『北海道天塩郡幌延町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  天塩郡幌延町
【面積】  574.10km2
【人口】  2,269人(2020年7月31日)
【人口密度】  3.95人/km2
【町役場】  北海道天塩郡幌延町宮園町1-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道の北部、宗谷総合振興局管内の中西部にあり、日本海に面する町である。

天塩郡に属する。

北緯45度線の通る町である。

冷涼な気候を生かして、トナカイの飼育の他、ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス)などの高山植物の栽培も行われている。

海岸近くにある大風車群(オトンルイ風力発電所)の光景が、ビューポイントとなっている。

「北海道総合振興局及び振興局設置条例」が施行された2010年(平成22年)4月以前までは留萌支庁の管轄区域だったが、稚内市や豊富町を初めとする旧宗谷支庁管内の自治体との結びつきが強いことから、同条例施行時に宗谷総合振興局に管轄が移動した。

1980年代から2000年ごろにかけて、原子力関連施設の誘致の是非で揺れた、いわゆる幌延問題の起こった町である。

町名の由来は、アイヌ語で「大きい・野の出っ張り=川の湾曲」を意味する「ポロヌタプ(poro-nutap)」、あるいは「大きい・野原」を意味する「ポロヌプ(poro-nup)」に由来すると考えられる。

宗谷管内の中西部、日本海岸に位置する。

北海道第2の長大河川である天塩川の河口が町内南西端にあり、南西隣の天塩町とは同川が町境となっている。

同川の周囲には河川改修により人工的に作り出された三日月湖が見られる。

西部は日本海に接する細長く発達した海岸砂丘(かつての砂嘴)の海岸が続く。

その内陸にはかつては海だった潟湖が長きに渡る堆積作用によって広大な湿地帯となったサロベツ原野(下サロベツ原野)や、湿地帯を土壌改良により農地・牧草地化した平野が広がっている。

東部は問寒別川沿い以外の大半は山岳・丘陵地の森林帯で、その多くは北海道大学の天塩研究林となっている。

研究林の総面積はおよそ22,000haである。

夏は冷涼で、冬は西よりの季節風が強い乾燥寒冷である。

1960年(昭和35年)9月1日に町制施行、天塩郡幌延町となる。

1980年(昭和55年)ころ、町議会などの誘致を受け動力炉・核燃料開発事業団(動燃)は、高レベル放射性廃棄物中間貯蔵施設の建設を計画。

いわゆる「幌延問題」として、地元や周辺市町村はもとより、全道で長きにわたり議論を呼んだ。

基幹産業は酪農であり、およそ11,000頭の乳牛・トナカイ等が町内で飼育されている。

それまでの冷害等の気候変動により収穫が不安定だった馬鈴薯の栽培を中心とした畑作農業より戦後次第に牧草地、酪農業へと転換が図られた。

町内には道北各地で生産された生乳を原材料とするバター、脱脂粉乳などを加工・製造する雪印メグミルク(旧雪印乳業)株式会社幌延工場があり、同工場に勤める従業員や、同工場へ生乳を納入する酪農業に従事する者が多い。

同社にとって同工場はバター製造の基幹工場の一つである。

これ以外には建設業、運送業、小売業、飲食業、サービス業に従事する者が多い。

かつては林業に従事する者も多かったが、コストの安い輸入材の増加等による需要減により、この従事人口は減少している。

また、幌延駅が宗谷本線と羽幌線との分岐点であり、国鉄にとって拠点駅としていたことから、各鉄道施設に従事する職員の官舎が幌延駅周辺に設置され、職員とその家族が多数居住していた。

[ryoko-2]

【特産品】
雪印北海道バター、脱脂粉乳、セイヨウワサビ(植村さんちのネーワサビ)、マイタケ、ゼンマイ、フキ、アイヌネギ、サロベツ合鴨、トナカイ、しじみ各種製品、ブルーポピー

【中学校】
幌延中学校

【小中学校】
問寒別小中学校

【小学校】
幌延小学校

【JR北海道 宗谷本線】
問寒別駅 – 糠南駅 – 雄信内駅 – 安牛駅 – 南幌延駅 – 上幌延駅 – 幌延駅 – 下沼駅

【道路】
国道40号、国道232号、幌富バイパス、北海道道84号豊富浜頓別線、北海道道106号稚内天塩線、北海道道121号稚内幌延線、北海道道256号豊富遠別線、北海道道302号雄信内停車場線、北海道道395号問寒別停車場下国府線、北海道道541号問寒別佐久停車場線、北海道道583号上問寒問寒別停車場線、北海道道645号上問寒幌延停車場線、北海道道785号豊富中頓別線、北海道道972号浜里下沼線

【名所・旧跡・観光スポット】
利尻礼文サロベツ国立公園、幌延ビジターセンター、パンケ沼園地、名山台展望公園、北海道道106号稚内天塩線、オトンルイ風力発電所、北緯45度モニュメント、トナカイ観光牧場、金田心象書道美術館(心象館)、名林公園、ふるさとの森森林公園、長応寺、秘境駅、北海道大学天塩研究林

【祭事・催事・イベント】
ほろのべ名林公園まつり(8月)、おもしろ科学館(9月)、トナカイホワイトフェスタ(12月)

【著名な出身人物】
金田心象(書道家)、富士元寿彦(動物写真家)、卯子澤裕美(民謡歌手)、清水亜寿里(女子バレーボール選手)、井上仁志(ロック歌手・THE TON-UP MOTORS)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道天塩郡幌延町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道天塩郡幌延町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]