流水となることで表流水がみられないことから「乾く川」と呼ばれた。

十勝平野南西部に位置し、日高山脈中央部に源を発する札内川流域に広がっている。

村の西部は日高山脈襟裳国定公園になっており、札内川上流は日本国内最大級のケショウヤナギ群生地として希少価値がある。

十勝幌尻岳(ポロシリ)は国の名勝「ピㇼカノカ」の1つに指定されている。

夏期は20℃前後、冬期はマイナス10℃前後と年間を通して寒暖の差が激しいのが特徴。

1947年(昭和22年)に大正村(現在の帯広市)から幸震村、売買村、幕別村(現在の幕別町)の一部が分村し、中札内村誕生。

基幹産業は農業。

1985年(昭和60年)には「有機農業の村」を宣言し、「土から出たものは土に返せ」を合言葉に農畜産物の生産を行っている。

村内を鉄道路線は通っていない。

1987年2月まで国鉄広尾線が通っており、中札内駅があった。

村内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「南十勝夢街道」、大雪—富良野—十勝を結ぶ「北海道ガーデン街道」になっている。

1991年(平成3年)3月、地域の活性化とイメージアップを図るためシンボルマークやキャッチフレーズなどを募集し、審査委員会で「ピータン」が誕生した。

中札内特産を組み合わせたひよこで、ピヨピヨひよこの「ピー」と中札内村の景勝地ピョウタンの滝の「タン」を組み合わせて「ピータン」という愛称になった。

[ryoko-2]

【山】
カムイエクウチカウシ山(1,979 m)、札内岳(1,896 m)、十勝幌尻岳(1,846 m)

【河川】
札内川、八ノ沢、戸蔦別川

【中学校】
中札内中学校

【小学校】
上札内小学校、中札内小学校

【特別支援学校】
中札内高等養護学校

【保育園】
きらきら保育園、上札内保育園

【道路】
国道236号、北海道道55号清水大樹線、北海道道111号静内中札内線、北海道道240号上札内帯広線、北海道道321号中札内停車場線、北海道道1166号中札内インター線

【道の駅】
なかさつない

【文化財】
ピㇼカノカ(十勝幌尻岳)、旧杉村農場サイロ、元更別大国神社石見神楽

【名所・旧跡・観光スポット】
豆資料館(ビーンズ邸)、開拓記念館、六花の森、六科の森写真館、坂本直行記念館、百瀬智宏作品館、池田均作品館、中札内美術村、北の大地美術館、相原求一朗美術館、小泉淳作美術館、真野正美作品館、中札内農村休暇村フェーリエンドルフ、花畑牧場、北野武美術館、一本山展望タワー、札内川園地、日高山脈山岳センター、札内川園地キャンプ場、ピョウタンの滝、札内川ダム

【祭事・催事・イベント】
やまべ放流祭(7月)、中札内花フェスタ(7月~8月)、道の駅フェア(10月)、むらの風景フォトコンテスト、北の大地ビエンナーレ

【著名な出身人物】
伊藤治明(元アナウンサー)、石澤志穂(元スピードスケート選手)、押切美沙紀(スピードスケート選手)、佐藤克教(版画家)、中川学(漫画家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道河西郡中札内村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道河西郡中札内村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]