『千葉県銚子市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  千葉県
【市町村】  銚子市
【面積】  84.20km2
【人口】  58,471人(2020年5月1日)
【人口密度】  694人/km2
【市役所】  千葉県銚子市若宮町1番地1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

千葉県北東部の海匝地域に位置する市。

関東地方および千葉県最東端。

市域は利根川下流および河口の南岸で、銚子ジオパーク、海岸部は水郷筑波国定公園に指定されている。

醤油など醸造関連遺産は近代化産業遺産、港町の歴史的町並みは日本遺産に認定されている。

古くから港町として栄え、日本一の水揚げ量である特定第3種漁港の銚子漁港を有し、3つの卸売市場を抱え全国の水産物流通拠点の役割を担う日本有数の水産都市である。

また、利根川の河川舟運で栄えた醤油の五大名産地の一つ。

最上醤油の銘柄を持つヤマサ醤油が本社を置くことで知られる。

江戸時代には利根川水運が開発されたことにより、銚子の醤油醸造を中心に醸造業、水産業、流通業が盛んで、古くは江戸に運ぶ利根海運の交易都市として発展した。

坂東三十三観音霊場二十七番札所である飯沼観音の門前町としても栄えた。

東北地方の藩米と共に地場産業の干鰯や醤油など銚子の産物は江戸に運ばれ、江戸からは作家、書家、画家、詩人が東国三社参詣と合わせて銚子の磯巡りに訪れ、多くの文学作品や絵画が銚子に残されている。

犬吠埼や屏風ヶ浦、地球の丸く見える丘など全国有数の景勝地をもつ観光都市であり、犬吠埼は日本一早い初日の出スポットとして知られており、1月1日未明から早朝にかけて約5万人が訪れる。

保養地としての歴史を持ち、海岸線沿いは文人墨客の歌碑、詩碑が多く立っている。

温暖な海洋性気候であり、避暑地や避寒地に適した気候となっている。

気候を生かした農業も盛んで、露地野菜や果物が栽培されている。

千葉県北東部に位置し、県庁所在地である千葉市から約65キロメートルの距離である。

東京都の都心から90 – 100キロメートル圏内である。

犬吠埼は関東地方および関東平野の最東端に位置し、市の東部と南部は太平洋に面する。

市の北部には利根川が流れており、銚子市で太平洋に注ぐ。

東海岸の黒生から長崎鼻にかけて、1億3000万年前から1億年前の恐竜時代の地層を見ることができる。

犬吠埼は1億2000万年前の地層であり、海底痕跡を数多くみることができる学術的貴重な地層となっている。

そのため「犬吠埼の白亜紀浅海堆積物」として2002年に国の天然記念物に指定された。

2007年には「日本の地質百選」にも選定されている。

銚子漁港は日本随一の水揚量である漁港となっているが、かつては日本の三大海難所の一つに数えられた所であった。

1933年(昭和8年)2月11日に海上郡銚子町、本銚子町、西銚子町、豊浦村が合併し市制施行。

西側は、利根川の堆積物の上の豊かな水田が多い。

また、犬吠埼から屏風ヶ浦に至る海岸線は1959年(昭和34年)に水郷筑波国定公園の一部として指定された景勝地で、観光都市としても名高い。

半島全体のおもな産業は水産業と醤油生産である。

銚子沖は南から来る黒潮が北から来る親潮とぶつかることで混じり合い、東へ向きを変え、加えて利根川から豊富な有機物を含んだ真水が流入するという好漁場となっている。

江戸時代に紀州(和歌山県)から来た漁師たちが外川漁港を整備し、おもにイワシを漁獲して、肥料の干鰯に加工・販売し、巨富を築いたのが始まりともいわれる。

同じく、江戸時代には醤油製造も始まり、原料の大豆ともろみに小麦を加えて、風味のよい醤油を生産して評判を上げ、その後の大発展の礎になった。

琥珀の産地でもある。

江戸時代より銚子は北総や東総における商業の中心として栄え、千葉県内の太平洋沿い地域(海匝・山武・長生・夷隅地域)の中では、茂原市・東金市(準商業中心都市)に次ぐ第3の商業都市であり、銚子商圏を形成する単独商圏都市である。

過去には茂原市に次ぐ第2の商業都市であり、準商業中心都市となっていた。

近年東総地域最大級のショッピングセンターであるイオンモール銚子が出店したことにより三崎町周辺に専門店や量販店などの郊外型ロードサイド店舗が立ち並ぶようになりつつある。

気候を生かした農業も盛んで、スイカ、イチゴなど露地野菜や果物が栽培されている。

市内の銚子大橋前交差点は、国道124号( – 鹿嶋市 – 終点・水戸市)、国道126号( – 東金市 – 終点・千葉市)、国道356号( – 終点・我孫子市)が集まる3国道の起点となっている。

