『埼玉県さいたま市緑区』の動画を楽しもう!

【都道府県】  埼玉県
【市町村】  さいたま市緑区
【面積】  26.44km2
【人口】  125,918人(2020年5月1日)
【人口密度】  4,762人/km2
【区役所】  埼玉県さいたま市緑区大字中尾975番地1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

埼玉県さいたま市を構成する10区のうちのひとつである。

埼玉スタジアム2002が所在する。

緑区は、埼玉県さいたま市の南東部に位置する。

さいたま市が政令指定都市に移行するに当たり、旧浦和市は4つの区に分割され、西部に桜区、中心市街地を含む中央部北側に浦和区、中央部南側に南区、東部に緑区が設置された。

旧浦和市の東部に位置する緑区の区域は、おおむね尾間木地区、三室地区、美園地区の各全域と谷田地区の北東部に相当する。

関東平野の中に位置する緑区は、区の全域にわたって標高が低く、最も低い地点で海抜2.4m(大字大牧)、最も高い地点でも標高19.8m(大字大門)である。

緑区の周辺では、綾瀬川や芝川、加田屋川といった中小の河川に沿って谷底平野が形成され、これによって大宮台地(北足立台地)が複数の支台に区切られている。

このうち緑区の西半は、浦和大宮支台の東端部に位置する。

その東側の区中央部には芝川が流れ芝川低地(見沼)を形成しており、さらにその東側は鳩ヶ谷支台となっている。

区の北東境には綾瀬川が流れており、岩槻区との境界をなしている。

芝川は、下流から上流方向に遡ると緑区と見沼区の境界付近で、芝川の本流と加田屋川の二手に分かれる。

この芝川の上流側と加田屋川の北側は見沼区であり、この見沼区と大宮台地片柳支台はほぼ範囲を同じくする。

現在の大門地区は、日光御成街道の宿場である大門宿として知られる。

旧浦和市時代に見沼田圃より西の台地のほとんどの部分で区画整理事業が着手された。

昭和から現在までに東浦和駅周辺や三室地区を中心として宅地化が急速に進んだ。

[ryoko-2]

【大学】
浦和大学、浦和短期大学、慶應義塾大学(薬学部・浦和共立キャンパス)

【高等学校】
浦和明の星女子高等学校、浦和学院高等学校、青山学院大学系属浦和ルーテル学院高等学校、浦和東高等学校

【中学校】
浦和明の星女子中学校、青山学院大学系属浦和ルーテル学院中学校、尾間木中学校、原山中学校、東浦和中学校、美園中学校、美園南中学校、三室中学校

【小学校】
青山学院大学系属浦和ルーテル学院小学校、大牧小学校、尾間木小学校、道祖土小学校、芝原小学校、大門小学校、中尾小学校、野田小学校、原山小学校、美園小学校、美園北小学校、三室小学校

【特別支援学校】
浦和特別支援学校、さくら草特別支援学校

【名所・旧跡・観光スポット】  
埼玉スタジアム2002、埼玉スタジアム2002公園、氷川女体神社、清泰寺、総持院、吉祥寺、南部領辻の鷲神社、大門宿、見沼通船堀、旧浦和宿本陣表門

【JR東日本 武蔵野線】
東浦和駅

【埼玉高速鉄道】
浦和美園駅

【道路】
新見沼大橋有料道路、国道122号、国道463号、埼玉県道1号さいたま川口線、埼玉県道35号川口上尾線、埼玉県道65号さいたま幸手線、埼玉県道103号吉場安行東京線、埼玉県道105号さいたま鳩ヶ谷線、埼玉県道214号新方須賀さいたま線、埼玉県道235号大間木蕨線、埼玉県道381号東大門安行西立野線

【著名な出身人物】
菊川怜(タレント)、藤光謙司(陸上競技選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

埼玉県さいたま市緑区(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【埼玉県さいたま市緑区(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]