『北海道名寄市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  名寄市
【面積】  535.20km2
【人口】  27,275人(2019年12月31日)
【人口密度】  51人/km2
【区役所】  北海道名寄市大通南1丁目1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道北部(道北地方)に位置し、上川総合振興局に属する都市である。

名寄市は名寄盆地に位置する市であり、農産物の集散地として発展してきた。

上川地方北部、すなわち、塩狩峠以北の中心都市であり、道北地方の商業・産業の中心都市とされ、上川管内では旭川に次ぐ中核地であった。

名寄市からは、旭川市など道央方面だけでなく、日本海側方面やオホーツク海側方面なども含めて他地域との交通路が整備されてきた。

しかし、まだ日本の人口が増加していた1960年代から既に名寄市の人口は減少傾向が続いており、2002年には過疎地域の指定を受け、2010年代も人口は下げ止まらなかった。

この間、20世紀終盤の1989年には名寄本線が廃線、1995年には名寄の「名」の字の入った深名線も廃止され、さらに、最後に残った宗谷本線も廃線に向けた議論が行われる状況に陥った。

また、人口減少を受けて教育施設の統廃合なども続いてきた。

なお、市外局番が日本の市部としては珍しく、三笠市(01267)と同じく5桁(01654)である。

地名の由来は、アイヌ語で現在の名寄川と天塩川の合流点を指していた名と考えられる「ナイオㇿプトゥ(nay-or-putu)」(川・の所・の口)に由来するとされる。

北海道北部にある名寄盆地の主な河川として天塩川と、その支流の名寄川などが知られる。

名寄市の市街地は、この天塩川と名寄川の合流点のやや上流側、ちょうど2つの川に挟まれた地域に形成された。

名寄市市役所や名寄駅なども、ここに設置されている。

この場所は北緯44度線よりも北と、北海道でも北の方に位置しており、旭川市から国道40号を北に進んだ場所にある。

なお、名寄市の市域は東西よりも南北に幅のある形をしており、大雑把に言うと、市域の東端と西端の標高が高く、その間が標高の低い盆地である。

朱鞠内湖との距離は比較的近いものの、市域の西端の分水嶺で隔絶されており、名寄市側に大きな水域は見られない。

また、北緯44度線よりも北とロシアのサハリンに近い為、AMラジオではサハリンのラジオ放送も受信することが出来る。

このようなこともあり、名寄市はサハリンのドーリンスク市とは友好都市の関係を結んでおり、名寄市内にはドーリンスク通り、名寄・ドーリンスク友好広場が存在する。

冬場は冷え込みが厳しく、1月の平均気温は-9.4 ℃、2月の平均最低気温は-16.2 ℃と、日本の市の中では最も低い。

空気中の水蒸気が凍って出来るダイヤモンドダストや太陽光が反射して光の柱のように見えるサンピラー(太陽柱)現象が市の名物にもなっている。

アイヌ民族が居住してきた地域でもあり、精霊コロポックルの民俗伝承が残る地域である。

名寄市の基幹産業は農業である。

また近隣の町村に比べて、名寄市は官公庁の出先機関や民間企業の営業所が比較的多い。

商業は量販店の出店も見られた一方で、閉店も相次いできた。

基幹産業は農業で、餅米の生産量は日本一を記録したこともある。

日本における餅米の大規模な産地としては名寄市付近が最北であり、例えば、三重県の伊勢名物の和菓子「赤福餅」に使われる原材料のもち米は、名寄産を中心に使用している。

また、アスパラガスやカボチャの生産も盛んである。

ヒマワリ畑も作られ、北海道内では北竜町に次ぐ規模であり、観光資源にもなっている。

かつては宗谷本線の名寄駅から名寄本線と深名線が分岐し、国鉄城下町としても栄えていた。

しかし、国鉄分割民営化に伴う大規模な人員異動や希望退職、両路線の廃止によって地域経済は大きな影響を受けた。

このあおりを受け、2002年(平成14年)には過疎地域の指定を受けている。

一方で、冬期間は日本国内でも非常に寒冷な地域であることを利用し、住友ゴム工業がタイヤテストコースを置くといった例も見られる。

この他、風連町の合併した関係で、風連町の町域にあった雨竜発電所は名寄市内にある発電所になった。

サンピラーパークには2006年11月に公園管理棟を兼ねたカーリング場が設置された。

冬期に寒冷な名寄市は「雪質日本一」をアピールしており、名寄市東部のクトゥンヌプリにはピヤシリスキー場が設置されている。

ピヤシリスキー場に隣接するスキージャンプ台では大会も開催される。

また、ピヤシリスキー場の麓には名寄温泉が開湯された。

[ryoko-2]

【大学】
北海道大学森林圏北管理部、名寄市立大学

【高等学校】
名寄高等学校、名寄産業高等学校、風連高等学校

【中学校】
名寄中学校、名寄東中学校、智恵文中学校、風連中学校

【小学校】
名寄小学校、名寄南小学校、名寄東小学校、名寄西小学校、中名寄小学校、智恵文小学校、風連中央小学校、風連下多寄小学校

【幼稚園】
光名幼稚園、名寄大谷幼稚園、名寄カトリック幼稚園、名寄幼稚園、風連幼稚園

【JR北海道 宗谷本線】
風連駅 – 東風連駅 – 名寄駅 – 日進駅 – 北星駅 – 智恵文駅 – 智北駅

【道路】
国道40号、国道239号、北海道道206号下川風連線、北海道道252号美深名寄線、北海道道292号智恵文停車場線、北海道道328号風連停車場線、北海道道537号旭士別線、北海道道538号旭名寄線、北海道道540号名寄停車場線、北海道道688号名寄遠別線、北海道道729号朱鞠内風連線、北海道道758号パンケ風連線、北海道道760号智恵文美深線、北海道道798号西風連名寄線、北海道道850号瑞生下士別線、北海道道939号日進名寄線、北海道道976号西風連士別線

【道の駅】
もち米の里☆なよろ

【名所・旧跡・観光スポット】
日本基督教団名寄教会堂、風連獅子舞、名寄公園のミズナラ林、グイマツ、ピリカノカ、九度山、名寄鈴石、名寄高師小僧、なよろ市立天文台、名寄ピヤシリスキー場、名寄市北国博物館、なよろ温泉サンピラー、なよろひまわり畑、ふうれん望湖台自然公園、農産物出荷調整施設の壁画

【祭事・催事・イベント】
てっし・名寄まつり(8月)、智恵文ひまわり畑(8月)、なよろ雪質日本一フェスティバル・国際雪像彫刻大会(2月)、風連冬まつり、日進スノーフェスティバル、白樺まつり、風連ふるさとまつり、風連神社祭、JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニアスキー選手権大会(3月)、なよろ憲法記念ハーフマラソン大会(5月)、サンピラー国体記念サマージャンプ大会(7月)、有森裕子なよろひまわりリレーラン(8月)、名寄ピヤシリジャンプ大会(12月)、吉田杯ジャンプ大会(12月)、名寄コンバインドチャンピオン競技会(12月)、全日本コンバインド大会(12月)、クロスカントリー名寄大会(12月)

【名産・特産】
大福、煮込みジンギスカン、アスパラガス

【著名な出身人物】
いくえみ綾(漫画家)、石田直裕(将棋棋士)、伊藤晋平(アナウンサー)、西田直道(作曲家)、松下由樹(女優)、メドウズ舞良(ファッションモデル)、元晴 – サックス奏者(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道名寄市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道名寄市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]