『北海道稚内市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  稚内市
【面積】  761.47km2
【人口】  33,249人(2020年7月31日)
【人口密度】  43.7人/km2
【市役所】  北海道稚内市中央3丁目13番15号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道北部(道北地方)にある市で、宗谷総合振興局の振興局所在地である。

日本国内の最北端に位置しており、宗谷地方の行政・経済の中心地、ロシアサハリン州をはじめとする北方圏への玄関口になっている。

地名の由来は、アイヌ語の「ヤムワッカナイ(ラテン翻字: yam-wakka-nay)」〔冷たい・水(飲み水)の・沢〕より。

稚内市は西は日本海、北は宗谷湾・宗谷海峡、東はオホーツク海に面しており、南北約39 km、東西約38 km、面積は約761.49 km2ある。

宗谷岬からサハリン州のクリリオン岬(旧称西能登呂岬)までは約43 kmの距離にあり、日本国内で最も樺太(サハリン島)に近い。

最北端は宗谷岬北西にある弁天島、現時点での日本国が実効支配する国土の最北端になっている。

地勢は南北に縦走する2本の丘陵性山地、これらの中間と両端に発達する低地帯からなる。

東側の脊梁山地は「宗谷丘陵」と呼ばれており、周氷河地形を形成し「宗谷丘陵の周氷河地形」として「北海道遺産」に選定されている。

西側の丘陵帯と日本海との間にある低地帯は砂丘と湿地であり、「利尻礼文サロベツ国立公園」の一部になっている。

1949年(昭和24年)に市制施行し、稚内市となる。

国勢調査による稚内市の人口は、1975年(昭和50年)の55,464人をピークに減少しており、2002年(平成14年)には「過疎地域」に指定されている。

稚内市の産業は水産、農業、観光を基幹産業としている。

また、旭川以北で最大の都市になっていることから、海上保安部、自衛隊、税務署、裁判所、区検察庁などの国の機関や宗谷総合振興局が置かれている。

港湾は重要港湾の稚内港を始めとして、地方港湾の宗谷港や9つの漁港がある。

稚内周辺では1989年に天北線が廃線になった上に、宗谷本線も列車の減便が続き、廃線に向けた検討が行われるなど鉄道は存続が厳しい状況にある。

一方で、稚内空港は1987年にジェット機の就航が可能になった後、2009年には滑走路が延長供用されるなど空港の整備が続けられている中で、2013年度の稚内の観光入込客数は497,400人と低調だった。

これは1995年度の半数に満たない状況である。

市内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「宗谷シーニックバイウェイ」になっているほか、北海道道106号稚内天塩線には「日本海オロロンライン」の愛称がついている。

稚内付近の海域には魚介類が多数生息している上に、海藻類も豊富に生育しており、ホタテガイ、ウニ、ツブ貝、ナマコ、ミズダコ、オオナゴなどが獲れる。

春から秋にかけてはハマボウフウやタケノコ(チシマザサ)などの山菜、馬鈴薯(ジャガイモ)やカボチャなどの野菜を収穫することができる。

勇知いもは冷水害の影響や畑作から酪農への転換により販売中止に追い込まれたが、特産品復活のために有志が研究会を設立し、自然冷熱利用貯蔵庫を使用することで馬鈴薯の高糖度化を実現しており、北海道の「YES!clean」表示制度、特許庁の「地域団体商標」に登録されている。

稚内から生まれた水産物、農畜産物、加工品などを「稚内ブランド」に認定しており、北海道内外に宣伝している。

稚内のラーメンはホタテラーメン、エビラーメン、カニラーメン、海藻ラーメンなどを店舗独自に開発している。

宗谷丘陵では「宗谷黒牛」を放牧しており、日本国内最大級の公設牧場「宗谷岬肉牛牧場」で飼育している。

「稚内牛乳」は低温殺菌によって牛乳本来の風味を残しているため賞味期限が短く、地元でしか味わうことができない。

タコ(ミズダコ)の名産地であることから「たこしゃぶ」や肉の代わりにタコを使用した「タコカレー」がある。

稚内では炒麺(チャーメン)を提供する飲食店が多く、店舗ごとに特色がある。

[ryoko-2]

【山】
タツナラシ山 (224 m)、モイマ山 (232 m)、丸山 (168 m)、萌間山 (122 m)

