『北海道勇払郡占冠村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  勇払郡占冠村
【面積】  571.41km2
【人口】  1,216人(2020年5月31日)
【人口密度】  2.13人/km2
【村役場】  北海道勇払郡占冠村字中央

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道勇払郡にある村。

「自然体感占冠」をキャッチフレーズとしており、占冠村を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している。

入植以来増加を続けた人口は1960年代に約4700人をピークに減少をはじめ、高度成長期とともに著しい過疎化が進行。

小学校によっては運動会の開催もままならない状態となった。

村は、バブル景気以前の段階よりリゾート地開発の誘致に奔走し、1983年にアルファリゾートトマムの開業にこぎつけた。

以後人口は激しい増減を繰り返しており、1980-1990年の10年間では70%という極端な増加、バブル崩壊に伴う事業者の破綻等で1990-2010年の20年間は著しく減少し-49%、特に2005年から2010年までの5年間の減少率は-23.4%と全国ワースト3位を記録した。

2015年以降は再再度の人口増加局面に入り、2015~2017年の3年間では+19.05%の増加、沖縄県八重山郡与那国町や東京都中央区を押さえ、人口増加率1位となっている。

2018年現在、約1200人の人口の村に年間約48万人の観光客(うち8割が外国人)が雲海に代表される自然環境などを求めて訪れる村となっている。

北海道のほぼ中央部、鵡川の最上流部に位置し、鵡川流域の他町とともに旧胆振国の勇払郡に属しているが、大正期には北の南富良野村(現:南富良野町)と組合役場を設置するなど上川管内との結びつきが強く、現在でも上川総合振興局管内の最南端となっている。

四方を山に囲まれており、村面積の94%は山林になっている。

村境はほとんどが分水嶺になっている。

占冠村の気候は内陸性気候。

気温の日較差や年較差が大きく、冬季にはしばしば低温の記録のニュースで取り上げられるほどの冷え込みとなる。

西風や西南風が多く吹く。

1932年(昭和7年)に南富良野村、占冠村組合役場から占冠村として独立。

基幹産業は農業、林業。

農業はジャガイモ、カボチャ、トウモロコシ、小豆、気温の寒暖差を活かしてメロン、スイカ、てん菜、ハウス栽培を中心としたホウレンソウなどを収穫している。

酪農では北海道内で最も歴史ある産地のひとつになっており、肥育素牛として出荷している。

観光はトマム地区を中心としたリゾートや鵡川周辺の自然を利用したアウトドア体験がある。

村内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「大雪・富良野ルート」になっている。

[ryoko-2]

【名産・特産】
山菜、エゾシカの肉、ヤマメ、天然のナメコ

【山】
狩振岳(1,323 m)、トマム(苫鵡)山(1,239 m) 、国境山(982 m)、社満射岳(1,063 m)、老根別山(911 m)、三角山(851 m)

【河川】
鵡川、双珠別川、ホロカトマム川

【中学校】
占冠中学校

【小学校】
占冠中央小学校

【義務教育学校】
トマム学校

【保育所】
占冠へき地保育所、トマムへき地保育所

【JR北海道 石勝線】
占冠駅 – トマム駅

【道路】
国道237号、金山峠、日高峠、国道274号、北海道道136号夕張新得線、北海道道610号占冠穂別線、北海道道1030号石勝高原幾寅線、幾寅峠、北海道道1170号トマムインター線、北海道道1172号占冠インター線

【道の駅】
自然体感しむかっぷ

【名所・旧跡・観光スポット】
ニニウキャンプ場、赤岩青巌峡、国設占冠中央スキー場、道の駅自然体感しむかっぷ、占冠村物産館、湯の沢温泉、ホロカトマム山林、星野リゾート トマム

【祭事・催事・イベント】
しむかっぷ村民「山菜市」(5月)、占冠村ふるさとまつり(8月)、占冠村紅葉まつり(10月)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道勇払郡占冠村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道勇払郡占冠村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]