『茨城県古河市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  茨城県
【市町村】  古河市
【面積】  123.58km2
【人口】  139,107人(2020年1月1日)
【人口密度】  1,126人/km2
【市役所】  茨城県古河市下大野2248番地

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

関東地方のほぼ中央、茨城県西端の県西地域に位置する市である。

人口約14万人。

旧・下総国葛飾郡。

県西地域最大の都市。

関東大都市圏であり、また昭和30年代から工業立地が進み、近隣の3町などから労働人口流入があり、本市を中心とする古河都市圏を形成している。

「古河」は、古く「許我」と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれている。

すでに奈良時代から渡良瀬川の渡し場として賑わっていたことが伺える。

1958年(昭和33年)に東北本線が電化され、上野まで約一時間で結ばれるようになってからは、東京のベッドタウンの役割が加わって人口が増大し、合併前には人口密度で県内第1位となった。

現在の古河市は、都心回帰の影響で東京のベッドタウンとしての役割は薄れたが、人口ではひたちなか市に次いで県内第5位である。

行政上では茨城県に属するが、国道4号(日光街道)や宇都宮線(東北本線)の沿線であることから、経済や教育の面で栃木県・埼玉県・東京都とつながりが強い(2005年の平成の大合併前の旧古河市はかつて県西地域で唯一東京都市圏に属していた)。

2005年9月12日、旧古河市と総和町・三和町が新設合併、現在の古河市となる。

関東平野のほぼ中央に位置し、全域にわたり平坦な地形が広がる。

南部を利根川が東流、西部は渡良瀬遊水地を経由した渡良瀬川が流れ利根川橋の北で利根川に合流する。

南部に比べ北部はやや標高が高く、市内を流れる川は利根川を除き北から南へと流れる。

一方東西方向では目立った標高差の傾向はない。

市内には猿島台地があり、地の利を生かしてさしま茶が生産されている。

歴史的な背景・現在の交通網の関係(東北本線(宇都宮線)・国道4号を中心とした交通網)から、現在でも県内では特殊な傾向を示す地域である。

県民であっても、栃木県や埼玉県に属すると誤認する人間もいる。

茨城県内の他市町村と比べて埼玉県・栃木県との関係が強い。

一方で県内とは、JRバス関東東古河妻線の八千代町松本以東廃止後は、直接結ぶ公共交通機関は隣接する境町への路線バスと季節運転の高速バスを除き失われてしまうなど、県内の中心軸の常磐線・国道6号線沿線との関係が希薄な状態が続いている。

典型的な関東内陸の気候である。

夏に関しては同じく酷暑で有名な熊谷や前橋、館林と並び酷暑となる。

古河市が接する渡良瀬川の下流は、中世には太日川と呼ばれ(現在の江戸川)、直接東京湾に注ぐ水運上の重要な河川だったため、古河は現在の東京・房総と北関東を結ぶ位置にある。

このような拠点性、および西方(現在の渡良瀬遊水地方面)が湿地である天然の要害でもあったことから、室町時代に古河公方が古河城に移座することになった。

この地域は、北関東三県・埼玉県・千葉県が互いに近いため、各県が相互協定を結び、高等学校において一定の他県学生を受け入れていた。

そのため多くの高校生が栃木・埼玉へと流れている。

国勢調査によれば、15歳以上の通学者のうち県内他市町村へは738人。

対する栃木への通学者は625人、埼玉へは1319人が向かう。

国内でもとりわけ医師不足が課題。

県内、中でも医療事情が悪化している県西地域の事情にたがわず、古河市の医療事情も厳しい。

十万人当たり医師は120.89人で全国46位の県内平均を大きく下回っている。

かつて明治期から昭和中期までは製糸業が発展し当市の産業の軸となっていた。

しかしその全てが廃業し、現在は旧総和町の工業団地(丘里工業団地、配電盤工業団地、北利根工業団地)を中心に工業が発達している。

他に旧古河市域に坂間企業団地が所在する。

特徴的なのは、食品製造業、殊に製菓業が多い点。

トモヱ乳業・山崎製パンの工場があるほか、ジャパンフリトレー(本社も併設)・ヤマザキビスケット・ギンビスの製菓業3社の唯一の工場を有している。

またセキスイ系とその派生企業も多く立地。積水化成品工業の大規模な工場ほか、積水ハウスの拠点工場である関東工場がある。

市の土地利用の5割弱を農地が占めるなど、旧総和町、旧三和町を中心として典型的な近郊農業が発達している。

一方、農業離れも深刻で、耕作放棄地は500haを超えるなど、問題となっている。

茨城県の銘柄豚・ローズポークの生産農家がある。

また台地(猿島台地)上ではさしま茶が生産されている。

広範囲を商圏に収める大規模小売店舗の出店が少なく、卸売に不可欠な情報集積という面では、全般に低落傾向にある。

東京の通勤・生活圏であることから東京方面への買い物客の流出が激しいほか、周辺都市に続々建設されている大型ショッピングモールへ客足が流れるなど、商業施設が消費者の行動範囲が広いこともあり、中規模ショッピングセンターが所在する程度である。