【河川】
勇知川、クトネベツ川、ウエンナイ川、声問川、増幌川、泊内川、目梨川、下苗太路川

【岬】
抜海岬、野寒布岬、声問岬、宗谷岬

【大学】
稚内北星学園大学

【高等学校】
北海道稚内高等学校、稚内大谷高等学校

【中学校】
稚内中学校、稚内南中学校、稚内東中学校、宗谷中学校、潮見が丘中学校

【小中併設校】
増幌小中学校、天北小中学校

【小学校】
稚内中央小学校、稚内港小学校、稚内南小学校、稚内東小学校、潮見が丘小学校、声問小学校、富磯小学校、宗谷小学校、大岬小学校

【幼稚園】
大谷幼稚園、鈴蘭幼稚園、富岡幼稚園、ひかり幼稚園、稚内幼稚園

【保育所】
港保育所、白樺保育所、富岡保育園、もぐもぐ保育園、オアシス保育園、きらきら保育園、恵北保育所、宗谷保育所、沼川保育所、勇知保育所

【特別支援学校】
北海道稚内養護学校

【空港】
稚内空港

【JR北海道 宗谷本線】
勇知駅 – 抜海駅 – 南稚内駅 – 稚内駅

【道路】
国道40号、国道238号、北海道道106号稚内天塩線、北海道道121号稚内幌延線、北海道道138号豊富猿払線、北海道道254号抜海港線、北海道道407号稚内港線、北海道道510号抜海兜沼停車場線、北海道道616号上勇知兜沼停車場線、北海道道646号曲淵停車場線、北海道道811号勇知上勇知線、北海道道889号上猿払清浜線、北海道道1059号稚内空港線、北海道道1077号稚内猿払線、北海道道1119号稚内豊富線、北海道道1133号宗谷ふれあい公園線

【道の駅】
わっかない

【文化財】
旧瀬戸邸、宗谷護国寺跡、オンコロマナイ2遺跡、富磯貝塚、シュプントー遺跡、恵北1遺跡、抜海岩陰遺跡、弁天1・2号チャシ、ピリカタイチャシ、大岬旧海軍望楼跡

【寺社】
北門神社、ウロンナイ稲荷神社、豊浜神社、坂ノ下神社、巌島神社、明治神社、沼川神社、曲渕神社、泰平山松寿院護国寺、高野山最北大師真言寺

【名所・旧跡・観光スポット】
浜勇知展望休憩施設(こうほねの家)、夕陽が丘パーキングエリア、稚内温泉「童夢」、恵山泊漁港公園、野寒布岬(ノシャップ岬)、稚内市立ノシャップ寒流水族館、稚内市青少年科学館、稚内公園、氷雪の門、九人の乙女の像、南極観測樺太犬記念碑・樺太犬供養塔、稚内市開基百年記念塔・北方記念館、稚内森林公園キャンプ場、北防波堤ドーム、キタカラ、旧瀬戸邸、稚内副港市場、北海道立宗谷ふれあい公園、大沼、稚内市大沼野鳥観察館(大沼バードハウス)、稚内市動物ふれあいランド、宗谷岬、宗谷岬公園、日本最北端の地の碑、大岬旧海軍望楼跡、祈りの塔、宗谷丘陵展望休憩施設、宗谷丘陵

【祭事・催事・イベント】
初日の出 in てっぺん(1月)、わっかない氷雪の広場(2月)、JAPAN CUP 全国犬ぞり稚内大会(2月)、日本最北端わっかない白夜祭(6月)、北門神社例大祭(7月)、稚内みなと南極まつり(8月)、最北端・食マルシェ、稚内市子ども芸能祭・南中ソーラン祭(8月)

【著名な出身人物】
阿部芙蓉美(シンガーソングライター)、伊藤直人(元スキージャンプ選手)、因藤壽(現代美術家)、大竹仁(元プロ野球選手)、大村巌(元プロ野球選手)、岡田敦(写真家)、Galileo Galilei(バンド)、如月音流(、タレント)、坂下たけとも(ギタリスト)、SE-NO(兄弟ユニット)、高橋英生(画家)、館淳一(官能小説家)、田中裕也(建築家)、中座真(棋士)、中井広恵(女流棋士)、中村有岐(声優)、長谷川聡(Aoメンバー)、畠山みどり(演歌歌手)、東出融(ダンサー)、藤田征樹(自転車競技選手)、森みつえ(女優)、六土開正(安全地帯メンバー)、渡邊ゆかり(競輪選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道稚内市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道稚内市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]