『栃木県日光市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  栃木県
【市町村】  日光市
【面積】  1,449.83km2
【人口】  78,471人(2020年1月1日)
【人口密度】  54.1人/km2
【市役所】  栃木県日光市今市本町1番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

栃木県の北西部に位置する市。

関東地方の市町村では最も面積が広い。

古くは鎌倉時代以降、日光権現を祀る山々が知られるようになり、江戸時代に徳川家康および徳川家光の廟地となって以来、日光東照宮の鳥居前町として参拝客で賑わった。

以後「日光を見ずして結構と言うこと莫れ」という言葉で日本中に観光地・景勝地として知られるようになった。

明治時代に入ると、海外でも景勝地として知られていた日光東照宮や中禅寺湖、日光湯元温泉などを外国人が訪れるようになり、外国人に対応した宿泊・滞在施設が整備され、国際観光都市としての体裁が整えられていった。

2006年(平成18年)3月20日に今市市と(旧)日光市の2つの市と足尾町と藤原町と栗山村の3つの町村が合併して現在の日光市が発足した。

2006年以後の日光市役所本庁は旧今市市役所(今市本町)であり、合併後最初の日光市長は元今市市長が務めていた。

この合併により、「門前町」日光は元より、日光江戸村など周辺の観光地も「日光市」に含まれることとなった。

面積は関東地方で最大、全国の市でも岐阜県高山市と静岡県浜松市に次いで全国第3位となり、栃木県全体の約22%を占めている。

観光キャッチフレーズとして「四季の彩りに風薫るひかりの郷」を掲げ、国際観光都市としての振興を図っている。

市内の観光地・景勝地としては、旧日光の日光の社寺や、エリアとしての日光の日光連山(男体山、大真名子山、小真名子山、女峰山、赤薙山、太郎山など)、中禅寺湖、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯ノ湖や日光湯元温泉、そして行政地域としての現日光市域の鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、鬼怒沼湿原、龍王峡、足尾銅山などがある。1999年には「日光の社寺」が世界遺産に登録された。

また、建築家(丹下健三、芦原義信、隈研吾、アントニン・レーモンド等)による近・現代建築が多数存在する地域でもある。

栃木県の北西部に位置する。

従来の「日光」市街は、鬼怒川支流の大谷川中流に在る渓谷の左右河岸、標高600メートル前後の平坦地に形成されている。

大谷川をさらに遡ると馬返に達し、ここで平坦地は終了する。

馬返の西側は峻険地で、いろは坂を境としてその西側に堰止湖である中禅寺湖沿岸部に標高1,200メートル前後の平坦地が存在するほか、やはりかつての堰止湖で現在は戦場ヶ原と呼ばれる湿原である標高1,400メートル前後の平坦地、さらに同じく堰止湖である湯ノ湖沿岸部に標高1,600メートル前後の平坦地が存在する。

江戸時代以前、日光は日光山の門前町、修験道の道場であり山岳信仰の聖地であった。

鎌倉時代には日光権現として知られていた。

その後、徳川家康が覇権を握ると家康に仕えその深い信頼を得ていた慈眼大師天海が家康の力により日光山貫主となり、家康の死後はその進言により家康の神号が権現となり廟所も日光東照宮となった。