南北に物流の大幹線、国道4号線、新4号国道が走る。

中間域においては中央運動公園通りが国道125号線から丘里工業団地を経由しとね南通りを経て国道354号を結んでいる。

一方東西は国道125号が北を走り下妻方面へ、十間通りが古河駅から丘里工業団地を横断し新4号国道と交差して三和庁舎まで(名崎工業団地まで延伸予定あり)、そして国道354号と県道56号が南部を経由し県南までを結ぶ。

[ryoko-2]

【河川】  
利根川、渡良瀬川、中央排水路、向堀川、磯部都市下水路、女沼川、磯川、釈水川、下大野都市下水路、宮戸川、西幹線排水路、大川、柳川、東支線排水路、西仁連川、飯沼川、東仁連川、吉田用水

【高等学校】
古河第一高等学校、古河第二高等学校、古河第三高等学校、総和工業高等学校、三和高等学校、晃陽学園高等学校

【中学校】
古河第一中学校、古河第二中学校、古河第三中学校、総和中学校、総和北中学校、総和南中学校、三和中学校、三和北中学校、三和東中学校

【小学校】
古河第一小学校、古河第二小学校、古河第三小学校、古河第四小学校、古河第五小学校、古河第六小学校、古河第七小学校、釈迦小学校、下大野小学校、上辺見小学校、小堤小学校、上大野小学校、駒羽根小学校、西牛谷小学校、水海小学校、下辺見小学校、中央小学校、諸川小学校、駒込小学校、大和田小学校、八俣小学校、名崎小学校、仁連小学校

【JR東日本 東北本線(宇都宮線)】
古河駅

【道路】
国道4号(古河バイパス)、新4号国道、国道125号、国道354号、茨城県道9号佐野古河線、茨城県道17号結城野田線、茨城県道23号筑西三和線、茨城県道56号つくば古河線、茨城県道124号新宿新田総和線、茨城県道125号中里岩井線、茨城県道126号尾崎境線、茨城県道190号境間々田線、茨城県道228号原中田線、茨城県道250号古河総和線、茨城県道261号野木古河線、茨城県道294号東野田古河線、茨城県道312号古河停車場線

【神社・寺】
雀神社、頼政神社、長谷観音、正定寺、鮭延寺

【名所・旧跡・観光スポット】
古河城址、古河公方館跡、古河歴史博物館、古河文学館、永井路子旧宅、鷹見泉石記念館、篆刻美術館、古河街角美術館、古河総合公園、ネーブルパーク

【特産】
地酒、よしず、フナ甘露煮、傘、ほおずき、しらたま、さしま茶、御慶事

【祭事・催事・イベント】
古河桃まつり(3月~4月)、古河神輿まつり(7月)、古河花火大会(8月)、古河朝市(9月)、関東ド・マンナカ祭り(10月)、古河菊まつり(10月~11月)、古河よかんべまつり(11月)、古河提灯竿もみまつり(12月)、古河熱気球大会(3月)、サンスポ古河はなももマラソン(3月)

【著名な出身人物】
小林久三(作家)、永井路子(作家)、粕谷栄市(詩人)、佐怒賀正美(俳人)、久慈力(ノンフィクション作家)、田窪寛之(ジャズピアニスト)、山本ヤマト(イラストレーター)、遠藤達哉(漫画家)、岡野玲子(漫画家)、粟田正樹(色弱のデザイナー)、はすみとしこ(漫画家)、井上高志(俳優)、武田和歌子(アナウンサー)、綾部祐二(お笑いコンビピース)、あおきさやか(声優)、北島瞳(モデル)、大野智子(アナウンサー)、美弥るりか(元宝塚)、裕木壱啓(俳優)、守谷瞳(GTP)、ジュンヤ(プロマジシャン)、田村隆(放送作家)、山中崇史(俳優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

茨城県古河市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【茨城県古河市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]