『宮城県気仙沼市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮城県
【市町村】  気仙沼市
【面積】  332.44km2
【人口】  60,660人(2020年1月1日)
【人口密度】  182人/km2
【市役所】  宮城県気仙沼市八日町一丁目1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

宮城県の北東端に位置する市。

太平洋沿岸にあり、三陸海岸の一部をなす。

戦国時代末期の天正19年(1591年)に豊臣秀吉による奥州仕置があり、当地では、陸奥国閉伊郡平田村から北側が南部氏領(後の盛岡藩)、気仙郡唐丹村から南側が伊達氏領(後の仙台藩)となった(いずれも現・岩手県釜石市)。

江戸時代の気仙沼本郷を中心とする当市は、気仙郡の南側に隣接する本吉郡にかつて属し、明治維新の廃藩置県や府県統合を経て宮城県域となり、一方の気仙郡等は岩手県域になった。

岩手県域に入り込んだような形をしている当市は、旧・本吉郡域との関係の深さは当然ながら、北接する旧・気仙郡の岩手県大船渡市や陸前高田市、あるいは内陸側で隣接する岩手県一関市とも関係が深い。

当市は三陸海岸南部の交通や商業の拠点となっており、リアス式海岸を利用した観光も発展している。

特定第三種漁港の気仙沼漁港を初めとした市内の各漁港は、三陸海岸での沿岸漁業・養殖漁業、世界三大漁場「三陸沖」での沖合漁業、さらに世界の海を対象にした遠洋漁業の基地として機能し、関連する造船から水産加工までの幅広い水産業が立地する。

このような背景から、気仙沼都市圏の中心市としての買物客の集客や各地から訪れる観光客に加え、漁業・水産関係者の往来も多い。

カツオを追って北上してくる千葉県・高知県・宮崎県などの漁船、サンマを追って南下してくる北海道などの漁船に乗った日本各地の漁民が行き交い、遠洋漁業の外国人乗組員や水産加工に従事する外国人研修者が働き、特産のフカヒレを買い求める中国人バイヤーなどが訪れ、常住人口に比して交流人口が多様な県内有数の交流拠点の一つである。

名物(ご当地グルメ)の一つである「気仙沼ホルモン」は、このような人々の広域な交流と産業背景から生み出されたものとして知られる。

宮城県の北東端に位置し、東は太平洋に面する。

東部の唐桑地区から気仙沼地区にかけては、三陸の他地域と同様にリアス式海岸が特徴的である。

同じリアス式海岸でも当地方では岩手県沿岸と比較して標高が低く、なだらかな丘陵が多い。

唐桑半島と岩井崎の間では、深く入り組んだ海岸線が波の穏やかな気仙沼湾を形成し、湾内には大島が浮かぶ。

本吉地区に入ると穏やかな海岸線が見られるようになる。

三陸沖の黒潮の影響によって冬は比較的温暖であるが、夏はやませの影響で冷涼である。

2011年(平成23年)3月11日、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、気仙沼市赤岩で震度6弱、本吉町および笹が陣で震度5強を記録した。

大津波とそれによって流出した石油の引火による広域火災も発生し、被害は甚大なものとなった。

1953年(昭和28年)6月1日に吉郡気仙沼町と鹿折町、松岩村が合併し、気仙沼市が発足。

漁業・水産業と観光が中心である。

東日本大震災後は、ほぼ日刊イトイ新聞が支社を設け、糸井重里の助言を受けてセーター製造会社が起業されるなど新しい動きが見られる。

マグロ、カツオ、サンマは、全国有数の水揚げ高を誇る。

ふかひれ(鱶鰭)の産地としても有名であり、水揚げ量は日本一である。

市中心部には水産加工団地が発達している。

牡蠣やホタテの養殖でも知られている。

小売業では、いくつかの商店街と、イオン気仙沼店のような大型店、郊外店がある。

店舗を含む海岸近くの市街地は、東日本大震災による津波で大きな被害を受けた。

地元住民向けの小売・飲食機能の回復と市外からの観光客誘致を兼ねて、商業施設や復興商店街が新たに整備されている。

前者では、2011年12月に「気仙沼さかなの駅」が、2014年に「気仙沼 海の市」(店舗のほかシャークミュージアムや氷の水族館で構成)が、2017年11月に「南町紫神社前商店街」が、2018年には内湾地区に「迎」(むかえる)が開業した。

