『愛媛県八幡浜市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  愛媛県
【市町村】  八幡浜市
【面積】  132.68km2
【人口】  32,117人(2020年1月1日)
【人口密度】  242人/km2
【市役所】  愛媛県八幡浜市北浜一丁目1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

愛媛県西端にある佐田岬半島の付け根に位置する市である。

北に伊予灘、西に宇和海を望み、丘陵地が多く、海はリアス式海岸が続き、温暖で風光明媚なところである。

古くは、九州や関西地方との海上交易が盛んで「伊予の大阪」と謳われ、現在は、年間40万人近くが行き来する西日本有数の八幡浜港を抱え、四国の西の玄関口、西四国の交流・交易活動の拠点として発展してきた。

温暖な気候と地形を生かした柑橘栽培が盛んで、温州みかんは質・量ともに全国有数の産地であり、「日の丸」「真穴」「川上」「蜜る」など全国に知られたブランドみかんを生産している。

太陽の直射光、海からの反射光、段々畑の石段の輻射熱の「三つの太陽」を浴びて育ったみかんの美味しさはひとしおである。

また、漁業も盛んで、とりわけ有名なのは、四国一の規模を誇る魚市場である。

八幡浜港は天然の良港として栄え、中型トロール船団の基地となっており、四季折々のたくさんの種類の魚が水揚げされ、早朝の活気にあふれた市場風景と産直市場である「どーや市場」は、市の名物となっている。

八幡浜市は、愛媛県の西部、佐田岬半島の基部に位置し、総面積は133.03平方キロメートルで、北は瀬戸内海に面し、東は大洲市、南は西予市、西は伊方町と接している。

また、西側の南半分は、豊後水道(宇和海)をはさんで九州に対している。

海岸線はリアス式海岸を形成しており、急斜面が海岸に迫る地形で平坦地が少なく、岬と入り江が交錯した風光明媚な景観をなしている。

八幡浜という地名は、すでに養老年間(717年 – 724年)からあり、その由来は八幡大神がこの地の浜に立たせられたことによると伝えられている。

現在の八幡浜地区は中心部を流れる千丈川によるデルタ地帯を土台として、すでに天正年間(1573年 – 1592年)には埋立工事が行われたと伝えられており、以後たび重なる埋立てによって、市街地は海へ海へと拡大されてきた。

保内地区は江戸時代からハゼ栽培や海運業が盛んになり、明治に入ると新政府の殖産興業政策を受けて鉱業・海運業・紡績業などの商工業が発達した。

柑橘農業、水産業、水産関連食品製造業、造船業などが主要産業となっている。

みかん栽培は、明治の中頃から始まったといわれ、100年の歴史を有するとともに、その品質の良さは全国的に有名。

水産業は、トロール漁業を核として各種漁船漁業、養殖漁業も盛んで、西日本有数の水揚高を誇る水産市場は、大消費地への水産物供給基地として重要な役割を果たしている。

農業では、農家数、経営耕地面積ともに減少傾向にあり、逆に耕作放棄地面積は増加している。

さらに、後継者不足もあって、農業従事者の平均年齢は2010年(平成22年)で60.9歳となっており、愛媛県内では最も平均年齢が低い(県平均66.9歳)とはいえ、高齢化が進んでいる。

また、柑橘類の生産量が全国で1位2位を争う愛媛県内にあって、八幡浜市のみかん生産量は県内1位を誇り、山の斜面に広がるみかんの段々畑は、みかん産地を代表する景観である。

八幡浜の柑橘栽培は、リアス式海岸で土地が狭いという農業には不向きな地形的条件を段々畑という途方もない努力で克服し、また宇和海に対して南西方向に面しているという自然の条件を上手く活かして形成されている。

美味しいみかんづくりの条件は、土壌を適度に乾燥させるほどよい潮風と光合成を促す太陽の“光”にある。

八幡浜のみかんは「太陽からの直射日光」「海面からの照り返し」「段々畑を形成する石積みからの輻射熱」という「3つの太陽」の恵みをいっぱい浴びて育っている。

古くから地域の交易の拠点地として栄えた商港・八幡浜は、四国有数の規模を誇る魚市場を有する水産業のまちでもある。

トロール漁業の基地として知られ、最盛期には27統(54隻)を数えていたが、現在は1統(2隻(各125トン))が操業を続けている。

漁業の一時代を築いたトロール漁業による豊富な海の幸は、水産物加工業を生み出し、かまぼこ、じゃこ天などの製品は港から九州、関西など各地へと運ばれる。

魚市場に隣接した「八幡浜みなっと」内にある海産物直売所「どーや市場」では、とれたての八幡浜の魚が浜値で販売されるとあって、毎日大勢のお客さんでにぎわっている。

かつては伊予の大阪とも呼ばれ、商業都市として隆盛を誇った。

商店街も県内屈指の長さを持つアーケード街があり、毎月8日にやわたはま八日市委員会が「やわたはま八日市」を開催しており、2014年(平成26年)11月8日で30周年を迎えた。