日光が参詣客(物見遊山)で賑わうようになったのはこの頃からである。

日光参詣のために、日光街道を初め、日光西街道(壬生通り)、日光例幣使街道、日光北街道、会津西街道など、多くの参拝路が整備された。

明治時代に入ると富国強兵の国策のもと、海外からお雇い外国人が渡航するようになり、当時海外にも広く知られていた景勝地日光を訪れる外国人が増えた。

イザベラ・バードやフランツ・フェルディナント大公は日光滞在中の出来事を手記として残し、当時の日光の様子を知る貴重な文献として知られている。

こうした外国人が日光に快適に滞在・宿泊するため、ホテルなどの施設が整備され、以後、国際観光都市として広く世界に知られるようになった。

特に日本駐在大使館・領事館の別荘が多く建てられ、「夏になると外務省が日光に移る」といわれるほどであった。

その名残で現在も日光には洋風建築が多く残っている。

日光市は山が多く降水量もそれなりにあるので多くの水力発電所を有する。

大谷川水系の豊富な水と険しい地形による落差を利用して、水車動力を利用した紡績事業が行われていた。

それらの施設は再利用され現在は水力発電が行われている。

旧日光市地域の主な産業は、観光と鉱工業である。

足尾銅山産出の銅を索道を用いて細尾峠を超えて運び込み、水力発電の電力を利用して精錬していた。

アルミニウムの精錬事業も行われている。

他には、コンクリートブロックの作成なども行われている。

かつては砕石業も行われていた。

東武日光線東武日光駅から世界遺産「日光の社寺」にかけての商店街は国内外から訪れる多くの観光客により賑わっており、店舗構成は観光客を対象としたサービス業が多い。

中禅寺湖においてヒメマスの養殖が行われており、中禅寺湖ヒメマス(日光ヒメマス)としてブランド化されている。

旧今市市地域の主な産業は木工、食品加工、農業などである。

日光街道沿いの商店街は旧今市市のメインストリートとなっており、中心的な商業施設として客足を集めていた長崎屋やいせや(現・ベイシア)が平成初期の1990年代に相次いで店舗を閉鎖した影響で一時商店街が衰退した。

しかし、2000年代以降は町の再活性化があり、地場資本のかましんを核とした商業施設「ショッピングプラザ日光」や道の駅日光の開業などにより賑わいを取り戻しつつある。

なお「ショッピングプラザ日光」は観覧車併設の大型複合商業施設「日光ランドマーク」として、2020年までに敷地内駐車場に移転新築される。

「日光を見ずして結構と言うなかれ」という格言の通り、自然の景勝と歴史的建造物など、古来より変わらぬ歴史的観光資産が散在する。

[ryoko-2]

【山】  
日光連山(男体山、女峰山、赤薙山、帝釈山、大真名子山、小真名子山、太郎山、根名草山、温泉ヶ岳、奥白根山)、皇海山、錫ヶ岳、庚申山、鬼怒沼山、帝釈山

【河川】
鬼怒川、大谷川、男鹿川、田川、渡良瀬川

【温泉】
日光湯元温泉、鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、奥鬼怒温泉郷

【高等学校】
日光明峰高等学校、足尾高等学校、日光高等学校、今市高等学校、今市工業高等学校

【中学校】
日光中学校、東中学校、今市中学校、大沢中学校、小林中学校、豊岡中学校、東原中学校、落合中学校、藤原中学校、三依中学校、足尾中学校、栗山中学校

【小学校】
日光小学校、安良沢小学校、清滝小学校、所野小学校、野口小学校、南原小学校、猪倉小学校、今市小学校、今市第二小学校、今市第三小学校、大桑小学校、大沢小学校、大室小学校、落合西小学校、落合東小学校、小林小学校、小百小学校、轟小学校、鬼怒川小学校、下原小学校、三依小学校、足尾小学校、栗山小学校

【JR東日本日光線 】
文挟駅 – 下野大沢駅 – 今市駅 – 日光駅

【東武鉄道 日光線】
下小代駅 – 明神駅 – 下今市駅 – 上今市駅 – 東武日光駅

【東武鉄道 鬼怒川線】
下今市駅 – 大谷向駅 – 大桑駅 – 新高徳駅 – 小佐越駅 – 東武ワールドスクウェア駅 – 鬼怒川温泉駅 – 鬼怒川公園駅 – 新藤原駅

【野岩鉄道 会津鬼怒川線】
新藤原駅 – 龍王峡駅 – 川治温泉駅 – 川治湯元駅 – 湯西川温泉駅 – 中三依温泉駅 – 上三依塩原温泉口駅 – 男鹿高原駅

【わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線】
原向駅 – 通洞駅 – 足尾駅 – 間藤駅

【道路】
国道119号、国道120号、国道121号、国道122号、細尾峠、国道352号、国道400号、国道461号、栃木県道14号鹿沼日光線、栃木県道15号鹿沼足尾線、栃木県道149号小来川文挟石那田線、栃木県道150号山久保平ケ崎線、栃木県道169号栗山日光線、栃木県道194号寂光滝線、栃木県道195号裏見滝線、栃木県道250号中宮祠足尾線、栃木県道277号小来川清滝線、栃木県道247号日光今市線、奥鬼怒スーパー林道

