『北海道増毛郡増毛町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  増毛郡増毛町
【面積】  369.71km2
【人口】  4,163人(2020年7月31日)
【人口密度】  11.3人/km2
【町役場】  北海道増毛郡増毛町弁天町3丁目61番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道の北西部、留萌振興局管内南部にある町である。

日本海の海岸美がみられる雄冬海岸と暑寒別天売焼尻国定公園の一部である暑寒別岳を抱える。

歴史は古く、町内には北海道遺産に選定されたレトロな建物が立ち並ぶ。

ボタンエビの漁獲高が日本一であるが、アマエビやタコなどの水揚げも多い。

良質の水を利用して酒造も行われており、明治時代からある國稀酒造(元:丸一本間合名会社)は、日本最北にある造り酒屋でもある。

町名の由来はアイヌ語の「マシュキニ」「マシュケ」(カモメの多いところ)から。

留萌管内南部、日本海側沿岸に位置する。

西部の日本海と東部の山地に挟まれた険しい地形で、ほとんどの集落は沿岸部に集中する。

ただし別苅以西の海岸は急峻な断崖が続き、国道231号開通まで船以外の交通手段がほぼ存在しない「陸の孤島」であった。

1900年(明治33年)7月1日に増毛郡増毛市街9町、増毛村、別苅村(べつかり)、岩尾村、暑寒沢村(しょかんざわ)、阿分村(あふん)、舎熊村(しゃぐま)が合併、一級町村制、増毛郡増毛町になる。

漁業が盛ん。

昭和30年ごろまでは千石場所が置かれニシン漁で栄えたが、資源枯渇により漁獲量が激減。

太平洋戦争後は近海漁業、水産加工が中心となった。

漁業のほかには商業、農業(主に果樹栽培)、工業(食品工業)があるが、特にどの産業に依存するということはなく縮小均衡している。

町内に鉄道路線は通っていない。

以前は留萌本線が通っていたが、町内を通る区間は2016年(平成28年)12月5日に廃止された。

増毛駅、雄冬岬などが映画『駅 STATION』のロケ地になった。

[ryoko-2]

【山】
暑寒別岳 (1,491 m)、群別岳 (1,376 m)、浜益岳 (1,258 m)

【河川】
信砂川、箸別川

【中学校】
増毛中学校

【小学校】
増毛小学校

【道路】
国道231号、北海道道94号増毛稲田線、北海道道301号増毛港線、北海道道546号暑寒別公園線

【文化財】
旧本間家住宅5棟、開拓使増毛船改所跡、御料局札幌支庁増毛出張所跡、増毛運上屋跡、津軽藩増毛勤番越年陣屋跡、秋田藩増毛元陣屋跡、増毛治安裁判所跡、秋田藩元陣屋第一台場跡、開拓使増毛外五郡役所跡、官立札幌病院増毛出張所跡、山口藩増毛出張所跡、雄冬冷清水、雄冬遺跡、松浦武四郎信砂越えの地、増毛土木派出所跡、入船町浜茶屋跡、旧増毛山道入口、増毛郡役所出張所跡、旧高橋農場跡、別苅発祥の地、普伝寺跡、秋田藩元陣屋第二台場跡、仁奈良山道仁奈良駅逓跡、水戸藩主一行宿営の地、舎熊遺跡、阿分発祥の地、増毛新廓跡、信砂水田発祥の地、リンゴ栽培の父藤原筆吉翁の碑、増毛税務署跡、天塩国水産会さけます孵化場跡、増毛厳島神社本殿、雄冬神楽

【神社】
厳島神社、稲荷神社、舎熊神社、恵比須神社

【名所・旧跡・観光スポット】
暑寒別天売焼尻国定公園、暑寒別岳、雄冬岬、郷土芸能 雄冬神楽、総合交流促進施設「元陣屋」、歴史的建造物群、弁天神社、岩尾温泉

【著名な出身人物】
三國清三(フランス料理シェフ)、池田三男(レスリング)、桂本和夫(元プロ野球選手)、琴若央雄(元大相撲力士)、遠田誠治(元プロ野球選手)、小笠原賢二(文芸評論家)、高津カリノ(漫画家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道増毛郡増毛町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道増毛郡増毛町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]