東日本大震災被災により、気仙沼市全域の飲食店の7割が津波により店舗を失った。

気仙沼市では被災を受けた飲食店の仮設店舗集合施設が市内各所に設けられ、事業再開に向けた活動が行われていた。

屋台村は、2017年3月20日をもって閉鎖された。

「ホヤぼーや」が市の観光PRキャラクター。

[ryoko-2]

【山】  
大森山(760m)、安波山、亀山(大島)、早馬山、手長山、熊山、君ヶ鼻山、徳仙丈山、長の森山、田束山、大神宮山

【河川】
大川、神山川、鹿折川、面瀬川、八瀬川、松川、金成沢川、二十一川、津谷川、馬籠川、沖の田川

【専門学校】
気仙沼高等技術専門校、気仙沼市立病院付属看護専門学校

【高等学校】
気仙沼高等学校、気仙沼向洋高等学校、本吉響高等学校、東陵高等学校

【中学校】
気仙沼中学校、条南中学校、鹿折中学校、松岩中学校、面瀬中学校、新月中学校、階上中学校、大島中学校、唐桑中学校、津谷中学校、大谷中学校

【小学校】
気仙沼小学校、九条小学校、鹿折小学校、松岩小学校、水梨小学校、面瀬小学校、新城小学校、月立小学校、階上小学校、大島小学校、唐桑小学校、中井小学校、小原木小学校、津谷小学校、小泉小学校、大谷小学校

【特別支援学校】
気仙沼支援学校

【JR東日本 大船渡線】
気仙沼駅

【道路】
国道45号、国道284号、国道346号、宮城県道5号気仙沼港線、宮城県道・岩手県道18号本吉室根線、宮城県道26号気仙沼唐桑線、宮城県道・岩手県道34号気仙沼陸前高田線、宮城県道65号気仙沼本吉線、宮城県道206号馬籠志津川線、宮城県道208号大島線、宮城県道209号上八瀬気仙沼線、宮城県道210号鹿折唐桑停車場線、宮城県道211号上鹿折停車場線、宮城県道218号大島浪板線、宮城県道233号馬籠東和線、宮城県道239号馬場只越線

【名所・旧跡・観光スポット】
リアス・アーク美術館、大島、十八鳴浜、小田の浜海水浴場、お伊勢浜海水浴場、竜舞崎、岩井崎、内湾、神明崎、安波山、早馬山、唐桑半島ビジターセンター、巨釜半造、御崎、大理石海岸、徳仙丈山、市民の森、前浜貝塚、田柄貝塚、田束山、田束経塚群、大谷鉱山、気仙沼市大谷鉱山歴史資料館、道の駅大谷海岸(はまなすステーション)、千田家住宅、旧月立小学校校舎、モーランド・本吉、氷の水族館、気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館

【祭事・催事・イベント】
徳仙丈つつじ祭り、気仙沼みなとまつり、小泉川夏祭り、けせんぬまサンマまつり、気仙沼サンマフェスティバル、お米フェスティバル、気仙沼地方産業まつり、本吉町産業まつり、気仙沼市民文化祭、田束山石像公園祭り、大谷シーサイドフェスタ、マンボウサンバ大会、気仙沼市長杯サーフィンコンテスト、羽田のお山がけ、早稲谷鹿踊り、新城田植踊、廿一田植踊、山田大名行列

【著名な出身人物】
黒沢光義(シンガーソングライター)、畠山美由紀(シンガーソングライター)、熊谷育美(シンガーソングライター)、バイソン片山(ドラマー)、EMMA(DJ)、千葉一伸(声優)、柳家三寿(落語家)、マギー審司(タレント)、佐々木莉佳子(アイドル)、SCK GIRLS(ローカルアイドル)、三田光一(超能力者)、気仙沼ちゃん(元タレント)、小野寺ずる(女優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮城県気仙沼市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮城県気仙沼市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]