【世界遺産】
日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺

【名所・旧跡・観光スポット】
裏見滝、寂光滝、田母澤御用邸跡、含満ヶ淵(化け地蔵)、日光の社寺、日光金谷ホテル、日光杉並木、東照宮社務所、旧日光ユースホステル、イタリア大使館別荘記念公園、中宮祠交番、日光石亭、JR日光駅、大江戸温泉物語 大江戸温泉物語 日光霧降、鬼怒川金谷ホテル、日光教会、中禅寺湖、男体山、華厳の滝、明智平、英国大使館別荘記念公園、イタリア大使館別荘記念公園、中禅寺(立木観音)、二荒山神社中宮祠、二荒山神社奥宮、いろは坂、日光半月山、日光菖蒲ヶ浜スキー場、旧日光プリンスホテル、旧・日光レークサイドホテル、戦場ヶ原、竜頭の滝、小田代が原、光徳牧場、日光湯元温泉、日光白根山、日光湯元スキー場、湯ノ湖、湯滝、霧降の滝、キスゲ平(日光キスゲ群落)、霧降高原スキー場、六方沢橋、霧降隠れ三滝(丁字ヶ滝、玉簾の滝、マックラ滝)、日光霧降高原チロリン村、日光霧降スケートセンター・日光霧降アイスアリーナ、大笹牧場、日光杉並木、杉並木公園、今市宿市縁ひろば、追分地蔵尊、歴史民俗資料館、報徳二宮神社、二宮尊徳記念館、鬼怒川温泉、川治温泉、篭岩温泉、鬼怒川、鬼怒川温泉ロープウェイ、鬼怒川温泉神社、護国神社、楯岩鬼怒姫神社、慈眼寺、清隆寺、小原沢古戦場、仲附の旅籠、エーデルワイススキーリゾート、ハンターマウンテン塩原、鬼怒川カントリークラブ、きぬ川高原カントリークラブ、鬼怒川レジャー公園、鬼怒川公園、滝見公園、龍王峡、太閤おろしの滝、虹見の滝、白滝、大滝、古釜滝、大滝河川遊歩道、鬼怒岩橋、滝見橋、鬼怒楯岩大吊橋、ふれあい橋、くろがね橋、立岩橋、鬼怒川ライン下り、東武ワールドスクウェア、日光江戸村、日光花いちもんめ、ハンターマウンテンゆりパーク、とりっくあーとぴあ日光、巨大迷路パラディアム、グランディソーラ、3D宇宙恐竜館、相田みつを心の美術館、日光竹久夢二美術館、日光人形の美術館、おさるの山、太郎次郎一門の日光さる軍団、ガーデンスパ三日月、鬼怒川ラフティング、エアーボード、きぬ川高原スノーシューハイク、鬼怒川温泉オートキャンプ場、五十里湖、三依そば街道、湯西川温泉、平家の里、女夫渕温泉、奥鬼怒温泉郷、川俣温泉、栗山東照宮、瀬戸合峡、足尾銅山

【特産品】
ゆば、天然氷、線香、たまり漬け、木工製品、こんにゃく、しそ巻き唐辛子、そば

【著名な出身人物】
荒牧聖未(女子競輪選手)、伊藤克信(タレント)、小杉放菴(画家)、大島里美(脚本家)、佐藤祥万(プロ野球選手)、星善博(詩人)、八木沢荘六(プロ野球選手)、齋藤信治(バレーボール選手)、金子翔太(サッカー選手)、吉澤佑哉(サッカー選手)、福地翼(漫画家)、一葵さやか(漫画家)、神ちはる(タレント)、羽石国臣(競輪選手)、塚越広大(レーシングドライバー)、櫻本あゆみ(女子競艇選手)、小林靖菜(元女子競艇選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

栃木県日光市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【栃木県日光市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]