『愛媛県新居浜市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  愛媛県
【市町村】  新居浜市
【面積】  234.50km2
【人口】  116,314人(2020年1月1日)
【人口密度】  496人/km2
【市役所】  愛媛県新居浜市一宮町一丁目5番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

瀬戸内海に面した四国の中北部、愛媛県の東予地方に位置する市。

瀬戸内有数の工業都市。

江戸時代に開坑された別子銅山で繁栄の足がかりを築き、その後、産業機械・化学工業・非鉄金属など住友グループとその協力企業群により発展を遂げた。

住友グループの企業城下町として有名であり、よく「工都・新居浜」と表現される。

平成の大合併により県内人口第2位の座を今治市に譲ったものの、現在も人口密度では東予地方第1位であり、東予地方の中心都市のひとつである。

毎年10月に行われる新居浜太鼓祭りは県内最大級の山車が市内を練り歩く祭りであり、四国三大祭りとしても知られている。

四国のほぼ中北部に位置し、東は四国中央市、西は西条市と接する。

北は瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面し、南は四国山地を境として高知県境に接している。

北は瀬戸内海の最奥の燧灘に面する。

市域の北半分には新居浜平野が広がり、市街地が形成されている。

平野部は、東西から百数十メートルの丘陵地である郷山、金子山が突き出すように広がっているため、市街地は「工」の字型に形成されている。

この地形ゆえに周辺都市から独立したような格好になっている。

新居浜平野の南縁では中央構造線に沿うように千数百メートル級の急峻な四国山地がそびえる。

市域の南半分はこのような山地がほとんどであり、小規模な集落が点在する。

市街地の中心を流れる国領川の西側を川西地区、東側は川東地区、東西の丘陵地及びそれらを結ぶ線を通る予讃線付近から南側は上部地区と呼ばれる。

上部の更に南方には別子山地区が位置する。

山深くに位置するこの地区は、市街地からは約30km離れている。

冠山を源とし、旧別子銅山を流れていた銅山川が、法皇山脈の合間を東進する。

なお、この別子山地区は独立した村「別子山村」であったが、2003年(平成15年)に新居浜市に編入合併された。

かつては沖合いに御代島、黒島などの島が点在していたが埋立等により地続きとなり、東北部沖にある新居大島が現存する唯一の離島である。

新居浜市は、西条市、四国中央市の間に位置し、これら東西の都市の橋渡し的な役割を担っている。

新居浜市を中心とした東予地方は一つの地域圏を構成しており、行政も大型化を視野に入れた取り組みをしている。

新居浜市を初めとする東予地方は、その地理的な重要性から四国全体の拠点としての役割を発揮すべきだとの主張も多い。

将来的には、広範囲の都市圏全体が大規模合併で一つの「市」となり、道州制を導入した暁の四国道の道庁所在地・州都にしようとする構想が議論されている。

仮に東予の全市町が合併した場合は52万人程度の都市となる。

東から四国中央市、新居浜市、西条市が連続しており、相互の関係が都市中心性にも影響している。

工業地帯は昭和中期以降に周辺都市と実質的に連続するようになった。

これは大都市などの工場集積地から地方に工場の移転を促進する国の政策によるものであるが、既に工場が集積していた新居浜市は対象地から除外されていた。

そのため新居浜市の工業都市としての拠点性は薄れた。

隣接する西条市とは工場群が市境を跨いで繋がっており、また産業も似ているために一体化して四国最大の工業地帯をなしている。

商業でも両市民の交流が盛んであり、地域圏としても一体化が進んでいる。

工業都市の新居浜市に対し、西条市には藩政時代の名残で県の行政機関が多く設置されている。

これには、工業都市で、労組の力の強い新居浜市を嫌ったとの見方も根強くある。

また、新居浜市は住友の色が強く、住友以外のグループ企業が進出し難いとの見方もある。

実際、三菱電機西条工場(現 ルネサス エレクトロニクス西条事業所)が西条市に、日新製鋼等が旧東予市(現 西条市)に立地している。

また、東隣の四国中央市との交流も深く、実質的に通勤等の人の相互の流れがある。

住友の企業城下町というイメージが強い新居浜市であるが、大手企業の東予地方を管轄する支店が多く立地しているために、東予地方の中心都市という面も持つ。

又、東北部に位置する多喜浜地区は、江戸時代に開かれた多喜浜塩田で栄え、塩田が廃止された後は埋め立てられ工業団地・港として、製造、物流、卸売等の事業所が進出し、現在の新居浜の産業の一角を支えている。

