『岡山県笠岡市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  岡山県
【市町村】  笠岡市
【面積】  136.24km2
【人口】  46,557人(2020年6月1日)
【人口密度】  342人/km2
【市役所】  岡山県笠岡市中央町1番地の1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

岡山県南西部にある市。

福山都市圏を構成する都市の一つであり福山市と文化的、経済的に非常に深い結び付きを持つ。

瀬戸内海に面し、南には広大な笠岡湾干拓地と大小31の島々からなる笠岡諸島がひろがる。

市域は旧備中国に含まれ、江戸時代には徳川家康の従兄弟で有力譜代大名の水野家が治める福山藩であった。

戦後は福山市と共に備後工業整備特別地域に指定され工業化が進む。

また福山市に跨る大規模製鉄所(JFEスチール)が造成され福山市が全国1位を誇る粗鉄生産の一翼を担っている。

現在は隣接する福山市のベッドタウンであり、生活圏としては完全に福山都市圏の一部である。

広島県福山市に隣接し瀬戸内海に面した港町である。

「笠岡」の地名は吉備氏の一族の「笠臣氏」の勢力範囲であったことに由来するとされる。

隅田川・今立川などからの土砂が堆積した堆積平野を基盤に、近世以降は福山藩などによって干拓・埋め立てが行われ現在の市街が形成される。

瀬戸内海の中央で主要な潮待ち港であった鞆の浦(福山市)から近い良港を持ち古来より海運業が栄える。

山陰地方の日本海と山陽地方の瀬戸内海を結ぶ陰陽連絡街道の一部であり、中国山地の東城(現庄原市)と笠岡を結ぶ東城街道も作られ荷揚港の役を果たした。

また笠岡市金浦の魚市場から高梁市吹屋地区へ鮮魚を運んだ魚荷道「とと道」の起点ともなった。

中心市街地の笠岡は、真言宗大仙院の門前町として発展。

周辺の村々は半農半漁で生計を立てた。

近代までは海運業が栄えるが昭和期以降大型船が用いられるようになると、大型船は遠浅な笠岡港に接岸することはできず海運業は廃れていった。

戦前までの主力産業は花卉を含む農業と島嶼部の採石業。

戦後は備後工業整備特別地域に指定され市内には日本鋼管福山製鉄所(JFEスチール)が誘致され福山市などと共に工業化が進むとともに福山市のベッドタウン化が進む。

また新たに造成された広大な笠岡湾干拓地では酪農を含めた農業が発展する。

山陽新幹線、山陽本線、山陽自動車道、国道2号線といった中国地方の主要な物流、交通の大動脈が市内を東西に縦貫している。

岡山県であるが岡山市など県内の大部分とは明治の府県統合まで異なる歴史を歩んできた地域である。

現在でも東北に50km離れた岡山市や倉敷市などよりも、隣接する福山市の影響が遥かに大きく福山都市圏に属し福山市と緊密に繋がる。

笠岡市の人的・経済的な最大の交流相手は広島県福山市。

1953年(昭和28年)茂平地区を含む城見村は昭和の大合併により笠岡市に編入された、笠岡市は前年(1952年)に金浦町との合併により市制施行している。

島嶼部を除き、内輪東京式アクセントの山陽方言が用いられる。

連母音の融合の傾向が強く、例えば赤いが(アケァー)等に発音される。

断定の助動詞は「じゃ」。

真鍋島を中心とした島嶼部では真鍋島式アクセントと呼ばれる特殊な方言が見られる。

岡山県内であるが歴史的に福山藩の影響が強かったために備後弁(福山弁)との共通点が多く、岡山市を中心とする岡山弁とは差異が大きい。

笠岡駅から福山駅まで山陽本線で最短13分である。

福山駅からは山陽新幹線が東京、新大阪方面には日中毎時4-5本、博多方面は4-6本停車する。

福山駅からは広島駅まで最短24分、新大阪駅へは58分、博多駅へも1時間30分で到着する事から山陽地方主要都市や関西圏、九州北部へのアクセスも良く、また東京駅へも福山経由で4時間弱で到着する。

なお、笠岡市と福山市は結びつきが強く,日常生活圏が重なっていることから地域間の移動が活発であり,一体の交通圏を形成している。

岡山県唯一の指定暴力団である五代目浅野組が市内に本部を構える。

コンビニやタバコ店などを除くと、笠岡市の商業施設はそのほとんどすべてが中心部、及び中心部から東部にかけての国道2号線沿いに立地している。

かつては笠岡駅周辺に小規模な旅館や居酒屋・スナック等がならんでいたが現在はほとんど営業していない。

市の北部・西部には商店が少なく、特に西部には小規模な商店やコンビニエンスストアを除く小売店がないため福山市東部の商店の利用頻度が高い。買回り品(家具家電、衣料品など)の購入は笠岡市全体として福山市など市外への依存が大きい。

[ryoko-2]

【名物】
笠岡ラーメン、シャコ

【専門学校】  
笠岡歯科技工専門学校

【高等学校】
笠岡高等学校、笠岡工業高等学校、笠岡商業高等学校、岡山龍谷高等学校

【中学校】
笠岡東中学校、笠岡西中学校、金浦中学校、新吉中学校、大島中学校、神島外中学校、白石中学校、北木中学校、真鍋中学校、矢掛町中学校組合立小北中学校

【小学校】
今井小学校、大井小学校、大島小学校、大島東小学校、笠岡小学校、金浦小学校、北川小学校、北木小学校、神内小学校、神島外小学校、白石小学校、城見小学校、陶山小学校、中央小学校、新山小学校、飛島小学校、真鍋小学校、六島小学校、吉田小学校

【特別支援学校】
西備支援学校

【JR西日本 山陽本線】
笠岡駅

【道路】
国道2号、笠岡バイパス、広島県道3号井原福山港線(鋼管道路)

【名所・旧跡・観光スポット】
笠岡諸島、白石島、北木島石切場跡、真鍋島城跡、笠岡市立カブトガニ博物館、古代の丘スポーツ公園、笠岡市立竹喬美術館、井笠鉄道記念館、笠岡湾干拓地、道の駅笠岡ベイファーム、旧小田県庁跡、神島八十八ヶ所霊場、笠岡古城山公園、福山藩の辻堂、高島黒土遺跡、津雲貝塚

【祭事・催事・イベント】
ひったか・おしぐらんご(5月)、白石踊(8月)、真鍋島走り神輿(5月)、大空と大地のひまわりカーニバル(8月)、よっちゃれの夜、笠岡いちょう祭、土曜夜市、JFEフェスタ

【道の駅】
笠岡ベイファーム

【著名な出身人物】
岡山大樹(プロモトクロスライダー)、森田思軒(翻訳家)、木山捷平(小説家)、梅垣義明(俳優、WAHAHA本舗劇団員)、島田洋八(漫才師、B&B)、塩田慎二(アナウンサー)、吉岡平(小説家)、田中勝己(作曲家)、上島鳳山(日本画家)、森安正幸・森安秀光(将棋棋士)、南一平(漫画家)、黒田淳(競輪選手)、長迫吉拓(BMX選手)、大悟(お笑いコンビ「千鳥」)

【名物】
笠岡ラーメン、シャコ

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

岡山県笠岡市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【岡山県笠岡市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]