『宮崎県西都市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮崎県
【市町村】  西都市
【面積】  438.79km2
【人口】  28,845人(2020年6月1日)
【人口密度】  65.7人/km2
【市役所】  宮崎県西都市聖陵町二丁目1番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

宮崎県のほぼ中央部に位置する市。

日本最大級の古墳群である国の特別史跡・西都原古墳群や、日向国主伊東氏の居城都於郡城で知られる。

宮崎県で6番目の面積を持つ市であり、市域の7割が山岳地帯である。

市を北西から南東に向かって、一ツ瀬川が貫流している。

上流部では無数の小川が渓谷を刻み、それらの流れが集まって、九州最大の貯水量を誇る一ツ瀬ダム(米良湖)となっている。

下流は宮崎平野が広がり、園芸農業、畜産業が盛んであるほか、西岸の洪積層台地には西都原古墳群が広がる。

中心市街地は都萬(つま)神社の南方に広がる妻(つま)地区。

1955年に児湯郡妻町・上穂北村が合併し、西都町が置かれ、1958年に三納村・都於郡村を統合し市制施行、1962年に三財村・東米良村を合併し現在の市域を持つに至った。

1960年代には一ツ瀬ダムが建設され、この時期に市の人口は5万人を超え、杉安地区の一ツ瀬河畔は日向の嵐山と呼ばれ屋形船が行き交った。

80年代前半には市街地再開発等が行われ、一時期は地方小都市における再開発成功事例として注目を集めるも、その後の過疎化・少子高齢化の進展、郊外型店舗の進出によって、現在中心市街地は衰退しつつある。

その他、寒川(さぶかわ)地区は限界集落となってしまい、現在は全く居住者がいなくなってしまっている。

寒川地区に居住者がいたことは寒川地区の人々の暮らしぶりを記録した映画『寒川』でのみ知ることができる。

この映画は限界集落の現状を隈なく記録している。

宮崎都市圏の拡大・道路等の整備による市南部の宮崎市のベッドタウン化がわずかながら見られるが、人口減少がある。

市内に鉄道路線はない。

[ryoko-2]

【専修学校】
宮崎医療福祉専門学校

【高等学校】  
妻高等学校、西都商業高等学校

【中学校】
妻中学校、穂北中学校、都於郡中学校、三納中学校、三財中学校、銀鏡中学校

【小学校】
妻北小学校、妻南小学校、穂北小学校、茶臼原小学校、三納小学校、都於郡小学校、都於郡小学校山田分校、三財小学校、銀上小学校

【道路】
宮崎東環状道路(春田バイパス)、国道219号、宮崎県道24号高鍋高岡線、宮崎県道40号都農綾線

【名所・旧跡・観光スポット】
都萬神社、都於郡城跡、日向国分寺、西都原古墳群、常心塚古墳、千畑古墳、児屋根塚古墳(茶臼原古墳群)、穂北横穴墓群、三納古墳群、松本古墳、三財古墳群、西都原運動公園野球場、さいと温泉

【祭事・催事・イベント】
下水流臼太鼓踊(9月)、西都古墳まつり(11月)、銀鏡神楽

【著名な出身人物】
米良美一(歌手)、梶谷信之(体操選手)、0930(歌手)、児玉美代(ローカルタレント)、黒木淳吉(作家)、弥勒祐徳(画家)、黒木一明(写真家)、赤塚ヤスシ(DOES)、武中はじめ(歌手)、GILLE(歌手)、オカリナ(お笑いコンビ・おかずクラブ)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮崎県西都市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮崎県西都市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]