『北海道上川郡美瑛町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  上川郡美瑛町
【面積】  676.78km2
【人口】  9,855人(2020年5月31日)
【人口密度】  14.6人/km2
【町役場】  北海道上川郡美瑛町本町4丁目6-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道上川郡にある町。

「日本で最も美しい村連合」加盟。

なだらかな丘陵と豊かな自然環境と景観が特徴になっている。

町全域を「景観計画区域」の対象にしており、「美しい日本のむら景観百選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」(美瑛リフレッシュライン)に選定されているほか、美瑛町を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している。

町名の由来は、アイヌ語の「ピイェ」〔油(転じて油っこい・油ぎっている)〕に由来するとされる。

現在の美瑛川に十勝岳からの硫黄が溶けこんで濁っていた様を表現したものであるが、「美しく、明朗で王者の如し」という意味を込め、「美瑛」と当て字された。

北海道のほぼ中央、大雪山国立公園の十勝岳連峰と夕張山系との間に位置している。

十勝岳連峰は複数回の大規模噴火によって火砕流が周辺地域にひろく分布し、放射状に河川が流れて谷を形成された。

美瑛の波状丘陵は噴火と河川の侵食によるものであり、丘と沢が連続性を持って成り立ち変化に富んでいる。

また、波状丘陵の上に格子状の区画割りで開墾を行ったことが美瑛の個性的な景観を生み出すことになった。

開拓は沢の平坦地を水田に、丘の傾斜地を畑に開墾していった。

寒暖の差が激しい内陸性気候であり、春夏秋冬が明確になっているため四季の移り変わりを楽しむことができる。

1940年(昭和15年)に町制施行し、美瑛町となる。

農業を基幹産業として畑作と稲作により発展してきたが、水田の転作による田・野菜や畑・野菜の複合経営が多く、小麦、飼料用作物、てん菜、水稲、ジャガイモ(馬鈴薯)、大豆などを生産している。

同じ圃場でも作付が毎年変わることにより美瑛独特の「パッチワーク」と表現される丘陵地帯の田園風景を作り出している。

林業では町域面積の約7割を森林が占めており、その内約1/3が民有林であり多くが人工林になっている。

商工業は豊富な農産物や観光資源を基盤として営まれている。

2015年(平成27年)に美瑛プレミアムブランド「ビエイティフル」が誕生し、厳選した町内特産品の取扱いを始めた。

町内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「大雪・富良野ルート」、大雪 – 富良野 – 十勝を結ぶ「北海道ガーデン街道」になっている。

美瑛では大きくうねる幾重にも連なった丘に畑が広がっており、縫い合わせた色違いの布地に見立ててパッチワークの丘とよばれ、遠くに大雪山系の山並みが見える景観の良さから、ポプラの木をはじめ数々のCMロケ地も点在する観光名所となっている。

一般に「パッチワークの路」とよばれるエリアは、美瑛の西に広がる丘陵地帯を指し、丘には広域農道を始めとして幾筋もの道が走っている。

畑がパッチワークのように見えるのは、同じ土地に同じ作物を繰り返し栽培すると土地が痩せる連作障害を防ぐ目的で、栽培期間や収穫時期の異なる、ジャガイモ、小麦、豆類、ビートなどを順に植え替えているためである。

訪日外国人旅行者の急増以来、ごみのポイ捨てや畑の踏み荒らし被害が後を絶たず、観光公害問題が長期化している。

これまでも観光客に対して様々な手段での呼びかけが行われてきたが、解決には至っておらず、現在はスマートフォンを活用した「共存」と「通報」の2つの方法が試みられている。

[ryoko-2]

【ご当地グルメ】
美瑛カレーうどん

【山】
白雲岳(2,230 m)、忠別岳(1,963 m)、化雲岳(1,954 m)、トムラウシ山(2,141 m)、オプタテシケ山(2,013 m)、美瑛富士(1,888 m)、美瑛岳(2,052 m)、十勝岳(2,077 m)、瑠辺蘂山(859 m)、熊山(724 m)、那英山(819 m)

【河川】
忠別川、辺別川、宇莫別川、置杵別川、美瑛川、美瑛美馬牛川、瑠辺蘂川、オイチャヌンペ川

【高等学校】
美瑛高等学校

【中学校】
美瑛中学校、美馬牛中学校

【小中学校】
明徳小中学校

【小学校】
美瑛小学校、美馬牛小学校、美沢小学校、美進小学校、美瑛東小学校

【保育所】
どんぐり保育園、美田へき地保育所、ルベシベへき地保育所、美馬牛へき地保育所、美沢へき地保育所、下宇莫別へき地保育所、朗根内へき地保育所

【JR北海道 富良野線】
北美瑛駅 – 美瑛駅 – 美馬牛駅

【道路】
国道237号、国道452号、北海道道70号芦別美瑛線、北海道道213号天人峡美瑛線、北海道道353号美沢上富良野線、北海道道543号上宇莫別美瑛停車場線、北海道道580号美馬牛神楽線、北海道道581号留辺蘂上富良野線、北海道道718号忠別清水線、北海道道824号美沢美馬牛線、北海道道966号十勝岳温泉美瑛線、北海道道1116号富良野上川線、北海道道1160号旭川旭岳温泉線

【道の駅】
びえい「丘のくら」、びえい「白金ビルケ」

【神社】
美瑛神社、朗根内神社、下宇莫別神社、五稜神社、美馬牛神社、美沢神社、地神宮、置杵牛神社、阪和神社

【名所・旧跡・観光スポット】
パッチワークの路、ぜるぶの丘・亜斗夢の丘、ケンとメリーの木、ジェフ写真館 Geoff Gallery、北西の丘展望公園、菊地晴夫写真ギャラリー、阿部俊一ギャラリー、マイルドセブンの丘、美瑛町北瑛体験交流施設「北瑛小麦の丘」、セブンスターの木、美瑛選果、四季の情報館、道の駅びえい「丘のくら」、丘のまち交流館 bi.yell、美瑛町役場・四季の塔、美瑛町郷土学館「美宙」、美瑛神社、美瑛川河川敷歩くスキーコース、西美の杜美術館、五本の木、新栄の丘展望公園、クリスマスツリーの木、三愛の丘展望公園、橋立山4 km歩くスキーコース、美瑛の丘のおもちゃ屋さん、千代田の丘見晴らし台、ファームズ千代田、四季の交流館、拓真館、四季彩の丘、新星館 須田剋太・島岡達三美術館、道の駅びえい「白金ビルケ」、青い池、白金不動の滝、美瑛町営白金牧場(白金模範牧場)、美瑛自然の村キャンプ場、国設白金野鳥の森、白金温泉、白金観光センター、白ひげの滝、国立大雪青少年交流の家、美瑛白金ノルディックコース、国設白金野営場、十勝岳火山砂防情報センター、十勝岳望岳台防災シェルター、十勝岳望岳台

【祭事・催事・イベント】
びえい雪遊び広場(1月)、寬仁親王記念丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン(2月)、丘のまちびえいフォトコンテスト審査結果発表(3月)、びえい桜まつり(5月)、丘のまちびえいヘルシーマラソン(6月)、那智・美瑛火祭り(7月)、どかんと農業まつり(8月)、丘のまちびえいセンチュリーライド(9月)

【著名な出身人物】
安彦諭(クロスカントリースキー選手)、大西有二(法学者)、木村庄之助(大相撲立行司)、二木健太(バレーボール選手)、浜田哲(美瑛町長)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道上川郡美瑛町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道上川郡美瑛町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]