『北海道常呂郡佐呂間町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  常呂郡佐呂間町
【面積】  404.94km2
【人口】  5,016人(2020年7月31日)
【人口密度】  12.4人/km2
【町役場】  北海道常呂郡佐呂間町字永代町3-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道オホーツク総合振興局管内の常呂郡にある町。

町名の由来は、アイヌ語のサロマペッsar-oma-pet(葦原・にある・川)から。

佐呂間町はかぼちゃの生産も多く、「シンデレラ夢」というイベントが開かれる。

佐呂間町では、市町村合併協議については当初遠軽地区7町村(遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村、上湧別町、湧別町、佐呂間町)との協議を進める予定だったが、財政不安の理由で海側3町が離脱し、海側3町に常呂町を加えた協議を進める予定だったが、網走市、あるいは北見市を生活圏としてきた常呂町首脳が遠軽町に生活圏が変わることを恐れ離脱した。

3町での任意協議会が設立され、協議は順調に進めていた。

ところが、新町名をめぐって佐呂間町と常呂漁協が対立。

3町の合併後の新町名は「サロマ湖町」という案を発表したが、常呂漁協が生産地の混乱等を理由に反対。

常呂町が離脱した以上、サロマ湖町と名乗るべきではあったのだが、佐呂間町は柔軟に対応し「サロマ町」とすることを決定し、常呂町は北見市と合併する。

ところが、住民投票で湧別町が「サロマ町」という名に反対。

そのため湧別町が離脱し、協議会も解散。

佐呂間町は今後、自立か北見市(または遠軽町)との合併を余儀なくされる。

1953年(昭和28年)4月に町へ昇格、佐呂間町となる。

サロマ湖沿岸部では漁業が発達、ホタテ、カキの養殖が盛ん。

丘陵部では農業(畑作)、酪農、林業が発達。

特産品はカボチャ。

町内を鉄道路線は通っていない。

かつては湧網線が通っていたが、現在は廃止されている。

[ryoko-2]

【河川】
佐呂間別川

【湖沼】
サロマ湖

【高等学校】
佐呂間高等学校

【中学校】
佐呂間中学校

【小学校】
佐呂間小学校、浜佐呂間小学校、若佐小学校

【道路】
国道238号、国道333号、遠軽北見道路、旭峠道路、北海道道103号留辺蘂浜佐呂間線、北海道道655号仁倉端野線、北海道道685号計呂地若佐線、北海道道858号キムアネップ岬浜佐呂間線、北海道道886号知来東線、北海道道961号富武士佐呂間線

【道の駅】
サロマ湖

【名所・旧跡・観光スポット】
網走国定公園、サロマ湖、サロマ湖展望台、ビラオロ展望台、サロマ湖温泉、栃木神社、栃木橋

【祭事・催事・イベント】
サロマ湖100kmマラソン(6月)、オホーツクサイクリング(7月)、シンデレラ夢まつり(9月)

【著名な出身人物】
秋山和彦(針灸治療院院長)、沢光幸夫(元大相撲力士)、玉井大翔(プロ野球選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道常呂郡佐呂間町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道常呂郡佐呂間町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]