『北海道網走郡津別町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  網走郡津別町
【面積】  716.80km2
【人口】  4,518人(2020年7月31日)
【人口密度】  6.3人/km2
【町役場】  北海道網走郡津別町字幸町41

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道オホーツク総合振興局管内の網走郡にある町である。

町名の由来は、アイヌ語の「トゥペッ」から。

意味は「二つの川」あるいは「山の出ばなを通っている川」。

津別町は高齢化が進んでおり、人口も減少傾向が続く。

平成の大合併では、津別町・美幌町・女満別町(現・大空町)・東藻琴村(現・大空町)の4町村で合併する形を美幌町が中心となって目指し、津別町民からの署名も多かった。

ところが、この枠組みで法定協議会設置を可決したのは美幌町だけで、そのほかは全て反対している。

津別町・女満別町・東藻琴村が共通していたのは4町村の枠組みに網走市を含めての協議を求めることであった。

この枠組みに美幌町が猛反対し枠を組めなかった。

これを受けて美幌町との協議をあきらめ、敢えて北見市との協議に参加した。

津別町は北見市とのつながりはあるものの住民からの反対により協議から離脱した。

美幌町南部に隣接。

町面積の86%は森林が占める。

森林セラピー基地に認定されている。

北部は扇状地が広がり、農耕が盛ん。

南部は山岳部で森林が広がり、釧路総合振興局管内に通じる津別峠、釧北峠がある。

1946年9月10日に町に昇格、津別町となる。

町内に鉄道路線はない。

かつては国鉄相生線が通っていたが、1985年(昭和60年)4月1日に廃止されている。

[ryoko-2]

【山】
木禽岳

【河川】
網走川

【湖沼】
チミケップ湖

【高等学校】
津別高等学校

【中学校】
津別中学校

【小学校】
津別小学校

【道路】
国道240号、北海道道27号北見津別線、北海道道51号津別陸別線、北海道道494号訓子府津別線、北海道道588号屈斜路津別線、北海道道682号二又北見線、北海道道768号相生津別停車場線

【道の駅】
あいおい

【文化財】
順誓寺本堂

【名所・旧跡・観光スポット】
チミケップ湖、シゲチャンランド、津別峠、鹿鳴の滝

【祭事・催事・イベント】
津別夏まつり (7月)

【著名な出身人物】
大西重成(イラストレーター)、石橋佳奈(タレント)、山本裕美子(民謡歌手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道網走郡津別町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道網走郡津別町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]