『北海道網走市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  網走市
【面積】  471.00km2
【人口】  34,740人(2020年7月31日)
【人口密度】  73.8人/km2
【市役所】  北海道網走市南6条東4丁目

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道東部(道東地方)にある市。

オホーツク総合振興局の振興局所在地。

オホーツク総合振興局東部に位置し、オホーツク海に面している。

丘陵地が多く、市街地は網走川河口付近とその南側に続く海岸段丘上の平地にある。

北西部に能取湖、中部に網走湖、東部に濤沸湖があり、内陸部は森や農村地帯が広がり、市域は「網走国定公園」の一部となっている。

美岬にあるヤチダモの木は「森の巨人たち百選」に選定され、濤沸湖は2005年(平成17年)に「ラムサール条約湿地」に登録された。

能取湖や濤沸湖のサンゴ草(アッケシソウ)群落は秋になる湖岸を真っ赤に染め、卯原内のサンゴ草群生地は「日本紅葉の名所100選」に選定されている。

地勢は、網走川右岸の一部にある沖積土地帯を除きほとんど泥炭地で構成される平野で、網走湖は南から網走川が流れ込み、女満別川などを集めて北東部から再び網走川としてオホーツク海に流れている。

網走湖は網走川で、濤沸湖は北浜地区で海と繋がっているため汽水湖となっている。

濤沸湖の西にある藻琴湖周辺は三角州性低地を形成している。

また、市北西部にはオホーツク海に通じる海跡湖の能取湖があり、砂礫台地と岩石台地に囲まれている。

市街地南部は岩石台地で形成されている。

1947年(昭和22年)に市制施行、網走市となる。

産業別人口は第三次産業の割合が最も高く、次いで第二次産業、第一次産業となっている。

農業では北海道内有数の畑作地帯となっており、大型機械を導入した営農集団組織により麦類、馬鈴薯(ジャガイモ)、テンサイを中心とした大規模営農を展開しているほか、ダイコン、ナガイモ、ゴボウなどの野菜類や酪農、畜産も行っている。

漁業は網走沿岸において沖合底曳網、きちじ延縄、定置網、ホタテ桁、かに固定式刺網、毛がに篭などにより漁業を営んでいる。

網走市は日本最北の捕鯨基地でもあり、市内の捕鯨業者が沿岸小型捕鯨業(捕鯨)を行っている。

また、市内には湖が複数あることから内水面漁業も行われており、ホタテ、ワカサギ、シジミ、シラウオ、エビなどの漁が営まれている。

観光入込客数は年間120万人から180万人で推移しており、宿泊客の割合は26%から30%となっている。

流氷が滞在する冬期間の入込客数が多いのが特徴となっている。

1960年(昭和35年)に網走市の道立水産試験場で「無塩冷凍すり身」の技術が開発されたため、網走はすり身発祥の地になっている。

スケトウダラ、サケ・オホーツクサーモン(カラフトマス)、キンキ、ワカサギ、シラウオ、シジミは網走の代表的な魚介類となっている。

ほかには地ビールの「網走ビール」、ブランド和牛の「オホーツクあばしり和牛」などがある。

ご当地グルメとしては、オホーツクサーモンと塩だけで熟成、ろ過した天然の調味料「白魚醤油」に漬け込んだザンギ(から揚げ)を使用した「オホーツク網走ザンギ丼」、オホーツクの魚介類と網走発祥のすり身をオホーツク土器に見立てた特製の鍋で食べる「モヨロ鍋」、オホーツク産のホタテ干貝柱を使用した「オホーツク干貝柱塩ラーメン」、「オホーツク流氷カリー」がある。

民芸品では、アイヌ語で「木の小さな子または人形」という意味で「幸運のお守り」として作られてきた「ニポポ」、北方系少数民族ウィルタの伝統紋様「イルガ」をモチーフにした「サハリンイルガ」がある。

[ryoko-2]

