『新潟県新潟市江南区』の動画を楽しもう!

【都道府県】  新潟県
【市町村】  新潟市江南区
【面積】  75.42km2
【人口】  68,165人(2020年1月1日)
【人口密度】  904人/km2
【区役所】  新潟県新潟市江南区泉町三丁目4番5号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

新潟市を構成する行政区のひとつ。

かつて大湿地帯であった「亀田郷」のほぼ全域を占める。

旧新潟市域の南地区の一部(曽野木、両川地区)と石山地区の一部(大江山地区)、亀田地区(旧亀田町)、横越地区(旧横越町)のほぼ全域によって構成され、区役所は亀田地区(旧亀田支所)に置かれている。

なお、曽野木地区のうち日本海東北自動車道北側の地域は中央区の区域、亀田地区と大江山地区のうち同道北側の地域は東区の区域、曽野木地区と両川地区のうち信濃川左岸側の地域は南区の区域、大江山地区のうち細山の一部、横越地区のうち十二前など阿賀野川右岸側の地域は北区の区域となっている。

かつて亀田郷一帯は泥田に覆われ「地図にない湖」と形容されるほどであったが、1948年(昭和23年)以降、栗ノ木排水機場の整備など土地改良事業が進められ、良質の乾田に一変した。

信越本線や亀田バイパスが通るなど交通の便にも恵まれていることから、近年は市内中心部のベッドタウンとして人口増加が著しく、他の行政区とも地理面・経済面で非常に近しい関係にある。

新潟平野を流れる信濃川、阿賀野川およびその支流である小阿賀野川に囲まれた地域は「亀田郷」と呼ばれる地域を形成しており、北・西・南の三方から包み込まれるような形で新潟市の他の行政区と接している。

なお江南区の最高地点は13mとかなり低く新潟市の区の中では南区の8mに次いで2番目に最高地点が低い区である。

江南区には海がなく内陸ではあるが海抜ゼロメートル地帯が多い。

旧亀田町の「亀田地区」、旧横越町の「横越地区」と旧新潟市域3地区で構成される。

旧新潟市域3地区は、かつてはいずれも農村部。

3地区とも亀田・横越同様、元々中蒲原郡に属する村であったが、1957年(昭和32年)5月3日に新潟市に編入した。

政令市移行前は、曽野木・両川は現中央区の鳥屋野地区などと同じ「南地区」、大江山は現東区の「石山地区」に属していた。

区域は宅地・集落を除けば多くは水田で、稲作が盛んである。

また亀田地区は果汁が多く大玉の「藤五郎梅」の産地として知られ、市街地南部ではウメの栽培が行われている。

また横越地区南部の二本木・木津、両川地区東部の割野ではナシの栽培が盛んで、亀田・横越地区を統括する新潟みらい農業協同組合(JA新潟みらい)は二本木五丁目にナシ専用の選果場「梨の実館(ありのみかん)」を設けている。

両川地区の平賀には漁業協同組合があり、信濃川下流域(中ノ口川下流、小阿賀野川下流を含む)の内水面漁業を統括している。

流域ではコイやフナ、モクズガニなどが漁獲される他、サケの養殖にも取り組んでいる。

亀田地区ではかつて「亀田縞」と呼ばれる織物が盛んに製造されていた。

太い木綿糸で織られ、水と泥に強いのが特徴で、農家の作業着の生地として使われていた。

明治初期までは農民の副業として織られていたが明治以降に織物業として成立、最盛期には660余りの業者が亀田縞を織っていた。

戦前戦後の混乱期に衰退し一時消滅する憂き目を見たが、2005年(平成17年)から地区内の2社が製品化に取り組んでいる。

現在、区内で唯一の鉄道駅である亀田駅は2005年(平成17年)に橋上駅舎に改築された。

改築を機に、駅舎東西の駅前広場にはコミュニティバスのバス停やパークアンドライド用の駐車場が設置されるなど、区内・市内の交通拠点として整備が進められている。

また亀田駅と秋葉区の荻川駅の中間点付近では、1980年代後半から新駅設置を求める意見が住民などから寄せられており、過去に亀田地区南部の城所と、横越地区西部の二本木の2か所で新駅設置構想が起こっている。

こうした経緯もあり、亀田・横越両町の新潟市への編入合併に際して設立された法定合併協議会で「合併建設計画」を立案した際、二本木に新駅を設置して周辺の開発事業を実施することが盛り込まれた。

これを受けて2007年(平成19年)、新駅予定地周辺の地権者らが土地区画整理組合設立準備組合を設立したものの、事業計画は現在も具体化に至っていない。

だが、二本木に程近い両川地区東部の割野は公共交通が特に脆弱で、かつ住宅地開発が行われていないため人口減少が進行しつつあることなどから新駅設置に対する期待が大きく、市とJR東日本新潟支社に対し周辺住民約1300人の署名を提出するなど、開発事業の早期着手を求めている。

江南区内を発着する路線バスは、全て新潟交通と同社の地域子会社である新潟交通観光バスにより運行されている。

新潟交通は市内中心部から放射状に路線網を構築している一方、郊外間の路線網がないことから、区内各所から区役所のある亀田地区へ直接アクセスできる手段は非常に脆弱となっており、また区内には公共交通そのものが全くない地域も点在していた。

旧新潟市域3地区のうち、曽野木地区と亀田地区を結ぶ公共交通手段は、政令市移行時には全くなかった。

こうしたことから区内ではコミュニティバスが盛んに導入されるようになっていった。

ただ、区内全域においては日常の交通手段を自家用車に依存する比率は高い。

[ryoko-2]

【高等学校】  
新潟向陽高等学校、新潟明訓高等学校

【中学校】
曽野木中学校、大江山中学校、両川中学校、亀田中学校、亀田西中学校、横越中学校、新潟明訓中学校

【小学校】
曽野木小学校、東曽野木小学校、淵小学校、丸山小学校、両川小学校、亀田小学校、亀田東小学校、亀田西小学校、早通小学校、横越小学校

【特別支援学校】
南高等特別支援学校

【名所・旧跡・観光スポット】
北方文化博物館、亀田郷土地改良区資料館 葦沼館、亀田梅の陣

【JR東日本 信越本線】
亀田駅

【道路】
国道49号(亀田バイパス)、国道403号(新津バイパス)、新潟県道1号新潟小須戸三条線、新潟県道2号新潟寺泊線、新潟県道4号新潟港横越線(赤道)、新潟県道5号新潟新津線、新潟県道16号新潟亀田内野線、新潟県道17号新潟村松三川線、新潟県道46号新潟中央環状線、新潟県道101号亀田停車場線、新潟県道220号白根亀田線、新潟県道247号沢海酒屋線、新潟県道586号水原亀田線

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

新潟県新潟市江南区(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【新潟県新潟市江南区(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]