風光明媚な海岸線はかつて数々の文人、墨客が訪れる「文豪の地」として親しまれ、市内には歌碑、詩碑が多く立つ。

利根川水運により銚子は江戸と結びつき関東屈指の港湾産業都市として発展し東国三社巡りをした後の銚子海岸の磯巡りが人気を博した。

坂東三十三観音霊場二十七番札所・飯沼観音、海と川のせめぐ川口の荒磯、黒生・海鹿島の岩礁、白砂青松の君ヶ浜、犬吠埼の怒涛、外川浦の奇岩・千騎ヶ岩と犬岩、屏風ヶ浦の断崖絶壁は多くの文化人を魅了し多くの文学作品が生まれている。

[ryoko-2]

【大学】  
千葉科学大学

【高等学校】
銚子高等学校、銚子商業高等学校、銚子高等学校

【中学校】
第一中学校、第二中学校、第三中学校、銚子中学校、銚子西中学校

【小学校】
飯沼小学校、海上小学校、春日小学校、椎柴小学校、清水小学校、高神小学校、豊岡小学校、豊里小学校、双葉小学校、船木小学校、本城小学校、明神小学校

【幼稚園】
海上幼稚園、春日幼稚園、椎柴幼稚園、清水幼稚園、豊里幼稚園、本城幼稚園、船木幼稚園、飯沼幼稚園、銚子幼稚園

【特別支援学校】
銚子特別支援学校

【JR東日本 総武本線】
猿田駅 – 松岸駅 – 銚子駅

【JR東日本 成田線】
下総豊里駅 – 椎柴駅 – 松岸駅

【銚子電鉄】
銚子駅 – 仲ノ町駅 – 観音駅 – 本銚子駅 – 笠上黒生駅 – 西海鹿島駅 – 海鹿島駅 – 君ヶ浜駅 – 犬吠駅 – 外川駅

【道路】
銚子新大橋有料道路(利根かもめ大橋有料道路)、国道124号、国道126号、国道356号(利根水郷ライン)、千葉県道37号銚子停車場線、千葉県道71号銚子旭線、千葉県道73号銚子海上線、千葉県道74号多古笹本線、千葉県道198号銚子波崎線、千葉県道211号飯岡猿田停車場線、千葉県道216号飯岡松岸停車場線、千葉県道244号外川港線、千葉県道254号銚子公園線、千葉県道286号愛宕山公園線(銚子ドーバーライン)

【名所・旧跡・観光スポット】
銚子漁港、犬吠埼、犬吠埼灯台、君ヶ浜、長崎鼻、長崎鼻一ノ島照射灯、銚子ポートタワー、ウォッセ21、銚子海洋研究所、銚子電気鉄道観光列車、ハーブガーデン・ポケット、北総四都市江戸紀行、江戸を感じる北総の町並み、銚子外川の町並み、妙福寺、円福寺、銚子縮、銚子大漁節、西廣家住宅、磯角商店、銚子の醤油醸造、銚子の磯巡り、犬吠埼白亜紀浅海堆積物、犬岩・千騎ケ岩、屏風ヶ浦、海上八幡宮、川口神社、猿田神社、銚港神社、渡海神社、常燈寺、木造薬師如来坐像、本堂、宮殿、棟札、満願寺、瑞鶴荘跡、中島城、野尻古墳群

【祭事・催事・イベント】
銚子はね太鼓、大潮まつり(6月)、きんめだいまつり(7月)、みなとまつり(8月)、産業まつり(10月)

【名産・特産品】
ヤマサ醤油、ヒゲタ醤油、キンメダイ(銚子つりきんめ)、イワシ(銚子の入梅いわし)、キャベツ(灯台キャベツ)、メロン(銚子メロン)、ぬれ煎餅、水産缶詰、籐製品、銚子縮、清酒、海藻こんにゃく

【著名な出身人物】
上野愛(漫画家)、内田良平(俳優)、内海桂子(漫才師)、大崎瑠衣(元 銚子元気娘)、岡田英次(俳優)、金子周次(版画家)、カノン(ベーシスト、アンティック-珈琲店-)、菊地成孔(ジャズ・ミュージシャン)、国木田独歩(作家)、弦哲也(作曲家)、坂口三千代(随筆家)、高倉みゆき(女優)、高階良子(漫画家)、千葉一夫(歌手)、夏木ゆたか(タレント)、名雪佳代(女優)、浜口陽三(版画家)、宮内洋(俳優)、柳家三之助(落語家)、Yumiyo(作詞家)、渡辺學(日本画家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

千葉県銚子市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【千葉県銚子市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]