『茨城県石岡市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  茨城県
【市町村】  石岡市
【面積】  215.53km2
【人口】  72,968人(2020年1月1日)
【人口密度】  339人/km2
【市役所】  茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

関東地方北東部、茨城県南部の県南地域の市である。

常陸国の国府が置かれた都市で、長らく常陸府中(ひたちふちゅう)や常府(じょうふ)などと呼ばれた茨城県名発祥の地でもある。

1869年(明治2年)の版籍奉還の際に石岡と改名されたが、「石岡」の由来は定かではない。

関東三大祭の1つ「常陸國總社宮例大祭」(毎年9月)の開催地でもある。

また市西部は日本有数のスカイスポーツエリアでもあり、気象庁地磁気観測所の所在地としても知られている。

市北部に園部川、南部に恋瀬川が流れ南西部で霞ヶ浦に接し、市西部では八郷地区(八郷盆地)を取り囲むように筑波山、足尾山、加波山、吾国山、難台山などの筑波山地の山々が連なる。

茨城県南地域にあり、東京都心からは概ね60~70kmで市東部には市街地・住宅地、西部には田園風景が広がる。

平成の大合併では、旧石岡市と旧八郷町は2市町での合併協議を行うことを決め、2005年(平成17年)1月7日に両市町の法定合併協議会(会長:旧石岡市長)が発足した。

霞ヶ浦周辺ではレンコンの栽培も行われており、筑波山の麓では柿やミカン、イチゴなどの果樹栽培も盛ん。

また郊外には延々と田園風景が広がっており、茨城県内でも有数の米どころでもある。

旧八郷町地区はタバコ栽培が盛んで、茨城県内の主産地の1つでもある。

さらに関東では初めての「地鶏JAS」認定を受けた「やさとしゃも」を始め、「筑波地鶏」などの銘柄鶏ブランドに力を入れている。

鉾田市と共に養豚が盛んである。

市内には工業団地が立地し、東洋製罐やパナソニック、ソントン食品工業などの大手工場もある。

また地場産業としては酒造りも盛んで関東の灘とも呼ばれているほか、スギを材料として昔ながらの水車を使用した線香作りも行われており、また歴史のある乳製品メーカーとしては筑波乳業がある。

市内では国道6号や国道355号、茨城県道7号石岡筑西線沿いなどにロードサイドショップ(チェーンストア)が多く出店しており、一定の賑わいを見せている。

しかし、石岡駅周辺に広がるアーケード街として賑わっていた既存の商店街では、ロードサイドショップや水戸・土浦・つくば方面への買い物客の流出により、その活性化策が課題となっている。

活性化策の一環として、商店街の空き店舗に『まちかど情報センター』や石岡市観光協会が運営する『まち蔵藍』を設置したり、道路の電線地中化などの事業が行われている。

1970年代中頃に石岡駅前に西友石岡店が出店したが、1988年3月に撤退。

その建屋は約20年にわたり廃屋として残っていたが、2009年末頃より解体が始まり、2019年現在はコインパーキングとなっている。

また、国府三丁目にはコーキ(高喜)という老舗の百貨店(1670年創業、戦後法人化し1970年に立て替えてコーキ石岡ショッピングプラザになった)があったが、2002年に経営破綻している。

鹿島鉄道線廃止後、国道355号を経由した石岡駅~旧・常陸小川駅(小美玉市)間の関鉄グリーンバスによる代替バスが運行されていたが、国道355号の渋滞による定時制のなさなどもあり、鹿島鉄道と比べ代替バス利用者が4割程度と落ち込んでいた。

これを受け茨城県と石岡市、小美玉市は茨城空港の開港もあることから、鹿島鉄道跡地を石岡・小美玉両市で路線バス専用道(市道)として整備し、鉄道に準ずる定時制のある運行を目指す公設民営の「バス高速輸送システム(Bus Rapid Transit)」の整備を進めることとした。

2010年8月30日にバス専用道が開通し、かしてつバスとして運行されている。

市内の南北には、国道6号が縦断し、南は、土浦・取手・柏・東京方面、北は水戸・日立・いわき方面を結び、東西には国道355号が横断し、東は行方・潮来・香取方面、西は笠間方面を結ぶ、交通の要衝となっている。

石岡市内では中心市街地の渋滞が慢性化している。

朝夕の通勤・退勤時間帯には国道6号・国道355号やその周辺のアクセス道路が一部ではほとんど動かない状態で、大きな問題となっている。

その中でも、茨城放送の渋滞情報では、国道6号の恋瀬橋の渋滞が報じられやすい。

対策として国道6号千代田石岡バイパスの一部区間が2004年7月31日に着工され、中心市街地を迂回する国道355号バイパスの一部である石岡有料道路が2005年3月31日に無料化された。

