『北海道宗谷郡猿払村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  宗谷郡猿払村
【面積】  589.97km2
【人口】  2,738人(2020年7月31日)
【人口密度】  4.64人/km2
【村役場】  北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道宗谷地方北部に位置する村である。

北海道を代表するホタテの水揚げ地として有名。

村名の由来は、アイヌ語の「サラ・プツ(葦原の河口)」から。

宗谷管内のオホーツク海側に位置する。

東部はオホーツク海に接する海岸が続き、国道238号が南北に縦貫する。

西部は丘陵・山岳地帯。村総面積の8割が森林。

日本の実効支配地域としては、日本一北にある村である。

また、同様に日本の実効支配地域としては、十津川村に次いで日本で2番目に面積の大きい村であり、北海道では最も面積の大きい村である。(北方領土を含めた場合でも、北海道で5番目に面積の大きな村となっている)

猿払村最北端は知来別である。

1924年(大正13年)10月に宗谷村(現稚内市の一部)から分村し、猿払村として二級町村制を施行。

漁業と酪農が盛ん。

特にホタテの水揚げ地として知られ、漁獲量は日本一である。

古くからホタテの好漁場であり、明治時代にも香港に輸出されるなどしたが、濫獲により資源が消滅。

戦後まもなくは天北炭田の採炭と林業によって栄えたが、これが衰退すると村は疲弊、一部の権力者による密漁が横行し、道内管区から目を付けられる事態であった。

そこで村の興亡を賭けて、元来の産業であったホタテ漁の再興に取り組み、これが軌道に乗り、加工業も盛んになった。

現在も稚貝の放流、害敵の駆除など、徹底した資源管理を行っている。

ホタテ漁に携わる漁業組合員が高収入を得ていることから、住民平均所得は全国の自治体中4位(2016年)を誇るが、その一方でホタテ加工場の労働者時給は最低賃金の786円であり(2017年時点)、人手不足が深刻な問題となっている。

村内を鉄道路線は通っていない。

かつては天北線が通っていたが、現在は廃止されている。

エサヌカ線は、オホーツク海沿いに走る、区間延長約16 kmの道路。

日本最北端の宗谷岬から国道238号(オホーツクライン)を南下して約40 kmの位置にエサヌカ線の北端があり、南端は浜頓別町へ至る。

道路の線形は、経路中間点よりやや北で90度カーブが2カ所あり、クランク状になっている他は、北に約4 km、南に約8 kmの直線道路が延びる。

全線に渡って道路にガードレールや電柱は1カ所もなく、北東側の直線路は海岸線に近い原生花園の中を貫き、とりわけ南東側の直線路の周辺視界には平坦な牧草地が広がるのみで、地平線に向かって延びる開放的な絶景の直線道路はガイドブック等に紹介されている。

[ryoko-2]

【山】
幌尻山

【河川】
知来別川、鬼志別川、猿骨川、猿払川

【沼湖】
ポロ沼、カムイト沼、モケウニ沼

【中学校】
拓心中学校

【小学校】
浅茅野小学校、鬼志別小学校、知来別小学校、浜鬼志別小学校

【道路】
国道238号、北海道道84号豊富浜頓別線、北海道道138号豊富猿払線、北海道道443号鬼志別停車場線、北海道道584号猿払停車場線、北海道道585号狩別猿払停車場線、北海道道710号浅茅野台地浜頓別線、北海道道732号上猿払浅茅野線、北海道道889号上猿払清浜線、北海道道1089号猿払鬼志別線、北海道道1120号浜鬼志別港線、エサヌカ線

【道の駅】
さるふつ公園

【名所・旧跡・観光スポット】
エサヌカ原生花園、ポロ沼、カムイト沼、モケウニ沼(北オホーツク道立自然公園)、イトウ釣り – 猿払川、カムイト沼、ポロ沼、北オホーツクサイクリングロード(JR天北線跡)、さるふつ温泉

【祭事・催事・イベント】
インディギルカ号遭難者慰霊祭、さるふつ観光祭り(7月)

【著名な出身人物】
世永聖奈(北海道放送アナウンサー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道宗谷郡猿払村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道宗谷郡猿払村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]