『愛媛県西条市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  愛媛県
【市町村】  西条市
【面積】  509.98km2
【人口】  104,873人(2020年1月1日)
【人口密度】  206人/km2
【市役所】  愛媛県西条市明屋敷164番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

愛媛県東予地方、西日本最高峰石鎚山の麓に位置する市。

瀬戸内海燧灘に面する。

西条市は、国の名水百選にも選出されている「うちぬき」と呼ばれる自噴水(地下水)やカブトガニなどで広く知られる。

市が取り組んできた工業(製造業など)を中心とする産業振興方針を現代でも継承しており、同市の工業出荷額は四国の市町村の中でも上位に位置する金額である。

2000年代前半においては製造品出荷額などにおいて四国最大を誇っていた時期もあったが、その後今治造船や日本食研などを擁する今治市や、番の州臨海工業団地を擁する坂出市に抜かれ、2009年時点では四国3位になっている。

臨海部には国内最大級の今治造船のドックを有する。

2004年(平成16年)11月1日西条市、東予市、周桑郡小松町、同丹原町が対等合併して新たな「西条市」が誕生した。

西条という地名は、鎌倉時代の荘園名にも見ることができ、その後の西条藩にも受け継がれてきたように歴史的にも由緒ある地名である。

最も古くは「予章記」建暦元年条に河野通信は軍功により「新居西条の郷」を賜りとある。

西条市になる以前は古くは神野郡、新居郡(現在の愛媛県西条市・新居浜市)

小松町明穂南方段丘の上に広さ6,000m2にも及ぶ広大な遺跡群がある。

約2万年前になる後期旧石器時代のサヌカイト製ナイフ形石器などが発掘されている。

「西条は、まちのすべてが、学びのキャンパス」という基本理念のもと、教育・研究交流協定を締結した大学などから研究者などを招へいし、幅広い分野における教育・研究交流を通じて、地域課題の解決や人材育成に取り組み、地域の活性化を図る。

臨海部は、四国中央市、新居浜市、西条市、今治市、松山市へと繋がる、中四国最大規模の工業地帯を形成している。

素材、半導体、造船、飲料、発電、鉄鋼など、工業立地の形態が多種多様な分野に至るのが当市の工業立地の特徴である。

工業出荷額は四国の市町村のなかでもトップクラスであり、高知県全体よりも大きい。

隣接する新居浜市とは工業のみならず商業においても一体化が進んでおり、1つの経済圏をなしている。

加茂川水系と中山川水系下流部に位置する市中央部の西条平野は穀倉地帯として知られる。

また、西部の周桑地域では、花き、野菜、果樹などが栽培されており、愛媛県下有数の農業地帯となっている。

遠浅の海岸が連なっていたが、埋め立てにより、次第に漁場は狭められているものの、小型漁船漁業や海岸を利用した海苔養殖などが営まれている。

東予新産業都市の開発拠点として、大規模な臨海工業団地の建設を機会に、急速に工業が集積した地域である。

加茂川水系がもたらす豊富な地下水を有し、四国の中心部に位置すること、西日本最大規模の臨海工業団地を有すること、産業道路として位置付けられた愛媛県道13号壬生川新居浜野田線が整備されたことなどが、四国を代表する工業地帯への成長に繋がっている。

西条地域のエレクトロニクス・半導体・ビール・鉄工・造船に加え、東予地域の機械製造、丹原地域の鋳物、内陸部の縫製業などが主力業種である。

東部の埋立地に今治造船の船殻工場があったが、ドック設備が新設され、新造船も行われるようになった。

国内では実に四半世紀ぶりのドック新設であり、業界関係者から注目されるところとなっている。

同社最大規模の造船所となっており、大型タンカーや鉱石運搬船などが建造されている。

その関係の事業所も立地しており、立地している製造業の幅が広がった。

近年では、西条産業情報支援センターを中心とする内発型産業の育成にも重点を置いている。

方言は、西条弁と呼ばれる。

愛媛県の方言は東予中予南予と3つに大別される。

東予方言は新居郡、西部、宇摩郡に分かれる。

西条市は平成の大合併前の旧西条市が新居郡方言、合併した旧東予市、旧小松町、旧丹原町が東予西部方言となる。

新居郡方言が更に東部と西部に別れ、旧西条市が新居郡西部方言、新居浜市が新居郡東部方言となっている。

松山市を中心とした中予とは伊予弁としてひとくくりにされることも多いが、他県の人間はともかく東予と中予の人間が話すと明らかに異なることが互いにすぐ分かる。

また、話すスピードが大きく異なり、中予が全国標準と比較して遅くゆったりと話し、南予になるとかなり遅く話す。

ところが東予は全国標準よりとても速く、全国的にも群を抜いて速く喋る。

[ryoko-2]