【マスコットキャラクター】
ニポネ

【山】
三眺山、天都山(207 m)、大観山

【河川】
卯原内川、網走川、車止内川、藻琴川、浦士別川

【沼湖】
能取湖、リヤウシ湖、網走湖、藻琴湖、濤沸湖、卯原内ダム

【大学】
東京農業大学 オホーツクキャンパス

【専修学校】
網走高等看護学院、網走文化専門学校

【高等学校】
網走南ヶ丘高等学校、網走桂陽高等学校

【中学校】
第一中学校、第二中学校、第三中学校、第四中学校、第五中学校

【小中学校】
呼人小中学校

【小学校】
網走小学校、中央小学校、西小学校、潮見小学校、南小学校、西が丘小学校、東小学校、白鳥台小学校

【特別支援学校】
北海道網走養護学校、日本体育大学附属高等支援学校

【保育園】
すずらん保育園、たんぽぽ保育園、ひまわり保育園

【幼稚園】
網走幼稚園、網走若葉幼稚園、網走藤幼稚園、桂幼稚園、潮見幼稚園

【JR北海道 石北本線】
呼人駅 – 網走駅

【JR北海道 釧網本線】
網走駅 – 桂台駅 – 鱒浦駅 – 藻琴駅 – 北浜駅

【道路】
国道39号、国道238号、国道244号、国道334号、北海道道23号網走停車場線、北海道道76号網走公園線、北海道道102号網走川湯線、北海道道104号網走端野線、北海道道246号小清水女満別線、北海道道248号嘉多山美幌線、北海道道467号栄浜小清水線、北海道道490号中園網走停車場線、北海道道591号嘉多山卯原内停車場線、北海道道683号大観山公園線、北海道道767号明生北浜線、北海道道1010号能取三眺線、北海道道1083号網走港線

【道の駅】
流氷街道網走

【文化財】
桂ヶ岡砦跡、最寄貝塚(モヨロ貝塚)、天都山、旧網走監獄庁舎(博物館網走監獄)、旧網走刑務所二見ケ岡刑務支所(二見ケ岡農場)、博物館網走監獄煉瓦造独居房、博物館網走監獄鏡橋入口哨舎、博物館網走監獄鏡橋出口哨舎、博物館網走監獄西門哨舎、博物館網走監獄裏門、博物館網走監獄裏門哨舎、永専寺山門、鱒浦稲荷神社絵馬、網走神社絵馬、ポンモイ柱状節理

【寺社】
永専寺、弘道寺、網走神社、呼人神社

【名所・旧跡・観光スポット】
博物館網走監獄、北海道立北方民族博物館、オホーツク流氷館、網走市立美術館、網走市立郷土博物館、流氷硝子館、みなと観光交流センター(道の駅流氷街道網走)、モヨロ貝塚館、濤沸湖水鳥・湿地センター、網走市鉄道記念館、流氷、水芭蕉、サンゴ草、天都山、網走湖、能取湖、能取岬、帽子岩、二ツ岩、濤沸湖、感動の径ビューポイントパーキング、あばしりフロックス公園、北海道立オホーツク公園、フラワーガーデン「はな・てんと」、呼人探鳥遊歩道、網走市大曲湖畔園地、三眺河畔公園、桂ヶ岡公園、しおさい公園、オホーツクシマリス公園

【祭事・催事・イベント】
北の新大陸発見! あったか網走(1月~3月)、あばしりオホーツク流氷まつり(2月)、オホーツク屋台村(2月中旬)、オホーツクあばしりツーデーマーチ(6月)、インターナショナルオホーツクサイクリング(7月)、あばしりオホーツク夏まつり(7月)、あばしり七福神まつり(9月)、能取湖さんご草祭り(9月)、「はな・てんと」まつり(9月)、オホーツク網走フィルムフェスティバル(11月)

【著名な出身人物】
岩原敏美(フルート奏者)、小尾元政(声優)、菊池彩(ピアニスト)、木田敦子(箏奏者)、瀬川ももえ(女優)、関口篤(俳優)、中山幸子 (元ミス・ジャパン)、走裕介(演歌歌手)、BEAK(ドラマー。NICOTINE)、丸田佳奈(タレント)、奏佑(タレント)、相庭よた郎(デザイナー)、大内東(工学者)、金澤このみ(作曲家)、角宮悦子(歌人)、伝動詩人えいた(詩人)、長谷川誠(日本画家)、meeat(イラストレーター)、八重樫あゆみ(写真家)、山本盛雄(写真家)、太田明生(スピードスケート選手)、狩野亮(チェアスキー選手)、北の洋昇(元大相撲力士)、木村庄之助(立行司)、桜田一男(元大相撲力士)、千田耕平(パワーリフティング選手)、夏見円(元クロスカントリースキー選手)、樋越優一(プロ野球選手)、横山忠夫(元プロ野球選手)、吉野トヨ子(元陸上競技選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道網走市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道網走市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]