『高知県南国市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  高知県
【市町村】  南国市
【面積】  125.30km2
【人口】  46,959人(2020年1月1日)
【人口密度】  375人/km2
【市役所】  高知県南国市大埇甲2301番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

高知県の市である。

高知県の中東部に位置し、県庁所在地の高知市の東に隣接する。

市の中心地は後免(ごめん)であるものの、市役所など行政施設や商業施設は大篠地区の大埇(おおそね)に集中している。

高知県では第2位の人口であるが、都道府県第二の都市としては全国で最も人口が少ない。

四国山地が尽きて高知平野が開ける場所に当たり高知県の空・陸の玄関口となっている。

高知龍馬空港があり、鉄道は土讃線・とさでん交通・土佐くろしお鉄道が走る。

また道路では高知自動車道が走り、北部四国方面からの国道32号と室戸岬方面からの国道55号、徳島方面からの国道195号が交わる交通の要衝である。

しばしば「なんごくし」と誤読され、高知自動車道の南国サービスエリアも読みは「なんごく」である。

市名は『城東市』『嶺南市』『香長市』『後免市』『南海市』『南国市』の6つの候補の中から選ばれた。

なお、国を「こく」と読むようにしたのは、「ごく」=「獄」につながるのを避けることも考慮された上だったという。

北部は四国山地の南端に位置し、自治体域の約半分が山林となっている。

また南部は高知平野が広がり、太平洋に面して東西約8キロメートルの海岸線を有する。

香南市との境に物部川が北から南に流れ太平洋に注いでいる。

また国分川や野中兼山の新田開発によって作られた舟入川が市の中央部を東から西に流れ、高知市で浦戸湾に注いでいる。

1959年(昭和34年)10月1日に長岡郡後免町・香長村・野田村・岡豊村・香美郡岩村が合併して発足。

高知自動車道・高知龍馬空港などの交通インフラの充実していることや高知市と近いことから企業の進出が活発に行われている。

[ryoko-2]

【山】  
笹ヶ峰 (1131m)、高木尻山 (897m)

【河川】
物部川、国分川

【大学】
高知大学医学部(岡豊キャンパス)、高知大学農林海洋科学部(物部キャンパス)

【高等専門学校】
高知工業高等専門学校

【高等学校】
岡豊高等学校、高知農業高等学校、高知東工業高等学校、清和女子高等学校

【中学校】
香長中学校、香南中学校、鳶ヶ池中学校、北陵中学校、北陵中学校希望ヶ丘分校、清和女子中学校

【小学校】
稲生小学校、大篠小学校、大湊小学校、岡豊小学校、岡豊小学校希望ヶ丘分校、久礼田小学校、国府小学校、後免野田小学校、白木谷小学校、十市小学校、長岡小学校、奈路小学校、日章小学校、三和小学校

【特別支援学校】
高知江の口養護学校高知大学医学部附属病院分校、高知若草養護学校土佐希望の家分校

【空港】
高知龍馬空港

【JR四国 土讃線】
土佐長岡駅 – 後免駅

【土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線】
後免駅 – 後免町駅 – 立田駅

【とさでん交通 後免線】
後免町駅 – 後免東町停留場 – 後免中町停留場 – 後免西町停留場 – 東工業前停留場 – 住吉通停留場 – 篠原停留場 – 小篭通停留場

【道路】
国道32号、国道55号、南国バイパス、国道195号

【道の駅】
道の駅南国風良里

【名所・旧跡・観光スポット】
岡豊城跡、下田城、紀貫之邸跡・古今集の庭、小蓮古墳、土佐国衙跡、長畝古墳群、明見彦山古墳群、高知県立歴史民俗資料館、西島園芸団地、巨峰園、長尾鶏センター、やなせたかしロード

【四国八十八箇所】
土佐国分寺、禅師峰寺

【神社】
伊都多神社、小野神社、坂本神社、豊岡上天神社、新宮神社

【祭事・催事・イベント】 
えんこう祭(6月)、土佐のまほろば祭り(8月)、伊都多神社秋大祭(11月)

【著名な出身人物】
岩原大起(アナウンサー)、岡林裕二(プロレスラー)、北村正利(天文学者)、ジェニーいとう(ものまねタレント)、島井咲緒里(将棋女流棋士)、島崎和歌子(タレント)、高松英郎(俳優)、竹田智史(プロバスケットボール選手)、武政賢祐(お笑い芸人(タリキ))、竹村よしひこ(漫画家)、三山ひろし(演歌歌手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

高知県南国市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【高知県南国市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]