1950年代に川崎市・岩国市・四日市市とともに日本初のコンビナートが新居浜市に建設され、日本の化学工業の礎を築いた。

また1960年代には東予地方が新産業都市に指定され、その中核都市として同地方の産業発展をリードしてきた。

地理的に香川県に近いため、香川県内の企業が愛媛県に進出する時の拠点として新居浜市に事業所や店鋪を設置することが多い。

世界一の産出量とも言われた別子銅山の発見以後、住友家が開発を進め、住友化学・住友重機械など今では世界的になった住友グループ各社がこの地で生まれた。

このため、別子銅山の閉山以後も、各社の主力工場が多く立地している。

また、住友グループは長年に渡って整理に取り組んできたが、近年では住友金属鉱山などの企業において、大型の設備投資も行われるなど、新たな活気を生み出している。

1990年代半ばになると、中心商店街地区から離れた場所に郊外型の商業施設が続々と開店、リニューアルオープンした。

主な店舗としては、1993年(平成5年)に店舗面積を約5倍に増床したディック新居浜店(現 DCMダイキ新居浜店)、1996年(平成8年)開店のパルティ・フジ本郷(現 フジ本郷店)、東田(フジ東田店に改称を経て2016年(平成28年)に閉店)の開店などが挙げられる。

一方中心商店街では、平成不況の煽りを受ける形で、1996年(平成8年)にニチイ新居浜店、1999年(平成11年)にダイエー新居浜店が閉店し、市に大きな衝撃を与えた(ダイエー跡にはマルナカが進出したが、建物の老朽化に伴い2016年(平成28年)8月に閉店。新店舗を建設して営業再開する予定)。2001年(平成13年)には市内唯一の百貨店、新居浜大丸も閉店し中心商店街の空洞化に追い打ちをかけた(跡地にはママイが進出したが、2012年(平成24年)に一度撤退。2013年(平成25年)に改装及び店舗ブランド変更をして営業再開した)。

このように、大型店間でも市街地型店舗と郊外型店舗との間で明暗がくっきりと分かれた。

また1990年代後半に、香川資本のマルナカやマルヨシセンターが市内に初進出した。

しかし、幹線道路網が充実する前までは、新居浜市には高い集客力を要する商業施設・店鋪などは進出し難いと言われていたが、新居浜市を含む東予地方は複数の都市が連なっているため、商圏人口数十万人程度の市場となることから、近年、市場性に注目したショッピングセンター等の開設が目立つ。

代表的なのが、商工会議所の積極的な誘致で2001年(平成13年)に進出したイオン新居浜ショッピングセンター(現 イオンモール新居浜)である。

進出後は周辺に店舗や商業施設の進出が相次ぎ、近隣都市からも客が流入して人の流れが変わりつつある。

また2 – 3年毎に増床を伴う大規模なリニューアルを繰り返しており、開店から僅か10年で開店当初より商業施設面積がおよそ1.5倍になるなど、積極的な営業展開をしている。

しかし、これを地元商店街への脅威だとする意見も根強い。

全国大手のイオンが立地し、香川資本のマルナカ、マルヨシセンターなども積極的な店舗展開を続けており、これを迎え撃つ形の県内のスーパーとの間で、競争が続いている。

マルナカが愛媛事業部を当初は松山市ではなく2007年(平成19年)に開店した新居浜本店内に置いていたことからも激戦地であることがうかがえる(現在は松山市内に移転)。

また、イオン新居浜店、マックスバリュ西の土居店、ザ・ビッグ松神子店と、既に市内に3店舗あったイオングループの店舗に加えて、マルナカが2011年(平成23年)にイオンの子会社となった事により、イオン系列のスーパーが5店舗存在する状態となっている。

