『石川県珠洲市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  石川県
【市町村】  珠洲市
【面積】  247.20km2
【人口】  13,087人(2020年1月1日)
【人口密度】  52.9人/km2
【市役所】  石川県珠洲市上戸町北方1字6番地2

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

石川県の北東部、能登半島の先端に位置する市。

日本海に面し、暖流の影響を受けているため緯度の割に気候は温暖である。

冬は日照が少なく雪や雨が多い。

降水量は梅雨よりも冬の方が多い。

1954年(昭和29年)7月15日に珠洲郡の宝立町、飯田町、正院町と、上戸村、若山村、直村、蛸島村、三崎村、西海村の3町6か村が合併し、石川県下5番目に市制施行して珠洲市誕生。

発足時には、面積246.94km2、人口38,157人、世帯数7,264戸であった。

当市は、本州にある市の中で1番人口が少ない。

中世には珠洲焼(すずやき)という陶器が栄えた。

須恵器の流れをくむ無釉の焼き締め陶で、黒灰色の独特の色味が特徴である。

室町時代に最盛期を迎えるが、やがて衰退し、戦国時代を迎えるころには廃絶してしまった。

1970年代になって伝統工芸として復活している。

市内に鉄道路線はなく、JTB時刻表によると、能登飯田バス停が中心駅の扱いとなっている。

2005年3月31日までのと鉄道能登線が走っており、駅が市内にあったが、同年4月1日に廃止された。

珠洲市では、1975年に市議会全員協議会から国へ『原子力発電所、原子力船基地等の調査に関する要望書』が提出され、1976年に関西電力・北陸電力・中部電力の電力会社3社が珠洲原子力発電所の構想を提起したことから、原発建設について推進派と反対派の激しい対立が起こった。

[ryoko-2]

【高等学校】  
飯田高等学校

【中学校】
緑丘中学校、三崎中学校

【小学校】
上戸小学校、飯田小学校、若山小学校、直小学校、正院小学校、蛸島小学校、みさき小学校

【特別支援学校】
七尾特別支援学校珠洲分校

【道路】
国道249号、石川県道12号蛸島港線、石川県道26号珠洲穴水線、石川県道28号大谷狼煙飯田線、石川県道40号珠洲里線、石川県道52号折戸飯田線、石川県道138号飯田港線、石川県道272号上黒丸大谷線、石川県道279号大屋杉山線、石川県道280号若山上戸線、石川県道285号高屋出田線、石川県道287号粟津正院線

【道の駅】
すず塩田村、すずなり、狼煙

【名所・旧跡・観光スポット】
須須神社、白山神社本殿、黒丸家住宅、平時忠卿及び其の一族の墳、見附島(軍艦島)、珠洲岬、葭ヶ浦温泉、禄剛崎 – 禄剛埼灯台、岬自然歩道、仁江海岸、能登半島仁江海岸の塩田、鉢ヶ崎海岸、垂水の滝(逆さ滝)、珠洲焼資料館、珠洲市陶芸センター、ゴジラ岩、木ノ浦ビレッジ

【祭事・催事・イベント】
飯田町燈籠山祭り(7月)、宝立七夕キリコ祭り(8月)、春日野の秋祭り(9月)、鵜島の曳山祭り(9月)、奥能登のあえのこと(12月)、高倉彦神社の早船狂言(9月)、珠洲焼まつり(10月)

【著名な出身人物】
灰外達夫(人間国宝)、西のぼる (挿絵、装画)、井道千尋(将棋女流棋士)、中居殉也(プロ野球選手)、能登ノ山竜三(大相撲力士)、駿馬赤兎(大相撲力士)、宝龍山靖幸(大相撲力士)、寺井重三(洋画家)、橋本ときお(児童文学作家)、本郷友恵(バレーボール選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

石川県珠洲市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【石川県珠洲市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]