『北海道上川郡下川町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  上川郡下川町
【面積】  644.20km2
【人口】  3,220人(2020年5月31日)
【人口密度】  5人/km2
【町役場  北海道上川郡下川町幸町63番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道上川地方の天塩国上川郡にある町。

北海道内では道北に位置付けられる。

かつては農林業および鉱業(銅などを産出した下川鉱山、金や銀が採れた珊瑠鉱山)で繁栄し、人口はピーク時の1960年(昭和35年)には15,555人に達した。

鉱山の閉鎖など産業構造の変化とともに過疎化が進んで人口が減少し、現在の人口はピーク時の4分の1を下回っている。

2000年代に入って「持続可能な地域社会の実現」を掲げて、バイオマスを含む森林資源の活用とそれによるエネルギー自給率の向上、集住によるコンパクトタウン化などに取り組んだ。

2017年には、国際連合が提唱した持続可能な開発目標(SDGs)に基づく「ジャパンSDGsアワード」第1回で総理大臣賞を受賞した。

スキージャンプが有名で、郊外にはミディアムヒル(K点65m)、スモールヒル(K点40m、26m)、ミニヒル(K点8m)と4つのジャンプ台がある。

出身者や北海道下川商業高等学校の卒業生からは、スキージャンプやノルディック複合競技において、ワールドカップ大会やオリンピックの日本代表選手が選抜されている。

町名の由来は、当地で名寄川に「パンケヌカナン(panke-nukanan)」(下流の・ヌカナン川)、「ペンケヌカナン(penke-nukanan)」(上流の・ヌカナン川)の2本の支流が流れ込んでおり、このうち前者を「下の川」と意訳し「下川」としたとされている。

なお「ヌカナン」の意味は現在では分からなくなっている。

キャッチフレーズは、おいでよ 森林(もり)と人が輝く町 しもかわ。

北海道北部を流れる天塩川の支流名寄川の上流部、名寄盆地の東縁にある。

北見山地の斜面が大部分を占める。

町内に存在する最も古い遺跡は最終氷期の終期頃のものと推定されている。

1949年(昭和24年)12月1日に町制施行、下川町となる。

特別豪雪地帯、過疎地域、振興山村、山間農業地域に指定されている。

酪農が盛んである。

稲作の北限地帯に近く、かつての水田は減反政策により大部分が転作された。

主な農産物は、地元で加工されるジュース用や高糖度栽培のトマト、絹さやえんどう等の野菜、小麦、ソバ、もち米などである。

町の面積の約9割を森林が占め、その8割以上を国有林が占める。

木材の搬送は、開拓当初は流送に頼ったが、鉄道の開通で輸送効率が改善され、関東大震災の復興材需要の急増で繁栄した。

その後、1954年(昭和29年)の洞爺丸台風では約280万石の風倒木被害が発生し、その処理による特需があったが、森林資源の減少、輸入材の台頭などで徐々に衰退している。

一方、町では1953年(昭和28年)より本格的な町有林経営を開始し、2003年(平成15年)には4,300haを超える町有林を有し、法正林思想に基づき年間50ha程度ずつを伐採・栽植する「循環型林業経営」に取り組んでいる。

また、町内の民有林や国有林を含めて森林認証を取得し、森林の適正管理を推進している。

金・銀を産出した珊瑠鉱山と、銅・亜鉛を産出した下川鉱山は、いずれも現在は休山し、事実上廃鉱となっている。

これらの他にマンガン、砂チタン、亜炭等の鉱床が確認されている。

小学校から高校まで一貫してスキージャンプを教えることができる環境が整っており、有名スキージャンパーも輩出している。

現在は町内に鉄道は通っていない。

町内を通っていたJR北海道名寄本線は、1989年(平成元年)5月1日に廃止となった。

[ryoko-2]

【山】
ピヤシリ山(989m)、札滑岳(993m)、ウェンシリ岳/ウエンシリ岳(1142m)、幾山岳(1030m)、柵留山(852m)、砥割山(798m)、糸魚岳(914m)、奴可難山(777m)、三角山(346m)、矢文山(422m)、前田山(560m)、札天山(596m)、蕗の山(718m)、班毛山(722m)

【河川】
天塩川支流名寄川、名寄川支流下川パンケ川(20.5km)、サンル川(33.2km)、下川ペンケ川(16.0km)、モサンル川(14.0km)、シカリベツ川(14.5km)

【高等学校】
下川商業高等学校

【中学校】
下川中学校

【小学校】
下川小学校

【道路】
国道239号、北海道道60号下川雄武線、北海道道101号下川愛別線、北海道道206号下川風連線、北海道道330号下川停車場線、北海道道354号ペンケ下川停車場線、北海道道758号パンケ風連線

【文化財】
毘沙門天立像、上名寄郷土芸能、はるにれ、下川鳴る石

【名所・旧跡・観光スポット】
ミニ万里の長城、七尺ニレ、五味温泉

【祭事・催事・イベント】
万里長城祭(5月)、うどん祭り(8月)、アイスキャンドルミュージアム(2月)、万里長城クロスカントリー大会(5月)、全道ノルディックスキー競技大会(12月)

【著名な出身人物】
嶋宏大(スキージャンプ)、岡部孝信(スキージャンプ)、葛西紀明(スキージャンプ)、伊東大貴(スキージャンプ)、伊藤謙司郎(スキージャンプ)、伊藤有希(スキージャンプ)、安念山治(元大相撲力士)、凌駕精考(元大相撲力士)、金子智也(シンガーソングライター)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道上川郡下川町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道上川郡下川町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]