川西地区では昭和通り、登道、銀泉街の3商店街を核に市の中心商店街が形成されている。

このうち、商店街を東西に走る昭和通りでは、菊本町交差点付近から西原町3丁目交差点まで、密度は低いものの中小商店が軒を連ねる。

また、宝石店や呉服店が多く見られる。

南北に走る登道には全長約330mのアーケードが設置され、登道サンロードの愛称で親しまれている。

また、敷島通りには飲食店や風俗店が比較的集積していることから、歓楽街の様相を呈している。

しかし現在の中心商店街は、工場従業員の減少や、モータリゼーションの進展によって衰え、空き店鋪が大幅に増え、「シャッター通り」とすら呼ばれている。

市は、銅夢にいはまなどの施設を整備したものの、活性化策が見出せずに苦戦を強いられている。

このほか商店街としては上部地区の東城交差点の南側にアーケードを備える喜光地商店街、川東地区の多喜浜駅前に川東商店街、川西地区の住友別子病院前に病院前商店街がそれぞれ立地するが、辛うじて商店街の体裁を保つ喜光地商店街も含め、どれも壊滅状態といえる。

1959年(昭和34年)から1965年(昭和40年)まで黒島地区に新居浜空港(IHA)があり、日東航空の大阪国際空港および別府間の航空路線が存在した。

かつて市内で住友別子鉱山鉄道が運行されていたが、1954年(昭和29年)に旅客輸送が廃止され、1977年(昭和52年)に専用鉄道としても廃止された。

四国山地の北縁に沿うように松山自動車道が東西に貫いており、市内に新居浜ICが、西条市の市境付近にいよ西条ICがそれぞれ設置されている。

その約1km北に並行する形で国道11号が東西に走る。

この路線は慢性的な交通渋滞が発生していたが、渋滞の解消および市中心部から新居浜ICへのアクセス改善などを目的として新居浜バイパスの整備が進められている。

川西地区・川東地区では、県道13号が東西に貫いており、西条市との市境付近に広がる工業地帯や新居浜市の官庁街および川東地区の工業団地などを通る。

市の中心商店街であり旧県道13号でもある昭和通りは、市の沿岸部を東西走る。

これら東西の幹線を南北に結ぶ主幹線が県道11号(通称:堺筋)である。

新居浜市の大動脈ともいえるこの路線は、昭和通りとの交点から国道11号との交点までの約4.3kmを4車線(元塚~高木間は6車線)で結ぶ。

市道角野船木線は、新居浜ICから山根公園を経由して県道47号新居浜別子山線を結び、マイントピア別子や別子山方面へのアクセス道路として位置付けられている重要な路線。

角野船木線が全線開通となれば大型車が通行でき、マイントピア別子や別子山方面からは国道11号を通らずに新居浜ICまで行けることになり、時間の短縮化につながる。

新居浜市内には100を越える病院・医院等があり、それぞれ地域に根付いた医療保健活動をしている。

1949年(昭和24年)の愛媛大学設立と同時に同大学の工学部のキャンパスが市内に設置されたが、1963年(昭和38年)に松山市に移転したため、市から大学機能は一時消滅した。

1973年(昭和48年)には桃山学院短期大学が開校したものの、定員割れが続き1990年(平成2年)に廃校となっている。

このため、現在市内には短期大学を含めた大学は存在せず、進学を希望する高校生の多くは卒業後、大学や短大、専門学校に進学するために新居浜を離れる。

なお大学卒業相当としては、国立新居浜工業高等専門学校が設置した専攻科において単位を修得し、独立行政法人大学評価・学位授与機構による審査を受け合格することで学士(工学)の学位が取得可能である。

この高専専攻科については、外部からの受験も受け付けているが実質的に高専卒業生のためだけの教育機関であるため、市民の認知度は低いという意見がある。

[ryoko-2]

【山】  
ちち山(1,855m)、東赤石山、二ッ岳、エビラ山、黒岳、物住頭、西赤石山、権現山、銅山峰

【河川】
国領川、銅山川、東川、尻無川、阿島川

【JR四国 予讃線】
多喜浜駅 – 新居浜駅 – 中萩駅

【道路】
国道11号、国道192号、高知県道・愛媛県道6号高知伊予三島線、愛媛県道11号新居浜角野線、愛媛県道13号壬生川新居浜野田線、愛媛県道47号新居浜別子山線、愛媛県道131号別子山土居線、愛媛県道132号多喜浜停車場線、愛媛県道133号多喜浜泉川線、愛媛県道134号国領高木線、愛媛県道135号新居浜停車場線、愛媛県道136号新居浜港線、愛媛県道137号金子中萩停車場線、愛媛県道138号新居浜土居線、愛媛県道336号新居浜東港線