市内には、水産物や練り物などを多用した独自の「ちゃんぽん」を扱う店が2014年(平成26年)10月時点で50店舗ほどある。

2006年度から八幡浜商工会議所青年部が中心となって振興に取り組み、八幡浜市と保内町が合併した3月28日を「八幡浜ちゃんぽん記念日」に制定し、「八幡浜ちゃんぽんバイブル」というガイド本の作成ほかを実施している。

陸上交通網では、JR予讃線、国道197号、国道378号などがあり、四国8の字ルートと大洲市北只で接続する地域高規格道路「大洲・八幡浜自動車道」の整備が進められている。

このうち「名坂道路」が2013年3月17日に供用開始され、「八幡浜道路」については現在工事中であり、「夜昼道路」も同年5月に新規事業化された。

四国8の字ルートに直結するためには、残る「大洲西道路(仮称)」3kmの事業化を早期に進める必要がある。

また、東九州自動車道の全線開通が間近に迫っており、その際は、航路、地域高規格道路、四国8の字ルートを経由するコースが、東九州地区と京阪神を結ぶ最短コースとなり、太平洋新国土軸として機能することが期待されている。

一般道では、国道197号が市街地の中心を通り、大洲市および伊方町へ通じ、市域を東西方向に横断しており、国道197号と交差する国道378号が八幡浜市中心部と西予市三瓶、八幡浜市保内中心部と大洲市長浜に通じている。

主要地方道については、八幡浜三瓶線、八幡浜宇和線が西予市と結び、北部方面では、長浜保内線が大洲市北部と結ぶほか、八幡浜中心部には八幡浜港に通じる八幡浜港線がある。

また、主な一般県道として八幡浜市内各地を結ぶ、八幡浜保内線、舌間八幡浜線が幹線道路網を補完している。

このように、本市は国道と主要地方道により放射状の幹線道路網を形成している。

[ryoko-2]

【高等学校】  
八幡浜高等学校、八幡浜工業高等学校、川之石高等学校

【中学校】
愛宕中学校、八代中学校、松柏中学校、真穴中学校、双岩中学校、保内中学校、青石中学校

【小学校】
松蔭小学校、白浜小学校、江戸岡小学校、神山小学校、千丈小学校、川之内小学校、日土小学校、真穴小学校、川上小学校、双岩小学校、喜須来小学校、宮内小学校、川之石小学校

【道路】
国道197号、国道378号、愛媛県道25号八幡浜宇和線、愛媛県道26号八幡浜三瓶線、愛媛県道27号八幡浜港線、愛媛県道28号長浜保内線、愛媛県道234号大洲保内線、愛媛県道235号野佐来八幡浜線、愛媛県道248号瀬田八多喜停車場線、愛媛県道249号八幡浜保内線、愛媛県道250号舌間八幡浜線、愛媛県道252号双岩停車場和泉線、愛媛県道255号鳥井喜木津線

【JR四国 予讃線】
千丈駅 – 八幡浜駅 – 双岩駅

【名所・旧跡・観光スポット】
諏訪崎、おさかな牧場シーロード八幡浜、愛宕山公園、四国山、金山出石寺、日土小学校校舎、大島海浜公園、じゃこ天製造体験工場(谷本蒲鉾店)、八幡浜ちゃんぽん店めぐり、大島シュードタキライト、梅之堂「三尊仏」、道の駅・みなとオアシス「八幡浜・みなっと」、八幡浜黒湯温泉 みなと湯、双岩地区の夫婦岩、平家谷、そうめん流し、平家谷レクリエーション広場、三島神社、高徳寺、二宮敬作出生地跡、記念公園、前田山記念公園、富澤赤黄男記念公園、旧川之石町の町並み、琴平公園、もっきんろーど

【祭事・催事・イベント】
十日えびす、真穴の座敷雛、さくら祭り、二宮忠八翁飛行記念大会、八幡浜みなと祭、みなと花火大会、五反田柱祭り

【名産】
ちゃんぽん、柑橘類(伊予柑、清見、温州みかん)、富士柿、水産練り製品(じゃこ天、蒲鉾、削りかまぼ、魚肉ソーセージ)、鮮魚、大島カキ、唐饅、つわぶきの粕漬け、豆板

【著名な出身人物】
瞬火・招鬼・狩姦(妖怪ヘヴィメタルバンド陰陽座)、大木凡人(タレント)、二宮清純(スポーツジャーナリスト)、テル(どーよ、お笑いタレント)、林美智子(女優)、井上昌己(シンガー・ソングライター)、宮本真希(女優)、宮本益光(バリトン歌手)、松井計(作家)、出渕誠(レイザーラモンRG、お笑いタレント)、富澤赤黄男(俳人)、柳家勧之助(落語家)、澤田駿吾(ジャズギタリスト)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

愛媛県八幡浜市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【愛媛県八幡浜市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]