【山】  
石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰、伊予富士

【河川】
加茂川、中山川、渦井川、大明神川

【高等学校】
西条高等学校、西条農業高等学校、東予高等学校、小松高等学校、丹原高等学校

【中学校】
西条北中学校、西条東中学校、西条南中学校、西条西中学校、東予東中学校、東予西中学校、河北中学校、丹原東中学校、丹原西中学校、小松中学校

【小学校】
西条小学校、神拝小学校、玉津小学校、飯岡小学校、大町小学校、神戸小学校、浦山小学校、氷見小学校、橘小学校、禎瑞小学校、壬生川小学校、多賀小学校、周布小学校、吉井小学校、国安小学校、吉岡小学校、楠河小学校、三芳小学校、庄内小学校、丹原小学校、徳田小学校、田野小学校、田滝小学校、中川小学校、小松小学校、石根小学校

【JR四国 予讃線】
伊予西条駅 – 石鎚山駅 – 伊予氷見駅 – 伊予小松駅 – 玉之江駅 – 壬生川駅 – 伊予三芳駅

【道路】
国道11号、国道192号、国道194号、国道196号、愛媛県道12号西条久万線、愛媛県道13号壬生川新居浜野田線、愛媛県道48号壬生川丹原線、愛媛県道139号飯岡玉津線、愛媛県道140号伊予西条停車場線、愛媛県道141号西条港線、愛媛県道142号石鎚伊予小松停車場線、愛媛県道143号壬生川港小松線、愛媛県道144号南川壬生川停車場線、愛媛県道147号石鎚丹原線、愛媛県道148号東予港三津屋線、愛媛県道149号丹原小松線、愛媛県道150号徳能伊予三芳停車場線、愛媛県道151号関屋今井線、愛媛県道152号寺尾重信線、愛媛県道153号落合久万線、愛媛県道154号東予玉川線、愛媛県道155号今治丹原線、愛媛県道159号孫兵衛作壬生川線、愛媛県道302号皿ヶ峰公園滑川線、愛媛県道327号湯谷口川内線

【道の駅】
小松オアシス

【名所・旧跡・観光スポット】
西条市立郷土博物館、西条市考古歴史館、東予郷土館、西条市佐伯記念館・郷土資料館、丹原ふるさと歴史館、史跡近藤篤山旧邸、西条市こどもの国、鉄道歴史パーク in SAIJO、愛媛民藝館、石鎚ふれあいの里、石鎚スキー場、りんりんパークー、市倉ファーム、石鎚芸術村チロルの森、道の駅小松オアシス、往至森寺のキンモクセイ、西条市ひうち球場

【四国八十八箇所】
横峰寺、香園寺、宝寿寺、吉祥寺、前神寺

【社寺】
西山興隆寺、生木地蔵 生善寺、伊曽乃神社、石岡神社、飯積神社、嘉母神社、石鎚神社、三嶋神社、周敷神社、保国寺

【温泉】
湯之谷温泉、本谷温泉、西条天然温泉ひうちの湯、天然温泉武丈の湯、椿交流館椿温泉こまつ、東予温泉、道前渓温泉、ひうちなだ温泉(三芳鉱泉)、湯の里小町温泉(りんりんパークー)、石鎚山温泉、石鎚温泉、いがり温泉

【祭事・催事・イベント】
西条祭り(11月)、丹原七夕夏祭り(8月)、小松三嶋神社例大祭(10月)、壬生川祭り(10月)、丹原祭り(10月)、西条山のまつり

【著名な出身人物】
眞鍋かをり(タレント)、村上和彦(劇画家)、秦豊(ニュースキャスター)、芥川澄夫(歌手、トワ・エ・モワ)、秋川雅史(オペラ歌手)、徳永悦子(アナウンサー)、西興一朗(俳優)、酒井貴浩(俳優)、叶美香(タレント、叶姉妹)、一色龍次郎(ミュージカル俳優)、和田重次郎(犬ぞり使い)、KEN’ICHI(ミュージシャン、ドラマー、SEX MACHINEGUNS)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

愛媛県西条市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【愛媛県西条市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]