[ryoko-2]

【山】  
筑波山、足尾山、加波山、吾国山、難台山、峰寺山、朝日峠、青木葉峠、板敷峠、一本杉峠、上曽峠、風返峠、閑居山、きのこ山、権現山、浅間山、不動峠、弁天山、丸山、雪入山、湯袋峠

【河川】
恋瀬川、園部川、小桜川、川又川

【高等学校】
石岡第一高等学校、石岡第二高等学校、石岡商業高等学校、青丘学院つくば高等学校

【中学校】
石岡中学校、府中中学校、国府中学校、城南中学校、柿岡中学校、八郷南中学校、有明中学校、園部中学校、青丘学院つくば中学校

【小学校】
石岡小学校、高浜小学校、府中小学校、東小学校、北小学校、南小学校、林小学校、三村小学校、関川小学校、杉並小学校、柿岡小学校、葦穂小学校、恋瀬小学校、瓦会小学校、小幡小学校、吉生小学校、小桜小学校、園部小学校、東成井小学校

【保育所】
第一保育所、第二保育所、やさと中央保育所、園部保育所、みなみ保育所、石岡明照保育園、泉ヶ丘保育園、国分台ふたば保育園、ひかり保育園、わかくさ保育園、ことりの森保育園、しらゆり保育園、そとの保育園、ひまわり保育園、石岡第一病院付属たんぽぽ保育園、りんりん保育園

【幼稚園】
東幼稚園、八郷幼稚園、八郷第二幼稚園、星の宮幼稚園、石岡幼稚園、柏原幼稚園、善隣幼稚園、ばらき台幼稚園、府中幼稚園、国分寺幼稚園

【JR東日本 常磐線】
高浜駅 – 石岡駅

【道路】
国道6号(水戸街道)、国道355号、茨城県道7号石岡筑西線、茨城県道42号笠間つくば線、茨城県道52号石岡城里線、茨城県道64号土浦笠間線、茨城県道118号石岡田伏土浦線、茨城県道138号石岡つくば線、茨城県道140号西小塙石岡線、茨城県道144号紅葉石岡線、茨城県道150号月岡真壁線、茨城県道194号宍倉玉里線、茨城県道221号飯岡石岡線、茨城県道236号筑波公園永井線、茨城県道276号高浜停車場線、茨城県道277号石岡停車場線、茨城県道278号竹ノ内羽鳥停車場線、フルーツライン

【寺院・神社】
善光寺、西光院、常陸國總社宮、板敷山大覚寺、盛賢寺、若宮八幡神社、高浜神社、北向山観音、菖蒲沢薬師堂、加波山神社、照境寺

【名所・旧跡・観光スポット】
常陸国分寺跡、常陸国分尼寺跡、常陸国府跡、舟塚山古墳、佐久良東雄旧宅、丸山古墳、府中愛宕山古墳、石岡の一里塚、山県大弐の墓、瓦塚、市指定史跡、茨城廃寺跡、佐自塚古墳、柿岡城址、片野城址、石岡の陣屋門、博物館・資料館、ギター文化館、石岡市民俗資料館、香丸資料館

【祭事・催事・イベント】
常陸國總社宮大祭(9月)、八坂神社祇園祭(7月)、柿岡八幡神社「太々神楽」(8月)、片野八幡神社祇園祭・排禍ばやし(7月・10月)、染谷十二座神楽(4月)、三村祇園(7月)、高浜祇園(7月)、真家みたまおどり(8月)、根小屋代々十二神楽(11月)、成人式(1月)、高浜釣り大会(4月)、石岡盆踊り(8月)、八郷ふれあい祭り(10月)、石岡市産業祭・米まつり(10月)、商工祭(11月)、献上富有柿審査会(11月)、いしおかウォーキング大会(11月)、Paragliding World Cup IBARAKI

【石岡市公認マスコットキャラクター】
いしおか恋瀬姫、嗜みうさぎ モモア、満喫うさぎ カイ

【著名な出身人物】
折原みと(漫画家)、みつはしちかこ(漫画家)、高田梢枝(歌手)、桜井青(ミュージシャン・cali≠gari)、ムック(ロックバンド)、細谷修(漫画家)、浅野いにお(漫画家)、踊正太郎(津軽三味線)、渡辺直美(お笑い芸人)、桜井洋平(キックボクサー)、坂本修一(バドミントン選手)、立川志のぽん(落語家)、来栖正之(アナウンサー)、仲野ひろみ(モデル)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

茨城県石岡市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【茨城県石岡市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]