【専修学校】
十全看護専門学校、東城看護専門学校、河原ITビジネス専門学校、東予理容美容専門学校

【高等学校】
新居浜西高等学校、新居浜東高等学校、新居浜南高等学校、新居浜商業高等学校、新居浜工業高等学校、河原学園未来高等学校新居浜分校

【中学校】
新居浜市立北中学校、新居浜市立西中学校、新居浜市立南中学校、新居浜市立川東中学校、新居浜市立東中学校、新居浜市立泉川中学校、新居浜市立大生院中学校、新居浜市立角野中学校、新居浜市立中萩中学校、新居浜市立船木中学校、ひびき分校、新居浜市立別子中学校

【小学校】
金子小学校、金栄小学校、惣開小学校、新居浜小学校、宮西小学校、若宮小学校、浮島小学校、神郷小学校、高津小学校、多喜浜小学校、垣生小学校、泉川小学校、大生院小学校、角野小学校、中萩小学校、船木小学校、別子小学校

【特別支援学校】
新居浜特別支援学校、新居浜特別支援学校川西分校

【祭事・催事・イベント】
若水とり (1月)、とうどおくり (1月)、にいはま納涼花火大会(7月)、大島八幡神社秋季大祭(10月)、新居浜太鼓祭り(10月)、じょうさ節(4月)、かぶと踊り(8月)

【名所・旧跡・観光スポット】
旧広瀬邸、住友化学愛媛工場歴史資料館、住友別子鉱山鉄道、泉寿亭、別子ライン、山根グラウンドとエントツ山、口屋、星越の選鉱場跡・星越駅・山田社宅・住友倶楽部、日暮別邸記念館、端出場の遺産群、東平の遺産群、旧別子の遺産群、自然、別子ライン、銚子の滝、魔戸の滝、銅山峰のツガザクラ群落、赤石山の高山植物、久貢山のソテツ、金子城趾、岡崎城跡、生子山城跡、つづら淵、展示施設、愛媛県総合科学博物館、住友化学愛媛工場歴史資料館、別子山ふるさと館、広瀬歴史記念館、別子銅山記念館、マイントピア別子、あかがねミュージアム

【神社・仏閣】
一宮神社、浦渡神社、黒嶋神宮、東臺神社、瑞應寺、明正寺、慈眼寺、河内寺、南光院、新居浜八十八ヶ所

【名物の食べ物】
せんざんき(ざんき)、ふぐざく、別子飴、ハタダ栗タルト、えび天、かきくらべ、ヒット焼き

【著名な出身人物】
花音舞(宝塚歌劇団)、近野成美(俳優)、瀬戸陽一朗(俳優)、石丸幹二(俳優)、杏野ヒナナ(俳優)、愛川ゆず季(グラビアアイドル)、岸田実保(ミュージカル俳優)、ノッチ(お笑い芸人、デンジャラス)、もっち(お笑い芸人、むねもっち)、木村耕介(お笑い芸人、マッチポンプ)、横山東六(漫才師、横山ホットブラザーズ)、あいたかし(作詞)、高見知佳(歌手)、水樹奈々(声優)、suguru (高橋勝)(momo)、Anchang(歌手、SEX MACHINEGUNS)、yuina(ソロアーティスト、Dolly)、rino(歌手、CooRie)、MiKA(歌手、Daisy×Daisy)、大和姫呂未(シンガーソングライター)、オータケハヤト(ドラマー、ROCK’A’TRENCH)、曽我部清典(トランペット奏者)、山下壮(ギタリスト)、小高芳太朗(歌手)、若狭みなと(歌手)、maki(ギタリスト、Dizzy core)、鈴木大(キーボードプレイヤー)、阿部一成(篠笛演奏家)、古西忠哲(ジャズベーシスト)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

愛媛県新居浜市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【愛媛県新居浜市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]