『山口県下松市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山口県
【市町村】  下松市
【面積】  89.35km2
【人口】  56,648人(2020年1月1日)
【人口密度】  634人/km2
【市役所】  山口県下松市大手町三丁目3番3号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

山口県の東南部に位置する市。

周南市と光市に挟まれており、両市とともに周南地区を構成する市の一つである。

沖には、笠戸島及び古島を配し、大きな内海を抱えたような地勢を形成している。

瀬戸内海沿岸には重化学工業の工場が立ち並び、港湾は周南市の徳山港とともに徳山下松港と称され、国際拠点港湾に指定されている。

1990年代頭までは末武地区を中心に田園地帯が広がっていたが、山口県道41号下松鹿野線のバイパス建設と、付随する道路の整備に伴い、郊外型商業が目覚ましく発展した。

住宅地としての人気も高く、山口県の基準地価順位(住宅地)においては上位にランクしている地点もある。

1939年、4町村の合併により発足。

合併前の各町村の12大字が継承された。

その後、1954年に米川村を編入し4大字を加え、1962年には都濃町中須南の一部を編入したため、合計で17大字となった。

大規模工場を複数擁し、徳山下松港一帯に広がる周南コンビナート(瀬戸内工業地域の一部)の一角を担う。

1980年代までは、徳山市(現・周南市)を中心とした近隣都市への購買流出が続いていたが、1990年代以降は、1993年(平成5年)のザ・モール周南(現・ゆめタウン下松)の開業を皮切りに、市内の道路整備も相まって、ロードサイド店舗の出店が相次ぎ、現在では、近隣の周南市や光市を含む周南地区における、商圏の中心となった。

2018年(平成30年)現在、市内の商業施設における大型店の占有率は85%となっている。

人口に対する商業施設面積の割合が高く、東洋経済新報社の「住みよさランキング」において、本市が中国・四国ブロックの首位を10年以上にわたり維持し続けている要因となっている。

なお、かつては下松駅周辺に商店街が存在したが、現在はほとんど機能していない。

[ryoko-2]

【高等学校】  
下松高等学校、華陵高等学校、下松工業高等学校

【中学校】
下松中学校、末武中学校、久保中学校

【小学校】
下松小学校、久保小学校、東陽小学校、公集小学校、花岡小学校、豊井小学校、中村小学校、米川小学校

【JR西日本 山陽本線】
下松駅

【JR西日本 岩徳線】
周防久保駅 – 生野屋駅 – 周防花岡駅

【道路】
国道2号、国道188号

【名所・旧跡・観光スポット】
笠戸島、鶴ヶ浜温泉、米泉湖

【祭事・催事・イベント】
キツネの嫁入り、切山歌舞伎

【著名な出身人物】
上田咲花(タレント)、喜多川2tom(スーツアクター)、義山亭石鳥(漫画家)、櫻井麻七(女優)、東條正年(脚本家)、林聖二(漫画家)、福島菊次郎(報道写真家)、増田いずみ(ソプラノ歌手)、松村しのぶ(造形作家)、真山一郎(浪曲師)、吉村憲二(お笑い芸人)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山口県下松市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山口県下松市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]