『栃木県真岡市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  栃木県
【市町村】  真岡市
【面積】  167.34km2
【人口】  78,886人(2020年5月1日)
【人口密度】  471人/km2
【市役所】  栃木県真岡市荒町5191番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

栃木県の南東部に位置する市。

旧芳賀郡。

農業・商業・工業のバランスのとれた芳賀郡市の中心都市である。

地名の「真岡(もおか)」の由来は、市街の中心部にあたる「台町」一帯の丘は、かつて、沼や沢で覆われ、水鳥たちの生息地になっていたとか、台地にそびえる松などの木々には、鶴が飛来し、その舞い飛ぶ様があまりにも美しいので人々はいつからか、「ツルの舞う丘」、「舞丘(まいおか)」と呼ぶようになって、舞丘が「もうか」といわれるようになり、「真岡」と書かれるようになったなどともいわれる。

そのほかにも、高館、真(ん中の)岡、下館と上流・中流・下流にある武力闘争用の家城から真岡と呼ばれるようになったとする地元郷土史研究家(学校職員)もいる。台町のバス通りが窪地になっていて、堀を形成している。小学校の他の方角は沼地、川などの自然の要塞を構築しているから、という小中学生の公演をしていた。

また、真岡のアクセントについては、「か↑ぬま(鹿沼)」や「お↑やま(小山)」と同様に、「も↑おか」と、頭高アクセントをつけるケースが増えているが、真岡のアクセントについては、「も↓おか」と、「も」の音を下げ、「おか」の音を上げる方が正しい。

すなわち、「もおかし(真岡市)」と発音した際の「もおか」の発音である。

市民の多くは「も↑おか」の発音に違和感を覚える場合が多いので、注意が必要である。

先に述べたように、真岡市は栃木県と茨城県の県境に存在する旧芳賀郡に属する。

方言としては、関東北部の「単語のどこを高くするという決まりが無い無アクセント」と言われている地区である。

芳賀郡時代からの住民は「も」に強いアクセントを持つ言葉を使い続けていた。

一方「昭和30年代より内陸型の工業団地」が建設され各地から転勤などにより居住するような人々は、生まれ育った地区の言葉を使い「おか」にアクセントを持つ言葉を使っている。

同県の南東部、関東平野の北のはずれにある。

東京からは、およそ100kmの距離。

西から鬼怒川低地、真岡台地、五行川低地が連なり、低地域では稲作が盛んである。

市の東部は標高 150 – 280m 程度の八溝山地の一端がかかる。

地場産業としては、酒造や真岡木綿がある。

造り酒屋は数軒存在したが現在は1社のみである。

江戸時代、この地が集散地となった真岡木綿は最盛期37万反を産したが、開国にともなう海外木綿の流入により明治以降は生産量が激減し、農家の自家消費程度の生産しかされなくなった。

近年、真岡木綿の復興が図られかつての経験者により技術伝承の努力がなされている。

技術支援に足利の繊維産業従事者の支援を受けている。製品は物産会館などで購入することができる。

昭和30年代より内陸型の工業団地が計画され造成が進んだ。

立地としては、当時農業以外に産業が少なく農家の次三男などの余剰労働力を多く抱え過疎化が進行していたこと。

広範囲に平地林(雑木林)が存在したが、エネルギー革命(薪炭革命)や化学肥料の普及により枯れ葉の堆肥化や薪炭の利用がされず造成適地として残っていたこと。

鬼怒川が近くを流れ工業用水を得やすかったこと。

東京から100キロ圏内で製品輸送の便がよかったことなどにより、折からの高度経済成長に乗って多数の工場が進出してきた。

市西部の台地に進出した企業は、隣町の上三川町に日産の栃木工場、芳賀町にホンダの栃木研究所があることから自動車の関連企業が多い。

他に電子機器、工作機械、非鉄金属(アルミ圧延)、食品加工などの工場も立地している。

地元真岡市から工業団地に入った企業は当初2社と少ない。

現在第4・第5工業団地を造成している。

地方都市として小規模な商店街が中心部にある。

昭和40年代から大規模小売店が進出、その後駅西の区画整理事業地内に広大な駐車場をそなえた郊外型の総合スーパー(ベイシア真岡店)が進出した。

都市計画道路沿いを中心に専門店も進出している。

市中心部の個人商店を中心とした商店街は、店を閉めた所が何軒かあるが、シャッター街も寂れた町並みもなく、市の商業地区全体としては洋風の建物が多い綺麗な街並みとなっている。

大型店に対抗して地元商店が商業協同組合によるショッピングセンターを建設したが、そのほとんどが閉店、現在は北真岡地区に一店舗を残すのみである。

2005年夏に日本コロムビア(子会社)の工場跡地にイオンスーパーセンター真岡店がオープンした。

耕地は水田が主である。

作物としては米のほか、イチゴ、なす、メロンなど。

真岡市が芳賀地区の中心となっているため「JAはが野」の本所や集荷施設なども存在している。

施設園芸作物の生産は盛んである。

[ryoko-2]

【山】  
根本山、磯山

【河川】
鬼怒川、五行川、小貝川

【高等学校】
真岡高等学校、真岡女子高等学校、真岡工業高等学校、真岡北陵高等学校

【中学校】
真岡中学校、真岡東中学校、真岡西中学校、大内中学校、山前中学校、中村中学校、久下田中学校、長沼中学校、物部中学校

【小学校】
真岡小学校、真岡西小学校、真岡東小学校、亀山小学校、大内中央小学校、大内西小学校、大内東小学校、山前小学校、西田井小学校、中村小学校、長田小学校、久下田小学校、長沼小学校、物部小学校

【真岡鐵道 真岡線】
久下田駅 – 寺内駅 – 真岡駅 – 北真岡駅 – 西田井駅 – 北山駅

【道路】
国道121号、国道294号、国道408号、鬼怒テクノ通り、栃木県道44号栃木二宮線、栃木県道45号つくば真岡線、栃木県道46号宇都宮真岡線、栃木県道47号真岡上三川線、栃木県道61号真岡那須烏山線、栃木県道106号久下田停車場線、栃木県道119号真岡岩瀬線、栃木県道134号西田井停車場線、栃木県道140号真岡停車場線、栃木県道156号石末真岡線、栃木県道163号黒田市塙真岡線、栃木県道166号西田井二宮線、栃木県道179号稲沢黒羽線、栃木県道187号物井寺内線、栃木県道193号雀宮真岡線、栃木県道204号結城二宮線、栃木県道207号高田筑西線、栃木県道216号岩瀬二宮線、栃木県道257号西小塙真岡線、栃木県道276号井頭公園線、栃木県道310号下野二宮線、栃木県道316号真岡筑西線、栃木県道320号二宮宇都宮線

【道の駅】
にのみや

【名所・旧跡・観光スポット】
大前神社、井頭公園、中村八幡神社、真岡観光リス村、中村城、久保記念観光文化交流館(さだじろう記念館)、さむらい刀剣博物館、SLキューロク館

【祭事・催事・イベント】
真岡の夏祭り、夏越祭、例大祭

【著名な出身人物】
小田茜(女優)、上原チョー(ピン芸人)、ジャイアント白田(フードファイター)、上野優作(サッカー選手)、ピストン堀口(プロボクサー)、桐生麻耶(OSK日本歌劇団)、勝道(日光開山の祖)、星野貴紀(声優)、野州山孝市(力士)、橋本和芳(アナウンサー)、柏崎桃子(お笑い芸人)、上野比呂企(アナウンサー)、水沼尚輝(競泳選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

栃木県真岡市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【栃木県真岡市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]