『福井県大野市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福井県
【市町村】  大野市
【面積】  872.43km2
【人口】  31,101人(2020年1月1日)
【人口密度】  35.6人/km2
【市役所】  福井県大野市天神町1番1号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

福井県の東部に位置する市である。

福井県内の市町の中では最大の広さを持ち県面積のおよそ5分の1を占める。

市街地はかつての城下町の面影を強く残し、越前の小京都として知られる。

春分の日から大晦日の間に七間通で開かれ400年の歴史を持つ七間朝市は、大野の観光名物である。

冬季は市全域が特別豪雪地帯に指定されているほどの降雪量があり、九頭竜ダムなど大規模な人工湖も点在するが、その膨大な水量とは裏腹に名水と謳われる市街周辺の湧水や河川伏流水は道路などの消雪のためにも汲み上げられ、水不足が懸念されるといった皮肉な状況となるため、河川表流水を含めた総合的な水利用のあり方を模索している。

東部から南部にかけ両白山地が控える。

最高地点は、越前三ノ峰(標高2,095m)で、福井県の最高地点でもあり岐阜・石川3県境付近の尾根は2,000mを超える。

真名川の下流に沿って開ける北西部の大野盆地は海抜200m前後。

東部の九頭竜川を含め、秋には深い渓谷が紅葉で色づく。

天正3年(1575年)、織田信長より一向一揆討伐の命を受けて、金森長近が美濃から大野に進攻。

一揆平定後、長近は大野盆地が見渡せる亀山に大野城を、その東麓に城下町を造り始めた。

これが現在の大野市街地の起こりである。

以後今日まで、大野市は奥越地方の中心地として栄えてきた。

山頂にそびえる天守と短冊状に区切られた町並み、中世から近世にかけて築かれた寺院が甍を連ねる寺町通り、城下町誕生のころから続くとされる七間朝市など、400年を超える歴史を彷彿とさせる景観を今も色濃く残していることから、「北陸の小京都」と呼ばれている。

1888年4月8日、大野市(当時は大野町)で1000棟以上を焼失する大野大火が発生。

以後、この日にあわせて消防訓練が毎年行われている。

また、2008年には40年ぶりに消防隊のラッパ隊が復活した。

いわゆる平成の大合併では、2005年11月7日に大野郡和泉村が編入している。

京福電鉄時代の1974年までは、越前本線(現・えちぜん鉄道勝山永平寺線)が勝山市の勝山駅から京福大野駅まで延びていた。

[ryoko-2]

【山】  
荒島岳、平家岳、能郷白山、三ノ峰、経ヶ岳、部子山、赤兎山、野伏ヶ岳、毘沙門岳

【河川】
九頭竜川、真名川

【高等学校】
大野高等学校、奥越明成高等学校

【中学校】
和泉中学校、開成中学校、上庄中学校、尚徳中学校、陽明中学校

【小学校】
和泉小学校、乾側小学校、小山小学校、上庄小学校、阪谷小学校、下庄小学校、富田小学校、有終西小学校、有終東小学校、有終南小学校

【JR西日本 越美北線(九頭竜線)】
牛ケ原駅 – 北大野駅 – 越前大野駅 – 越前田野駅 – 越前富田駅 – 下唯野駅 – 柿ケ島駅 – 勝原駅 – 越前下山駅 – 九頭竜湖駅

【道路】
国道157号、国道158号、国道476号、国道364号、国道418号、福井県道26号大野勝山線、福井県道34号松ケ谷宝慶寺大野線、福井県道127号白山中居神社朝日線、福井県道170号五条方下荒井線、福井県道171号五条方松原出勝山線、福井県道172号皿谷大野線、福井県道173号上小池勝原線、福井県道174号上大納下山線、福井県道221号奥越高原線、福井県道230号大谷秋生大野線、福井県道240号本郷大野線

【名所・旧跡・観光スポット】
宝慶寺(曹洞宗の古刹)、白山国立公園、越前大野城、本願清水イトヨ生息地、御清水、七間朝市、六呂師高原、麻那姫湖青少年旅行村

【温泉】
九頭竜湖温泉、鳩ヶ湯温泉

【著名な出身人物】
清水国明(タレント・あのねのね)、正津英志(元プロ野球選手)、井ノ部康之(小説家)、斉藤隆史(声優)、谷戸礼子(アナウンサー)、野村佳奈子(アナウンサー)、吉田信(作曲家)、長谷川満(サッカー選手)、朝日一成(サッカー選手)、中村悠平(プロ野球選手)、斎藤さと美(元重量挙げ選手)、諸口十九(俳優)、藤堂里香(ボートレーサー)、田辺容(ミュージカル俳優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福井県大野市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福井県大野市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]