『北海道上川郡東神楽町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  上川郡東神楽町
【面積】  68.50km2
【人口】  10,183人(2020年5月31日)
【人口密度】  149人/km2
【町役場】  北海道上川郡東神楽町南1条西1丁目3-2

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道上川郡にある町。

町内に旭川空港がある。

旭川市に隣接しており、町内には旭川空港がある。

「花のまち」として知られており、1969年に『花のある職場コンクール』で「内閣総理大臣賞」、2000年(平成12年)の『全国花のまちづくりコンクール』では最優秀賞の「建設大臣賞」などを受賞し、2001年(平成13年)にはカナダで開催された『コミュニティーズ・イン・ブルーム』に日本代表として参加した。

1943年(昭和18年)に神楽村(後の神楽町、現在は旭川市神楽地区)から分村した際に、母村の東側に位置したことに由来している。

なお、「神楽」の地名は、アイヌ語の「ヘッチェウシイ(ヘッチェウシ)」(「囃し・つけている・所」、あるいは「神々の遊ぶところ」)の意訳に由来する。

上川盆地にあり、石狩川支流の上流域にある緩やかな丘陵になっている。

南北約6.2 km、東西約21.7 kmあり、北海道内の市町村では比較的面積が狭いまちになっている。

土地利用では町の総面積の半分以上を耕地(農地)に利用している。

町の東端には「忠別ダム」がある。

1989年(平成元年)から始まった「ひじり野地区」における宅地開発は、旭川駅から約6 kmというアクセスの良さなどから旭川都市圏のベッドタウンとして発展し、1990年(平成2年)に5,700人であった人口は2000年(平成12年)に8,000人、2013年(平成25年)には10,000人と増加した。

1966年(昭和41年)に町制施行し、東神楽町となる。

大雪山連峰の麓に広がる上川盆地の肥沃な土壌を生かし、北海道内で有数の「米どころ」として稲作を中心とした農業が盛んになっている。

近年はグリーンアスパラ(アスパラガス)やトウモロコシ、ホウレンソウなど野菜の栽培も行っている。

商工業では「旭川家具」を生産している地域になっているほか、旭川空港へのアクセスが良い臨空型の工業団地「東神楽工業団地」に各種企業が進出している。

町内を鉄道路線は通っていない。

町内ではグリーンアスパラ(アスパラガス)、ホウレンソウ、ミツバ、バイオテクノロジーを活用したイチゴなどの農産物があるほか、町内で収穫された農作物を利用した佃煮や漬物、菓子などがある。

また、「旭川家具」の生産地であり、東神楽の家具は道産材の木目を生かしたものが多くなっている。

[ryoko-2]

【山】
坊子山 (419 m)

【河川】
忠別川、ポン川、稲荷川、八千代川、志比内川

【中学校】
東神楽中学校

【小学校】
東神楽小学校、東聖小学校、忠栄小学校、志比内小学校

【保育園】
中央保育園、東聖小規模保育園

【幼稚園】
東神楽町立幼稚園、東聖こばと幼稚園

【空港】
旭川空港

【道路】
旭川十勝道路(旭川東神楽道路)、北海道道37号鷹栖東神楽線、北海道道68号旭川空港線、北海道道213号天人峡美瑛線、北海道道294号東川東神楽旭川線、北海道道1160号旭川旭岳温泉線

【名所・旧跡・観光スポット】
ひがしかぐら森林公園、森のゆ花神楽、コテージの森、キャンプ場、パークゴルフ場、大雪山カントリークラブ

【祭事・催事・イベント】
ウィンターフェスティバル(2月)、フラワーフェスタ(6月)、ひがしかぐら花まつり(8月)

【著名な出身人物】
武隈祥太(プロ野球選手)、安井吉典(政治家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道上川郡東神楽町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道上川郡東神楽町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]